楽天スーパーSALEのお得な活用方法・攻略方法・ポイント倍率の仕組み・買いまわり・注意点まとめ

シェアする

リンクユニット(adsense)

楽天スーパーSALEは、定期的に開催されている超絶お得なスーパーセールです。開催月は3月、6月、9月、12月の年4回です。私自身あまり楽天を利用しませんが、楽天スーパーSALE開催期間中は一気に必要なものをまとめ買いします。

そもそも楽天スーパーSALEって何がお得なの?ポイント最大39倍って?といった基本的なことから、効率的にポイントを貯める方法などお得な活用方法を解説します。

楽天スーパーSALEの特徴

通常価格よりお得に購入できる

SALE期間中は、一部の店舗を除いた大半の店舗で値下げが実施されるので、お得に購入できます。

限定タイムSALEで販売される目玉商品がお得

車・家電・ブランド物・食料・飲料など幅広いジャンルの商品が特別価格で販売されます。販売が開始されると、瞬時に売り切れてしまうため、購入するのは至難の業ですが、購入できれば最強にお得な激安特価で商品をGETできます。

クーポンが大放出される

SALE期間中は、幅広く使えるクーポンから店舗固有のクーポンなど多くのクーポンが配布されます。クーポンは配布数や利用数が限られているので、少しでも使う可能性があれば先に取得しておくことをおすすめします。利用するだけでお得な価格で購入できます。

商品のポイント倍率がアップ

倍率は商品よって違います。SALE期間中であれば、倍率が増加傾向にあります。倍率がアップした商品を購入すればポイントがザクザク貯まります。

上記の例を参考にするとポイント倍率が2倍と10倍とそれぞれ違います。このパターンでは倍率を考慮しても上の価格の方が安く購入できますが、場合によっては実質価格が逆転する場合があります。

価格 倍率 付与ポイント 実質価格
9,790円 2倍 195ポイント 9,595円
11,340円 10倍 1,134ポイント 10,206円

買いまわりでポイント最大10倍

買いまわりは、1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率になります。最大10倍まで倍率がアップします。

買いまわりショップ数 ポイント倍率
1ショップ 1倍
2ショップ 2倍
3ショップ 3倍
4ショップ 4倍
5ショップ 5倍
6ショップ 6倍
7ショップ 7倍
8ショップ 8倍
9ショップ 9倍
10ショップ 10倍
11ショップ 10倍
12ショップ 10倍

10ショップを超えて買いまわりしても倍率は最大10倍です。

買いまわりのカウント対象になるサービスは以下の通りです。楽天トラベルは対象外なので注意してください。

買いまわりのルール

購入順にかかわらず、キャンペーン期間中の買いまわり対象条件を満たすすべての購入商品が、最大10倍まで倍率がアップします。

ショップ買いまわりによる上限ポイントは、10,000ポイントです。ポイントアップ商品でのポイント獲得やSPUもしくは他のキャンペーンの特典ポイントは、別で計算されます。

最大倍率の10倍の内訳が通常ポイント1倍+買いまわりボーナス9倍なので、9倍を基準に上限ポイントが計算されます。その結果、およそ11万円以下であれば問題なくポイントが付与されます。

カウント条件

  1. 1ショップでの合計購入金額が1,000円以上(税込)の購入が対象
  2. 楽天スーパーポイントでのお支払いもOK
  3. 同一ショップでの2回以上の購入は、1ショップとしてカウントします

税込み価格が対象なのは地味にうれしいポイントです。例えば以下のKEYUCA(ケユカ)のベランダサンダルの場合、税抜価格は950円ですが、税込価格は1,026円になるので買いまわり対象になります。

注意点

次の場合は、買いまわり対象外になるので注意が必要です。場合によってはクーポンを利用しない方がお得にポイントが貯まる場合があります。

  1. クーポン値引き後の購入金額が999円(税込)以下
  2. 送料・ラッピング料を抜いた購入金額が999円(税込)以下
  3. 金券類(商品券や切手・はがき・食事券)など換金性の高い商品・返礼品

楽天スーパーSALEのお得な活用方法・攻略方法

楽天スーパーSALEで一番お得なのは、目玉商品を購入できた時です。特に車やブランド品は新品で購入する場合、割引価格で購入するのは困難です。ただし、数量限定の目玉商品をGETするのは至難の技なので、あまり期待しない方が賢明です。

攻略方法は、セール期間中にお得な商品を探して10ショップ買いまわることです。これ以上でもこれ以下でもありません。しかし、これだけだと、有益な情報でもなんでもないので実際に私が実践しているお得な活用方法を紹介します。

