【初心者必見】格安SIMとは?なぜ安い?通信速度は?仕組みを解説

シェアする

リンクユニット(adsense)

もはや節約するのに定番の格安SIMですが、世の中には、SIMカード、SIMフリー、SIMロック…結局SIMって何?っていう人も多いのではないでしょうか?

そんなSIM全般について、よくわからない初心者の方は、ぜひ一通り目を通して理解してもらえば良いかと思います。

格安SIMを理解して毎月のスマホ代を節約しましょう!

SIMとは

Subscriber Identity Module(サブスクライバー・アイデンティティ・モジュール)の略で日本語にすると「加入者識別規格」となります。

また一般的にSIMと言われるのは「SIMカード」の事を指します。

最近話題の「格安SIM」って何?
格安SIMは、SIMカードを使った低価格なインターネット・通話サービスのことです。大手キャリア※1 と比べると価格が圧倒的に安いのが特徴です。
※1 キャリアとは、docomo、SoftBank、auなどを指します

SIMカードとは

通信サービスを提供する会社が発行する「契約者(加入者)情報を記録したICカード」で携帯電話機に差し込んで利用者の識別に使います。

↓こんなカード

このSIMカードは小さなICチップになっており、それぞれが固有の識別番号をもっています。
通信事業社と契約する際に付与される電話番号がこのSIMカードが持つ固有の番号と紐付けられる事により、通信が可能となります。

つまりデータ通信や音声通話などを行うために必要不可欠なICチップカードとなります。

SIMカードを抜いたらどうなるの?
電話を掛けることも受電することも、データ通信をすることもできなくなります。しかし、端末としては機能しているので無線LANに繋いだり、Bluetooth接続をしたり、カメラを使うことはできます。要は、電話やメール・データ通信以外のことはできます。

「SIMロック」と「SIMフリー」

SIMロックとは

購入した携帯端末と同じキャリアのSIMカードでないと利用ができないよう制限することです。

SIMフリーとは

先程のSIMロックとは反対に、購入した携帯端末と異なるキャリアのSIMカードであっても利用することができる状態のことです。

※つまり「SIMロック」「SIMフリー」とは「携帯端末」に対して使われる言葉となります。
例)iPhone
・キャリアショップで販売しているiPhone・・・「SIMロック版iPhone」
・Apple Store などで販売しているiPhone・・・「SIMフリー版iPhone」

MNO・MVNE・MVNOの違い

MNOとは

移動体通信業者:Mobile Network Operatorの略。
自社回線を持っていてサービスを提供している事業者(docomo、au、SoftBankなど)。

MVNEとは

仮想移動体サービス提供者:Mobile Virtual Network Enablerの略。
MNOの保有する回線の一部を購入したりレンタルして通信事業を行っているMVNO支援事業者(IIJ、OCNなど)。

主に次のような支援事業を行っています

  • MVNOの代理人としてMNOから通信網の卸売を受ける場合の交渉
  • MVNOの顧客管理・課金システムの構築・運用
  • スマホなどの端末機器の調達・配送
  • MVNOの法的な届け出などを含むコンサルティング業務

※自社でサービスを提供している場合はMVNEでありながらMVNOでもある。

MVNOとは

仮想移動体通信事業者:Mobile Virtual Network Operatorの略。
MNOが持っている通信網の一部を借りて通信サービスを提供している事業者のこと。
※自分自身ではネットワークインフラを持っていない場合はMVNEと契約をしてサービスの提供を行っています。

なぜ安くなるのか?

通信設備への投資・回収が必要ない
SIMのMVNO事業者は自社で通信設備を持っておらず、それらをキャリアからレンタルして通信サービスを展開しているため、基地局を整備や通信設備の増強やメンテナンスに対するコストがかかりません。

データ通信量を必要な量に絞っている
端末代やメールサービスを付加しないことでサービス内容をシンプルにしているため、低価格での提供が可能となっています。

自分に合ったプラン選びが大事!
月額費用を安くするためには、利用者が自分自身でスマホ料金の何にお金がかかっているのかを把握し、適切なプランを選択することが大切です。
その人の使用頻度や使用方法で大きくプランが異なり、且つ最適なプランニングをすることが安くする最大のポイントとなります。

通信速度は?

格安SIMの通信速度は、MVNOがキャリア(MVNE)からレンタルしている「帯域」の購入量で決まるため、MVNO各社でデータの通信速度に多少の違いはあります。

またそもそものレンタル元であるキャリアで速度が遅くなっている場合※1 、MVNOはレンタルをしている兼ね合いで影響を受けてしまい、間違いなく速度が遅くなってしまいます。
※1 この場合はキャリアが速い、MVNOは遅いという事はなく、すべて遅いという状態

上記より速度に違いが出てくる一番の理由は、そもそも、そのMVNOがレンタルしている帯域が少なかったり、そのレンタルしている帯域がパンパンになってしまうくらい利用者のアクセスが混み合っていたり、キャリア・MVNO関係なく電波の届きにくい場所だったということが考えられます。

今持っている端末でも格安SIMに変えれるの?

今持っている端末が何かによって大きく異なります。各キャリアのHPではSIMロック解除ができる端末一覧のページがありますので、そこを見て頂くのが一番わかり易いかと思います。

またMVNOがどこのキャリアの回線をレンタルしているかによって、使える格安SIM、使えない格安SIMが出てきてしまうのでここは要注意です。

これはキャリアごとに通信方式と利用周波数帯が違うために起こる問題となり、docomoとソフトバンクは音声通話にW-CDMA方式という同じ方式を採用しているため、この2社間では互換性があるのですが、auはCDMA2000というdocomo・ソフトバンクとは異なる方式を採用しているため互換性がありません。

基本的には現在のMVNOのほとんどがdocomoの回線をレンタルして格安SIMを販売しているため、docomoとソフトバンクが最近販売した端末であれば、ほぼ問題なくどこのMVNOを選択しても格安SIMが利用できるようになっています。

しかし、auの端末だった場合は、現在のMVNOですと「mineo」と「UQモバイル」、「IIJmio(みおふぉん)」、「Fiimo(フィーモ)」の4社のみとなりますので、このあたりはしっかりと自分がどの端末を使っているのか、どのMVNOであれば対応しているのかを確認する必要があります。

まとめ

格安SIMの理解に必要最低限の知識を、ざっと書いてみました。

格安SIMを有効的に使うと、確実に毎月の通信費を節約することができるので、とにかく節約したい方は乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

節約にかかせない話題の格安SIM。大手キャリアから乗り換えれば、余程のことがない限り月額料金は安くなります。 そんな格安SIMをMVN...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)