ファミリーマートでお得なファミマTカードのメリット・デメリット

シェアする

リンクユニット(adsense)

「あなたと、コンビに」の、ファミリーマートは通称「ファミマ」と呼ばています。このファミマのTカードが「ファミマTカード」です。(…そのままです)

ファミマTカードは「クレジット機能付き」と「クレジット機能なし」、「Visaデビット付キャッシュカード」の3種類があります。

ここで紹介するのは、クレジット機能付きのファミマTカードになります。

それでは、さっそくファミマTカード(クレジット機能付き)の特徴・メリット・デメリットを解説していきます。

ファミマTカードの基本情報

カード名  ファミマTカード
カードデザイン
発行会社 ポケットカード株式会社
年会費 無料
入会条件 18歳以上(高校生を除く)
家族カード なし
ETCカード
無料
国際ブランド JCB
電子マネー iD、Apple Pay
ポイント Tポイント
ポイント付与率 0.5%
※200円(税込)につき1ポイント
ポイント有効期限 最終利用日より1年間
締め日/支払日 毎月月末 / 翌々月の1日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
JCB海外お買い物保険 年間最高50万円
盗難保険

ファミマTカードの特徴

年会費

ファミマTカードは、カード年会費・ETCカード年会費が永年無料になっています。

年会費無料というメリットがある一方、旅行傷害保険が付帯していません。旅行に頻繁に行く人からすれば、旅行傷害保険が付帯していないのは、不安に感じるかと思います。

特に海外旅行に行く場合は、旅行傷害保険が付帯されたカードをもう一枚持つか、別途、旅行傷害保険に加入することをおすすめします。

nanacoにチャージ

ファミマTカードは、nanacoにチャージすることができます。チャージするとTポイントが0.5%貯まります。さらに、チャージしたnanacoで買い物すれば、nanacoのポイントも貯ままります(ポイント二重取り)。

電子マネーにチャージできる最大のメリットは、通常では貯めることができないポイントを貯めることができるということです。特に「nanaco」は、このメリットを最大限生かすことができます。

「nanaco」を使えば、セブンイレブンで税金や光熱費などの公共料金が払えます。通常であれば、公共料金などの支払いには、nanacoポイントは付与されません。しかし、間接的にクレジットカードからチャージして支払うことにより、ポイントを貯めることができます。

切手やハガキ、QUOカードの購入

一般的には切手やハガキなどの商品は、ポイント付与対象外のことが多いのですが、ファミマTカードならTポイントが貯まります。

以下のような商品でポイントが貯まります(一例)

ポイント付与対象商品・サービス ショッピング
ポイント※1
クレジット
ポイント※2
ヤマト宅急便、宅急便コンパクト
タバコ ×
切手、ハガキ(お年玉付き官製はがき含む)、印紙 ×
代行収納(携帯電話料金・電気代・ガス代等) ×
金券 ×
プリペイドカード(QUOカード等)類 ×
商品券 ×
チケット類(イープラス、チケットぴあ、JTB等) ×

※1 ショッピングポイントは、カードの提示だけで付与されるポイントのことです。
※2 クレジットポイントは、クレジット払いで付与されるポイントのことです。

<ファミマTカードで還元率をアップする裏技>

裏技という程でもないですが、ファミマTカードを使って、QUOカードを購入するだけです。

実はQUOカードは、10,000円分購入で10,180円分使えます。(還元率1.8%)

上記のQUOカードの還元率に加えて、ファミマTカードの還元率0.5%を合わせると実質還元率は、2.3%になります。10,000円につき、230円の還元です。

TSUTAYAのレンタル会員証

ファミマTカードでは、TSUTAYAの会員証としても利用できます。TSUTAYAを利用している人からすると、カードを1枚に統合できるので財布がスッキリします。

通常であれば、TSUTAYAを利用するには、入会金と年会費(更新料)が必要です。しかし、ファミマTカードであれば、これらの料金が全て無料になりますす。

入会金については、ファミマTカードが届くときに入会金が無料になるクーポンが同封されています。そのクーポンを使えば無料になります。

年会費については、ずっと無料なので面倒な更新手続きを行う必要もありません。

頻繁にTSUTAYAを利用する人であれば、TSUTAYAのレンタル会員証としてファミマTカードを発行しても良いかもしれません。

ポケットモール

ファミマTカードには、お得にポイントを貯めることができるポケットモールというサービスがあります。ポケットモールを経由するだけで、1,000円につき最大90ポイントのTポイント貯まります。