楽天スーパーSALEでは結局のところ、どれだけ効率よく買いまわって、どれだけ効率よくポイントを貯められるのかが重要です。

しかし、買いまわることに必死で必要ないものまで購入すると本末転倒です。また、ポイント還元を考慮しても一般的な市場価格よりも高ければ損なので冷静に買い物することを心がけましょう。

楽天ふるさと納税を利用する

ぜひ活用したいのが「ふるさと納税」です。楽天には「楽天ふるさと納税」があります。ふるさと納税自体は、メディアやニュースで数多く取り上げられているので、知らない人は少ないと思います。

簡単に言えば、自己負担金2,000円で、寄附した自治体から返礼品がもらえる制度です。楽天ふるさと納税は、楽天スーパーポイントも貯まります。さらに楽天市場の「通常購入」扱いとなるため、買いまわりの対象です。

自己負担金2,000円での控除上限金額は、所得によって違います。

ここでは寄附する金額を4万円と仮定し、5つの自治体に分けて寄附した場合を考えてみます。

  1. A自治体に10,000円
  2. B自治体に10,000円
  3. C自治体に10,000円
  4. D自治体に5,000円
  5. E自治体に5,000円

これで5ショップ買いまわり達成です。つまりポイント倍率は5倍になります。還元率5%です。取得できる楽天スーパーポイントは、2,000円相当(40,000円 × 5%)です。

自己負担金2,000円分を完全にペイできます。少し乱暴な言い方をすれば、返礼品をタダ取りできます。

各種ポイントアップキャンペーンを最大限に活用する

ふるさと納税を利用した買いまわりでも十分お得なのですが、さらにお得に利用したいと思います。楽天スーパーセールでは、ポイント最大39倍となっています。

<ポイント最大39倍の内訳>

通常ポイント 1倍
ショップ買いまわりキャンペーン 最大9倍
各ショップ個別設定のポイントアップ 最大19倍
スーパーポイントアッププログラム 最大10倍
合計 最大39倍

SPU(スーパーポイントアッププログラム)

楽天市場SPUの利用でいつでもポイント最大13倍

SPU(スーパーポイントアッププログラム)は、楽天市場での買い物が、いつでも・だれでも・どれでもポイントが最大14倍になるポイントアッププログラムです。

SPUの詳細については以下の記事で解説しています。

楽天市場には、SPUがあります。 SPU(エス ピー ユー)は、Super Point Up program(スーパーポイントアッププ...

お得なSPU(スーパーポイントアッププログラム)は、楽天ふるさと納税にも適用されます。先程のふるさと納税の例にSPUのポイントを加算してみます。(私の例です)

<ポイント倍率(私の例)>

通常ポイント 1倍
ショップ買いまわりキャンペーン
(A~Eの5つの自治体を買いまわり)
+4倍
スーパーポイントアッププログラム
(楽天カード + 楽天市場アプリを利用)
+3倍
合計 8倍

私の場合は、ふるさと納税した40,000円に対して還元される楽天スーパーポイントは、なんと3,200円相当(40,000円 × 8%)です。

自己負担金2,000円分を完全にペイできる上、利益まで発生しました。お得すぎて利用しない手はありません。

SPUの条件をすべて満たしている人であれば通常ポイントと買いまわりキャンペーンのポイントを合わせて17倍になります。楽天スーパーポイントが6,800円相当(40,000円 × 17%)還元される計算になります。

【終了】ポン!カン!!キャンペーン

「ポン!カン!!キャンペーン」は、2018年02月28日(水)23:59 をもって終了致しました。

楽天カード会員限定でポンカンキャンペーンというのがあります。毎月1日~末日までの楽天サービスの利用数で倍率が増加するキャンペーンです。毎月エントリーしないと倍率アップが適用されないのが、ちょっとしたデメリットです。毎回エントリー不要にしてくれたらいいのに…と思っています。

ポンカンキャンペーンの対象は次の6サービスです。

  1. 楽天市場
  2. ケータイ版楽天市場(楽天市場アプリ)
  3. 楽天ブックス
  4. 楽天トラベル
  5. 楽天GORA(ゴルフ)
  6. 楽天kobo

3サービスの利用で2倍、4サービスの利用で3倍、5サービス以上の利用で4倍が適用されます。現時点では、楽天ふるさと納税しか利用していないので「楽天市場」と「ケータイ版楽天市場(楽天市場アプリ)」の2サービスしか利用していない扱いです。

これでは、残念ながら倍率が適用されません。しかし、無理してポンカンキャンペーンの倍率アップを目指す必要はありません。この時点でも十分お得に楽天スーパーSALEを活用できたといえます。

