東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム宿泊記!風呂・眺望・クラシックとワンダーの違い

シェアする

コロナアラート

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダー

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートキャッスルルームに宿泊してきたので、部屋の雰囲気などを写真付きで解説します。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートは、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの中で一番最初(1986年7月20日)に開業したホテルです。

2019年9月30日までは「サンルートプラザ東京」という名称でしたが、2019年10月1日のリブランドに伴い現在のホテル名称に変更されました。

運営会社の株式会社東京ベイ舞浜ホテルは、「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」だけでなく「東京ベイ舞浜ホテル」も運営しています。ホテル名が酷似しており間違えやすいので注意してください。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートの特徴は、他の東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルと比較すると価格帯が安いということと、豊富なコンセプトルームです。

今回は、コンセプトルームの一つ「キャッスルルーム」に宿泊してきたので紹介します。

アクセス・最寄駅・駐車場

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートの住所・電話番号・駐車場・最寄駅の情報は以下の通りです。

ホテル名
東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート
住所
〒279-0031
千葉県浦安市舞浜1-6
電話番号
047-355-1111
駐車場
・通常料金:1時間につき400円
・宿泊者:1泊2,700円、2泊目以降1泊あたり1,100円
【宿泊者の駐車可能時間】到着日の12:00~出発日の12:00まで
・レストラン:3時間まで無料
・婚礼・宴会:6時間まで無料
※駐車料金はフロントにてクレジットカード決済可能
最寄駅
・JR舞浜駅よりディズニーリゾートクルーザー(無料シャトルバス)で5~10分
・ディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」より徒歩約10分
・ディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」より無料送迎バスで約3分
地図

客室の種類

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートの4階フロア

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートは、客室数が696室(ウエストサイド 305室・ANNEX 192室・サウスサイド 199室)あるホテルで、以下の3館構成になっています。

  • ウェストサイド
  • アネックス(ANNEX)
  • サウスサイド

各館の客室一覧は以下の通りです。

部屋タイプ広さ定員喫煙/禁煙
ウェストサイド
バリアフリールーム3階3名全室禁煙
キャッスルルーム3~6階26.6平米4名全室禁煙
エンプレスルーム3~6階33.0平米4名全室禁煙
シーフロントルーム7階26.6平米4名全室禁煙
コンフォートデラックス7階43.1平米6名全室禁煙
ブライズ&プリンセススイート7階95.5平米2名禁煙
フロンティアルーム7~8階26.6平米4名全室禁煙
マウンテンルーム ※土足厳禁7~8階33.0平米4名全室禁煙
アネックス
クルージングキャビン23~6階19.4平米2名全室禁煙
クルージングキャビン33~6階16.5平米3名全室禁煙
キャプテンズルーム7~8階16.5平米3名全室禁煙
キャプテンズルーム・オフィサー7~8階19.4平米3名全室禁煙
サウスサイド
トゥインクルルーム2~4階24.9平米2名全室禁煙
プレジャールーム2~7階27.5平米4名一部禁煙
プレジャールーム(テラス付き)3~8階27.5平米4名一部禁煙
エレガンスルーム5~8階49.8平米5名一部禁煙
プレジャールーム・プレミアム8階27.5平米4名全室禁煙

※禁煙ルーム希望の際はホテルへ直接問い合わせ。満室の場合は消臭対応

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートでは、基本的にWi-Fiは使えません。Wi-Fiを無料で使えるのは以下の2部屋のみです。

  • プレジャールーム・プレミアム
  • コンフォートデラックス

キャッスルルームの宿泊記

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートの4階のエレベータホール

キャッスルルームには、以下の2種類があり、それぞれ部屋のモチーフが決まっています。

  • キャッスルルーム・クラシック
    • お城の中のゲストルーム
  • キャッスルルーム・ワンダー
    • 一晩中お花に囲まれたお城の中のゲストルーム
    • 不思議な世界に迷い込んだお城の中のゲストルーム
キャッスルルーム・ワンダーの部屋のモチーフは選択できません。

今回、我が家が宿泊したのは4階のキャッスルルーム・ワンダーの「不思議な世界に迷い込んだお城の中のゲストルーム」です。

それでは、早速、キャッスルルーム・ワンダーの雰囲気や各種アメニティなどを写真付きで解説します。

客室アメニティ

キャッスルルーム・ワンダーの部屋のドア、チャイム、ドアノブは以下の写真の通りです。

部屋のドアチャイムとドアノブ
東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートの4階のドア東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのドアノブとチャイム

キャッスルルーム・ワンダーに入ると左側にバスルーム、右側にハンガーがあります。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの入口付近

スリッパは子供用が2足、大人用が2足用意されています。大人用のみ使い捨てでした。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのスリッパ

荷物置き場もあります。荷物置き場があると荷物を地面に置かなくて良いので助かります。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの荷物置き場

加湿も可能なパナソニックの空気清浄機(F-VX40H2)も設置されていました。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーにある空気清浄機