利用方法も簡単です。ポケットモールを経由して、クレジット決済するだけです。

以下のようなサイトがあります(一例です)。

ジャンル ショップ名 1,000円につき
加算されるTポイント
ショッピングモール  Amazon 通常ポイントのみ
Yahoo!ショッピング +12ポイント
楽天市場 +6ポイント
総合通販       ベルメゾンネット +6ポイント
おうちでイオン イオンショップ +12ポイント
ダイエーネットショッピング +12ポイント
小田急オンラインショッピング +12ポイント
JALショッピング +18ポイント
高島屋オンラインストア +18ポイント
セシールオンラインショップ +12ポイント
ファッション adidas ONLINE SHOP +18ポイント
イオンバイクオンラインショップ +18ポイント
スポーツオーソリティオンラインショップ +18ポイント
アメリカンイーグル オンラインストア +18ポイント
アカチャンホンポ +6ポイント
CROCODILE オンラインショップ +36ポイント
ZOZOTOWN(ゾゾタウン) +6ポイント
たまひよSHOP +12ポイント
d fashion +12ポイント
家電・パソコン Apple公式サイト +6ポイント
カメラのキタムラ ネットショップ +12ポイント
Microsoft Store +24ポイント
nojima online +6ポイント
ビックカメラ.com +6ポイント
キヤノンオンラインショップ +12ポイント
ケーズデンキオンラインショップ +6ポイント
旅行     Relux(リラックス) +12ポイント
HIS +6ポイント
ホテル・旅館の宿泊予約【一休.com】 +6ポイント
楽天トラベル +6ポイント
日本旅行 +12ポイント

ほとんどの場合、いずれかのサイトがキャンペーンで倍率アップしているため、運が良ければ上記の還元率より、さらにお得になります。

Web明細

Web明細に登録すれば、請求明細書の郵送が停止されます。Web明細に登録後は、請求のあった月にTポイントが10ポイントもらえます。年間で120ポイントになります。

Tポイントの付与以外にもペーパーレスでCO2削減などのメリットがあります。Web明細は便利でお得なサービスなので、ぜひ活用しましょう。

ファミリーマートでお得

ファミマTカードと名がついてる以上、ファミマでの特典も満載です。

主に以下のような特典があります。

  • ファミランク
  • Tポイントプラス
  • レディースデー
  • カードの日(毎週火曜・土曜)
  • 若者応援クレジットポイント
  • 今お得

ファミランク

ファミマTカードには、ファミランクというランクアップサービスがあります。

ファミリーマートでの1ヶ月間の買い物金額に応じて、翌月のショッピングポイントがさらにお得に貯まるサービスです。

ランクとしてはブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階あります。

ランクアップの条件は以下の通り。

ランク 当月お買い物金額合計
(対象期間:当月1日~月末)
翌月ポイントレート
(対象期間:翌月5日~翌々月4日)
ブロンズ

~4,999円まで

200円(税込)につき1ポイント

シルバー

5,000円~14,999円まで

200円(税込)につき2ポイント

ゴールド

15,000円以上~

200円(税込)につき3ポイント

ゴールドランクであれば、200円につき3ポイント貯まるので、還元率は1.5%です。これにクレジットポイントの還元率0.5%を加えると還元率は2%になります。

注意点としては、買い物金額として認められるのは、ショッピングポイントが付与される商品のみです。そのため、クレジットポイントしか付与されない切手やハガキ、QUOカード、タバコなどをいくら買ってもランクアップはしません。

ショッピングポイントが付与される具体的な商品は次の通り。

  • 食品、お酒
  • 日用品、雑誌、本、新聞、CD、ゲーム、DVD
  • ヤマト宅急便、宅急便コンパクト
  • カタログ&ギフト(三越ギフト、お酒ギフト、お中元、お歳暮、クリスマスカタログ等)

使い方次第だと思いますが、ファミリーマート(コンビニ全体)は、スーパーなどに比べると商品の価格が全体的に高めなので、ランクアップだけに気を取られていると最終的には損をする可能性があるので注意してください。

