ディズニープラスを1年間使った感想・良い点・悪い点まとめ

コロナアラート

Disney+ (ディズニープラス)という、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスがあります。

ディズニープラスでは、以下の名作・話題作をいつでも、どこでも見放題で楽しめます。

  • ディズニー
  • ピクサー
  • マーベル
  • スター・ウォーズ
  • ナショナル ジオグラフィック
2021年10月27日からは、6つ目の新たなブランド「スター」も追加されます。

我が家は、ディズニープラスを1年以上利用していますが、本当におすすめできます。

この記事では、実際に利用した経験からメリット・デメリット・おすすめポイントを解説したいと思います。

月額770円(税込)ですべての作品が見放題

Disney+ (ディズニープラス) とは

ディズニープラスは、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの映画・動画を定額見放題で楽しめるサービスです。

入会すると「ディズニーDX」アプリも楽しめます。

ディズニープラスとディズニーデラックスの違いやディズニーDXについては以下の記事で詳細に解説しています。

Disney+ (ディズニープラス)とDisney DELUXE(ディズニーデラックス)というサービスがあります。どちらのサービスも...

ディズニープラスのキャッチフレーズは「ディズニーな毎日をプラスしよう。」です。

ディズニープラスの特徴は、以下の通りです。

運営元ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
月額料金770円(税込)
※毎月1日に1ヵ月分の課金。日割り計算なし
配信数非公開
画質最高画質
高画質
標準画質
音声英語・日本語(作品により異なる)
字幕英語・日本語・OFF(作品により異なる)
オリジナル作品あり
ダウンロード可能
対応デバイススマートフォン
タブレット
パソコン
スマートテレビ
セットトップボックス
同時視聴数4台
支払い方法ドコモ払い(携帯キャリア決済)
クレジットカード払い
月額770円(税込)ですべての作品が見放題

2021年10月27日以降は新ディズニープラスに進化

2021年10月27日以降は、新ブランド「スター」と新機能が追加された新ディズニープラスになります。

新ディズニープラスでは、現行のディズニープラスよりも料金的には高くなりますが、料金以上に価値のあるリニューアルといえます。

  • 旧ディズニープラス:月額770円(税込)
  • 新ディズニープラス:月額990円(税込)※Apple App Storeのみ1,000円(税込)

スターとは

新ブランド「スター」は、ディズニー・テレビジョン・スタジオや20世紀スタジオなど、ディズニーが誇るトップスタジオが製作した映画やドラマを楽しめます。

海外ドラマに強いスターが追加されることで以下のような人気海外ドラマやスター・オリジナルドラマも配信開始となります。

  • ウォーキング・デッド
  • 24-TWENTY FOUR-
  • プリズン・ブレイク
  • glee/グリー

ウォーキング・デッドに関しては、2021年10月27日(水)より日本最速独占配信が決定しており、最新シーズンまで見放題で楽しめるのは、ディズニープラスのスターのみになります。

海外ドラマに強いスターですが「ノマドランド」「タイタニック」「デッドプール」といった大ヒット映画の配信も開始されます。

新機能

新ディズニープラスでは、以下の新機能が追加されます。

  • 画質/音質
    • 4K UHDや5.1チャンネル及びドルビーアトモスに対応(対応機器、対象作品のみ)
  • GroupWatch
    • 最大7人がオンラインで一緒に再生できる機能(会員のみ招待可能)。「いいね」「面白い」などの絵文字を画面上に表示できる
  • プロフィール設定
    • 1つのDisney+アカウントで最大7つまでプロフィール登録可能に
  • ペアレンタルコントロール
    • 指定のプロフィールをキッズプロフィールとし、特定の作品の視聴制限を設定できる
  • 対応デバイスの追加
    • PlayStation®5/PlayStation®4
    • Xbox(Xbox One, Xbox Series X/S)

ディズニープラスの良い点(メリット)

ここからは、実際にディズニープラスを使って良かった点を紹介します。

ディズニープラスのおすすめポイント!