しかし、ここまできたら、楽天ブックスと楽天koboを利用したいところです。この2サービスは、買いまわり対象であり、ポンカンキャンペーンの対象サービスです。

つまり、この2サービスを上手に利用すれば、買いまわりを2ショップ増やすことができ、ポンカンキャンペーンも4サービス達成することができます。

買いまわりとポンカンキャンペーンでは、カウント対象金額が違うので注意が必要です。

<カウント対象の条件>

キャンペーンの名称 カウント対象
買いまわり 1ショップでの合計購入金額が1,000円以上(税込)の購入
ポンカンキャンペーン 100円以上(税込)の購入が対象

ひとまず、楽天ブックスと楽天koboのそれぞれで、合計購入金額が1,000円以上(税込)の買物をすれば、倍率は最低14倍になります。厳密には、楽天ブックスと楽天koboの個別設定のポイントアップ(+α)が適用されるので14倍+αになります。

<ポイント倍率>

通常ポイント 1倍
ショップ買いまわりキャンペーン
(A~Eの5つの自治体+楽天ブックス+楽天kobo)
+6倍
スーパーポイントアッププログラム
(楽天カード + 楽天市場アプリを利用)
+3倍
ポンカンキャンペーン
(楽天市場+楽天市場アプリ+楽天ブックス+楽天kobo)
+3倍
各ショップ個別設定のポイントアップ
(楽天ブックス+楽天kobo)
+α
合計 14倍+α

ちなみに買いまわりの対象ではありませんが、旅行に行く場合は「楽天トラベル」を利用すればポンカンキャンペーンの最大倍率4倍が適用されるので、もっとも理想的なパターンになります。楽天スーパーSALE期間中は、楽天トラベルもお得です。

楽天トラベルでなくても楽天GORA(ゴルフ)を利用してもポンカンキャンペーンの最大倍率4倍が適用されます。

お得な商品を購入する

今の時点でも超お得ですが、どうせなら買いまわりを達成したいという人は、スーパーSALEサーチを利用してお得な商品を購入しましょう。

スーパーSALEサーチとは、楽天スーパーSALEの期間中に設置される、 該当期間中のみ有効なサーチです。簡単に半額以下アイテムや割引アイテムを探せます。

以下はスーパーSALEサーチで検索した結果です。

検索結果の上に3つのタブが表示されます。黄色のタブが「半額以下アイテム」、赤色のタブが「スーパーSALE割引アイテム」、白色のタブが「全商品」です。

これでお得な商品を見つけて3ショップで購入すれば買いまわり達成です。ポイント10倍達成です。お疲れ様です。

番外編!さらにお得に

ゲームでお得に

楽天スーパーSALE開始前や期間中にちょっとしたゲームが開催されます。これらのゲームではクーポン券が配布されたり、ポイントが当たったりします。

特に取得したいのが「ポイント+〇倍」系のクーポンです。SALE期間中はずっと適用されるので、すごくお得です。

以下の特典の中だと、ステージ3の「ポイント+1倍」クーポンをGETできたら万々歳です。

併用できる倍率アップチャンスでお得に

SPU(スーパーポイントアッププログラム)や買いまわりの倍率以外にも、不定期でポイント倍率アップキャンペーンが開催される場合があります。不定期で出現するので予想するのは難しいですが、常にエントリーが必要なキャンペーンをチェックしておけば、エントリーのし忘れは防げるはずです!

 一方で楽天イーグルスかヴィセル神戸が勝った翌日はポイント2倍、W勝利でポイント3倍といった予想可能な倍率アップキャンペーンもあります。特に急ぎでなければ、当日の試合結果を確認してから購入を決断しても良いと思います。

さらに買いまわってお得に

買いまわりを達成したと思っても、最後の11個目の10倍のスタンプが押されない!?

実は買いまわりには続きがあります。

すべての楽天スーパーSALEで「シークレットプレゼント」があるのかどうかは確認していませんが、買いまわりは最大で20ショップまで続く場合があるということです。

ただし、10ショップを超える買いまわりは、倍率が増えるわけではないので無理に達成する必要はありません。

まとめ

楽天スーパーSALEは、上手に使えば最高にお得なセールです。特に「ふるさと納税」との相性は抜群です。ぜひ活用して、楽天スーパーポイント・自治体からの返礼品をタダ取りしてください。

ちなみに私は、毎年のように返礼品は「無洗米」です。発送月を変えて定期的に届くようにしています。あとは、肉類やカニがメインです。最近は、お酒を選択する場合もあります。

ぜひ、節約のためにも楽天スーパーSALEを上手に利用しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)