毎日ファミマで昼食を購入しているのであれば、1食あたり500円として計算すると、20日勤務で「500円 × 20日 = 10,000円」になります。これで、シルバーランクです。

Tポイントプラス

このサービスは、対象商品を購入するとキャンペーンポイントがプラスでもらえます。対象商品は、一定の期間で変わります。(Tポイントプラスは、ファミマTカードに限らずTカードであればサービスをうけれます)

対象商品は、ファミリーマート店頭でポップが表示されてるのですぐわかります。

ファミリーマートの公式ページからもTポイントプラスの対象商品を確認できます。

レディースデー

毎週水曜日は、レディースデーです。(女性会員だけの特典です。)

女性会員であれば、毎週水曜日はショッピングポイント2倍になります。

注意点としては、ポイント2倍の対象はショッピングポイントのみということです。そのため、クレジットポイントしか付与されない切手やハガキ、QUOカード、タバコなどの購入は、ポイント2倍の対象外です。

カードの日(毎週火曜・土曜)

毎週火曜・土曜は、カードの日になっています。カードの日は、なんとTポイントが5倍貯まります。

カードの日は、ファミマTカード会員向けに実施されるイベントの中では、ポイント還元率が一番高いので積極的に利用しましょう。クレジットカード払いで、200円につき5ポイントなので還元率は、なんと2.5%です。

若者応援クレジットポイント

25歳以下の方がファミリーマートで、ファミマTカードでクレジット払いすると、クレジットポイントが2倍貯まります。

他のポイントアップ特典対象は、ショッピングポイントでしたが、「若者応援ポイント」の場合は、クレジットポイントが2倍になります。

そのため、食品やお酒はもちろん、切手やハガキ、QUOカードの購入でもポイントが2倍になります。

今お得

ファミリーマートに行くと、「今お得」と書かれた値札が貼られている商品があります。

読んで字のごとく、今お得な商品という意味です。この「今お得」商品を購入する際に、ファミマTカードを出すと、さらにお得なファミマTカード会員特別価格にて購入することができます。

ファミリーマートの公式ページからも「今お得」対象商品を確認できます。

ポケットカードトラベルセンター

国内・海外旅行パッケージツアーをポケットカードトラベルセンターから申込んで、ファミマTカードのクレジット1回払いで支払えば、ツアー基本旅行代金が最大8%割引になります。同行者も同じ割引率が適用されます。

海外パッケージツアー

割引率 海外パッケージツアー
8%割引 クラブメソッド
レインボーツアー(国際開発)
5%割引 JALパック ※JAコード商品
ANAハローツアー
マッハ(日本旅行)
プレイガイドツアー
ハッピーツアー(西鉄旅行)
パノラマ(名鉄観光サービス)
ガルーダ・オリエントホリデーズ
ロイヤルオーキッドホリデイズ(エーアンドエー)
クロノスインターナショナル
3%割引 ベスト(日本旅行)
JALパック ※JZコード商品
エヌオーイ
東武トップツアーズ
ワールドパック(ツアーウェーブ)
朝日サンツアーズ

その他の優待 海外パッケージツアー

ルックJTB、JTBお買得旅、ロイヤルロード銀座(海外)、ホリデイ、グローバルユースビューロー、阪急交通社(海外)、阪神航空、JTBクルーズプレミア、JTBクルーズバリュー、JTBクルーズ(海外)、エヌオーイー、ユナイテッドホリデイ

国内パッケージツアー

割引率 国内パッケージツアー
8%割引 クラブメソッド
5%割引 JALパック 
ANAスカイホリデー
スカイツアーズ
ビッグホリデー
島時間(南西楽園ツーリスト)
オリオンツアー
ライフツアー
スカイパックツアーズ
3%割引      赤い風船(日本旅行)
朝日旅行
小田急トラベル
トップツアー
郵船クルーズ(クルーズ)
商船三井客船(クルーズ)
日本クルーズ客船(クルーズ)

その他の優待 国内パッケージツアー

エースJTB、JTBクルーズ(国内)、JTBサン&サン、メイト、びゅう

JCB海外お買い物保険

ファミマTカードには、JCB海外お買い物保険が付帯しています。1万円の自己負担金が必要ですが、ファミマTカードで決済した商品であれば、年間50万円まで補償してくれます。