  • 配信作品すべてが見放題
  • プレミア アクセスで上映中の映画を視聴可能
  • ディズニープラスオリジナル作品が豊富
  • 音声&字幕機能が英語学習に最適
  • ダウンロードすればオフラインでも楽しめる

それぞれ個別に解説します。

配信作品すべてが見放題

ディズニープラスでは、月額料金を支払えば配信作品すべてが見放題です。

定額動画配信サービスなので、一見すると当たり前のように思うかもしれませんが他社のVODサービスでは無料作品と有料作品が混在している場合がほとんどです。

一方のディズニープラスでは、配信作品すべてが見放題なので操作もシンプルです。見たい作品を選んで再生ボタンを押すだけです。

ただし、後述するプレミア アクセスは有料です。

プレミア アクセスで上映中の映画を視聴可能

ディズニープラスには、プレミア アクセスという上映中の最新ディズニー映画を視聴できる有料サービスがあります。

  • プレミア アクセス料金:3,278円(税込)

3,278円(税込)ですべてのプレミア アクセス対象作品を視聴できるわけではありません。作品ごとに個別の支払い手続きが必要です。

  • 2作品視聴:6,556円(税込)
  • 3作品視聴:9,834円(税込)

一度購入すれば、ディズニープラス会員中は、何度でも視聴できます(ダウンロードも可)。

ディズニープラスを退会すると視聴できなくなりますが、同じディズニーアカウントで再入会すれば再び視聴できます。

プレミア アクセスは他のVODサービスの別途料金が必要な有料作品とは異なります。

  • 他のVODサービス:上映が終了した作品
  • プレミア アクセス:上映中の作品

過去に配信されたプレミア アクセス対象作品には以下のようなものがあります。

対象作品プレミア アクセス
開始
見放題開始
実写版 ムーラン ※12020年9月4日2020年12月4日
ラーヤと龍の王国2021年3月5日2021年6月4日
クルエラ 2021年5月28日2021年8月27日
ブラック・ウィドウ2021年7月9日2021年10月6日
ジャングル・クルーズ2021年7月30日2021年11月12日

※1:劇場公開中止作品(配信のみ)
 
プレミア アクセス料金は、1人で視聴するには割高ですが、複数人で視聴するのであれば映画館で鑑賞するよりも割安になります。

映画館だと大人1名1,800円(当日券)と仮定すると人数増加による料金は以下の通りです。

人数映画館プレミア アクセス
1名1,800円3,278円(税込)
2名3,600円
3名5,400円
4名7,200円
5名9,000円
6名10,800円
月額770円(税込)ですべての作品が見放題

ディズニープラスオリジナル作品が豊富

ディズニープラスには、ここでしか見れないオリジナル作品が豊富にあります。

以下のような作品があります。

トイ・ストーリー
  • ボー・ピープはどこに?
  • フォーキーのコレって何?:お金って何?
  • フォーキーのコレって何?:コンピューターって何?
  • フォーキーのコレって何?:チーズって何?
  • フォーキーのコレって何?:ペットって何?
  • フォーキーのコレって何?:リーダーって何?
  • フォーキーのコレって何?:友達って何?
  • フォーキーのコレって何?:愛って何?
  • フォーキーのコレって何?:時間って何?
  • フォーキーのコレって何?:芸術って何?
  • フォーキーのコレって何?:読むって何?
アナと雪の女王
  • イントゥ・ジ・アンノウン~メイキング・オブ・アナと雪の女王2
  • オラフの生まれた日
  • アレンデール城のクリスマスの薪
ファインディング・ドリー
  • ドリーとサンゴ礁の世界
モンスターズ・インク
  • モンスターズ・ワーク
ドキュメンタリー
  • ピクサーの舞台裏
  • ディズニーの舞台裏
  • イマジニアリング~夢を形にする人々
  • ディズニーパークの裏側 ~進化し続けるアトラクション~