部屋は26.6平米と広くはないですが、家族3人で過ごすなら十分な広さです。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダー 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダー全体の雰囲気 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの雰囲気

ベッドは、ピッタリと寄せられるので子供の添い寝も安心です。また、ベッドのまくら上にはコンセントがあるので、スマホを充電しながら寝られるので便利です。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのベッド 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのベッド横のコンセント

窓際には、テーブルとソファーがあるので、景色を見ながら飲食できます。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのテーブルとソファ

テレビ下の引き出しには、キッズ用のパジャマ、コップ、煎茶、水、ポット、冷蔵庫が入っています。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのテレビ下の棚

一番上の引き出しには、キッズ用のパジャマ、ランドリーバッグが入っています。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの子供用のナイトウェア、宅配伝票、ランドリーバッグ

二番目の引き出しには、コップ、マグカップ、煎茶が入っています。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーにあるコップと煎茶

三番目の引き出しには、ミネラルウォーターとポットが入っています。ミネラルウォーターは「富士山大地の雪どけ水 天然バナジウム」です。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのミネラルウォーターとポット 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのミネラルウォーター

横開きの棚には、空の冷蔵庫が入っています。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの冷蔵庫

部屋に飾られていたオブジェ、絵、時計は「不思議な世界に迷い込んだお城の中」をモチーフにしたものでした。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーにある時計
東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーに飾られているオブジェ東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーに飾られている絵

ちなみに4階フロアにも「不思議な世界に迷い込んだお城の中」をモチーフにした様々なオブジェが飾られています。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートの4階に飾られているオブジェ(カップ)東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートの4階に飾られているオブジェ(本)

バスルーム(トイレ・風呂・洗面)

バスルームは、各々独立しているため使いやすく特に不便はありません。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのバスルーム(トイレ、風呂、洗面台)

タオル、バスタオル、ドライヤーなどは洗面台の下に収納されています。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの洗面所 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの洗面台の下に収納されているタオルやドライヤー

ドライヤーは、コイズミのホテル用ヘアドライヤー「Silky Love」です。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのドライヤー

基礎化粧品、カミソリ、シャワーキャップ、ヘアブラシ、ハブラシといった必要最低限のアメニティは揃っています。基礎化粧品のブランドは、POLAです。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのアメニティ 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの基礎化粧品

トイレはウォシュレット付きでタンクレスです。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのトイレ

お風呂は洗い場付きなので子連れでも安心して利用できます。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、POLAブランドです。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーの風呂 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのバスアメニティ

キャッスルルームからの眺望(景色・夜景)

キャッスルルーム(4階)からは、東京ディズニーランドホテルと東京ディズニーシーを中心に眺めることができます。目の前をディズニーリゾートラインが通過するので息子は飽きることなく景色を楽しんでいました。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーからの眺望 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーからの眺望(東京ディズニーランドホテル方面) 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーからの眺望(中庭、東京ディズニーシー方面) 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーからの眺望(東京ディズニーシー、東京ベイ舞浜ホテル方面)

夜になると東京ディズニーランドホテルのライトアップが圧倒的な存在感を放ちます。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーからの夜景(東京ディズニーランドホテル方面) 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーからの夜景(中庭、東京ディズニーシー方面)

残念な点:インターネット(Wi-Fi)が全室完備でない

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートは、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの中でも一番最初に開業したホテルで歴史もあるのですが、さすがに現代において部屋にWi-Fiを完備していないのは時代遅れと言わざるを得ません。

現代においてホテル宿泊者は無料でWi-Fiを利用できるのがもはや常識化しており、ホテルにPCなどを持ち込んで仕事をする人もいます(私もその一人です)。仕事だけでなくYouTubeなどの動画サービスを部屋で気軽に楽しむこともできません。

以下の2部屋のみWi-Fiが完備されているものの、もはやWi-Fi完備の部屋に特別感はありません。

  • プレジャールーム
  • プレミアムとコンフォートデラックス

部屋以外だと以下の周辺でWi-Fiを無料で利用できます。

  • ホテル1F(オールデイダイニング「カリフォルニア」、日本料理「浜風」を含む)
  • 2F宴会ロビーラウンジ、ホワイエ、全宴会場
  • 9Fスカイレストラン「カーニバル」、「サンセット」

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートの料金は、他の東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルと比較すると価格帯が安いのですが一部の部屋を除いてWi-Fiが完備されていないことに注意してください。

まとめ

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルーム・ワンダーのカードキー(ルームキー)

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾートのキャッスルルームは、宿泊する部屋によってモチーフや眺望が異なります。

今回我が家が宿泊したキャッスルルーム・ワンダーは、どちらかというとパークビューですが部屋によってはベイビューの場合もあります。ベイビューの場合であれば、視界の良い日には、富士山を望むことができます。

プリンセスが好きな人は、普通のスタンダードルームに宿泊するよりもキャッスルルームに宿泊する方が色々と楽しめるのでおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)