海外のJCB加盟店にて、クレジット決済した商品のみ補償の対象になります。補償期間は、購入日から90日間です。補償対象は、偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)に限ります。

盗難保険

紛失・盗難によりクレジットカードが不正使用されても、届け日から60日前にさかのぼり、クレジットで不正利用された金額をポケットカード(株)が全額負担してくれます。

60日前という期間制限があるので、紛失したり盗難された場合は、すぐに「紛失盗難デスク」に連絡することが大事です。

ETCカード

年会費が無料のクレジットカードの場合、ほとんどのETCカードは、年会費がかかります(無料であっても条件付き)。ファミマTカードのETCカードは、発行料・年会費ともに無料です。

ETCカードの利用でも通常のクレジットカード払いと同じように、200円(税込)ごとに Tポイントが1ポイント貯まります。還元率は0.5%です。

ファミマTカードiD

ファミマTカードでは、ファミマTカードiDを利用できます。ファミマTカードiDは、NTTドコモのケータイクレジット「iD」が利用できるサービスです。「iD」は「マークのある加盟店」の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけで支払いが完了する簡単で便利な決済サービスです。

「iD」は、ポストペイ(後払い)方式の電子マネーです。他にも有名なポストペイ方式の電子マネーとしてJCBの「QUICPay(クイックペイ)」があります。ポストペイ方式の便利なところは、事前チャージ不要で利用できることです。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯めることができます。

ファミマTカードiDを利用するには、iDアプリにアクセスコードを登録する必要があります。アクセスコードは、会員専用ネットサービスから申し込むことができます。

アクセスコードが発行されたら、iDアプリに登録します。iDアプリに正しく登録されると、すぐに利用できます。

Apple Pay

ファミマTカードでは、Apple Payを利用できます。Apple Payとは、対象のiPhone、Apple Watchに、ファミマTカードを設定することで、安心・安全・スピーディーに支払いができるサービスです。

Apple Payは、事前チャージ不要で利用できます。「マークのある加盟店」で、レジの担当者にiDで支払うことを伝えて、Touch IDに指を載せたまま対象のiPhoneをリーダーにかざすだけで簡単に決済できます。事前のチャージも不要です。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯めることができます。

Apple Payを利用するには、「Wallet」アプリを起動して手順に従ってカードを追加するだけです。

ファミマTカードのデメリット

通常ポイント還元率が0.5%と普通

ポイント還元率が、0.5%と一般的です。決して低すぎるということではないのですが、同じ年会費無料のカードと比較しても、楽天カードYahoo!JAPANカードであればポイント還元率1.0%、リクルートカードなら、ポイント還元率1.2%なので、少し見劣りしてしまいます。

旅行傷害保険が付帯していない

年会費無料なので国内の旅行傷害保険が付帯していないのは仕方ありませんが、せめて海外旅行傷害保険は付帯していてほしいところです。(国内旅行傷害保険は、年会費無料のカードには、なかなか付帯していません。ゴールドカード以上には、当たり前のように付帯されています)

年会費無料であっても海外旅行傷害保険が付帯しているカードはそこそこ多いです。海外ではちょっとした怪我や病気であっても想像のはるか上の金額が請求される場合があります。

まとめ

ファミマTカードは、通常ポイント還元率が0.5%と低めですが、毎週火曜・土曜のカードの日にファミリーマートで利用すれば、2.5%以上のポイントが還元されます。

女性会員であれば水曜日に利用して1.0%のポイントが還元されます。

25歳以下であれば、いつでもクレジット払いで1.0%のポイントが還元されます。

ファミリーマートでの利用で圧倒的な力を発揮するファミマTカードですが、ファミランクがゴールドになればさらにお得になります。

そして忘れてはいけないメリットとして、切手やハガキ、代行収納(携帯電話料金・電気代・ガス代等)をクレジット払いできる大変貴重なカードでもあるということです。しかもTポイントまで貯まります。それで年会費が無料なので持っていても損のないカードです。

ファミリーマートのヘビーユーザーには必須の1枚です。

公式サイト  ファミマTカード

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)