上記の作品はほんの一例です。

オリジナル作品は、常時追加されています。入会しなくても作品の一覧は見れるのでぜひ、一度確認してみてください。

音声&字幕機能が英語学習に最適

Disney+ (ディズニープラス)の字幕設定

ディズニープラスでは、音声と字幕の言語を選択できます(一部選択できない作品あり)。

子供がいる家庭では、ディズニー英語システム(DWE)の入会を一度は考えたことがあると思います。ただ、DWEは教材の料金が高すぎて一般的な家庭では、中々購入できないのが正直なところかと思います。

ディズニープラスなら毎月リーズナブルな料金でディズニー動画が見放題なので英語学習にも役立ちます。

我が家では、子供の英語学習の一環として音声言語「英語」で見せています。

ダウンロードすればオフラインでも楽しめる

ダウンロード機能とは、あらかじめ作品データを「Android」または「iOS」の端末に一時的にダウンロードしておくことで、オフライン状態でも動画を使用できる機能です(一部作品は除く)。

作品のダウンロードに回数制限はありません。

WEB(PCブラウザ)、Android TV、Amazon Fire TV、Apple TV、ドコモテレビターミナルには対応していません。

我が家では、子供用にあらかじめ動画をダウンロードしておいて外出先や遠出する際の車内で動画を楽しんでいます。

ダウンロードしなくてもストリーミング再生することも可能ですが、通信料金が高額になる可能性が極めて高いのでおすすめできません。

ダウンロード機能は、以下の2つの画質から選択できます。

  • 高画質 (通信量の目安: 0.9~1.8 GB / 1時間)
  • 標準画質 (通信量の目安: 0.6 GB / 1時間)

おすすめは高画質です。

ストリーミング再生では「最高画質」を選択できますが、ダウンロード機能では「高画質」までしかダウンロードできません。

ダウンロードしたコンテンツは、30日以上オフライン状態が続くと利用できなくなりますが、再度オンラインでログインし、アプリを起動しなおせば、再度ダウンロード済みコンテンツが有効になります。

ディズニープラスの悪い点(デメリット)

我が家でのディズニープラスの評価は非常に高くデメリットとと呼べる点はありません。

他の有名なVODサービスと比較すると「バラエティ」や「スポーツ」といったジャンルの取扱いはありませんが、ディズニーに特化した動画を取り扱っているということ前提で入会しているはずなので、デメリットというのは少し違う気はします。

あと気になる点があるとすれば、ディズニープラスを利用するにはdアカウントが必要というところですかね。私はドコモユーザーなので何も思いませんでしたが、dアカウントを持っていない人は作成する必要があります。

dアカウントはドコモユーザー以外でも作成できます。

入会時にはディズニープラス会員特典として7種類のデザインから好きな「限定デザインdポイントカード」を1枚選択できます。

ディズニープラス会員特典「限定デザインdポイントカード」 ディズニープラス会員特典「限定デザインdポイントカード」

まとめ

我が家でのディズニープラスの評判は非常に高く、これといったデメリットもないので今後も利用し続けると思います。

他社のVODサービスでも、ディズニー系の動画を扱っているところはありますが高確率で別料金が必要です。しかも、ほとんどがレンタルなので一定期間経過すると視聴できなくなります。

ディズニープラスなら、月額料金だけで配信作品(オリジナル作品含む)がすべて見放題です。

トイ・ストーリー、アラジン、モンスターズ・インク、ズートピア、ベイマックス、美女と野獣、シンデレラ、白雪姫、ふしぎの国のアリス、塔の上のラプンツェル、アナと雪の女王、ピノキオ、ピーター・パン、くまのプーさん、ライオンキングなどの名作をいつでもどこもで何度でも無料で楽しめます。

月額770円(税込)ですべての作品が見放題
関連コンテンツ

フォローする