セブンカード・プラスの年会費・メリット・デメリット・nanacoオートチャージを徹底解説

シェアする

リンクユニット(adsense)

セブンカード・プラスは、イトーヨーカドーを中心にセブン&アイホールディングス系列のお店で買い物するとお得になるクレジットカードです。nanacoポイントもザクザク貯まります。

イトーヨーカドーでよく買い物をする人は年間数万円は節約できます。ちなみにセブンカード・プラスが登場する前はセブンカードという名称のカードがありました。

セブンカードは、現在も利用できますが新規募集は終了しました。徐々にセブンカード・プラスに移行されていくと思います。基本的なカード機能は、セブンカード・プラスと同じです。そのため、このページではセブンカードについては解説していません。

ここでは、セブンカード・プラスの特徴やメリット・デメリットを解説します。

セブンカード・プラスの基本情報

カード名 セブンカード・プラス
カードデザイン
発行会社 株式会社セブン・カードサービス
年会費 初年度無料
次年度以降:500円(税込)
※前年度の支払合計金額が5万円以上の場合は無料
入会条件 18歳以上(高校生不可)
家族カード 初年度無料
次年度以降:1名ごとに200円(税込)
ETCカード 無料
国際ブランド Visa / JCB
ポイント nanacoポイント
ポイント付与率 0.5%
200円(税込)ごとに1nanacoポイント
ポイント有効期限 1年間のポイント加算期間を含む最大2年間
電子マネー nanaco、Apple Pay
nanaco 一体型・紐付型
nanacoポイント付与率 1.0%
100円(税抜)ごとに1nanacoポイント
nanacoポイント有効期限 1年間のポイント加算期間を含む最大2年間
締め日/支払日 毎月15日 / 翌月10日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
ショッピングガード保険
(海外)
年間限度額100万円
クレジットカード盗難保障

セブンカード・プラスの特徴

nanaco一体型とnanaco紐付型

セブンカード・プラスには、nanaco一体型とnanaco紐付型の2種類があります。カードを申し込むときにはどちらかを選択しなければなりません。

nanaco一体型

nanaco一体型は、クレジットカードと電子マネーnanacoが1枚になったクレジットカードです。nanacoポイントはセブンカード・プラスに搭載のnanacoにたまります。

カードを複数枚持ちたくない人に、おすすめです。ただし一体型のnanacoにはQUICPay機能がないため、QUICPayを利用する場合は、別途nanacoカードを持つ必要があります。

nanaco紐付型

nanaco紐付型は、電子マネーnanacoが搭載されていないクレジットカードです。手持ちのnanacoカードまたはnanacoモバイルと紐づける必要があります。nanacoポイントは手持ちのnanacoカードまたはnanacoモバイルにたまります。

お気に入りのカードデザインのnanacoカードを使いたい場合やnanacoモバイルを使いたい人におすすめです。 

ICチップ搭載で安全性が格段に向上

2017年6月27日より発行するJCBブランドのクレジットカード(有効期限更新による発行含む)にICチップが搭載されるようになりました。ICチップの搭載により、これまで以上に安心・安全にカードを利用できます。

ICカードは、IC(Integrated Circuit=集積回路)チップが埋め込まれたカードです。高度な暗号化技術によりセキュリティ機能が強化されており、偽造が困難なうえ、不正利用も未然に防止ししてくれます。

ICカード対応端末機設置加盟店では、ショッピングの際に必要だったサインが不要になり、暗証番号を入力することで本人確認ができます。さらに安全に、さらにスムーズにカードを利用できます。

毎月8のつく日はイトーヨーカドーで5%OFF

毎月の8のつく日(8日、18日、28日)は「ハッピーデー」です。全国のイトーヨーカドーで、食料品・衣料品・住まいの品がセブンカード・プラスの利用ほとんど全品5%割引になります。ネットスーパーは、5%割引の対象外です。

割引対象外
ゲーム本体、ゲームソフト、インポートバッグ、インポート財布、専門店(テナント)、カウンセリング化粧品、DHC、ワコール・トリンプ・ウイングの商品、郵便はがき、CD、書籍、ビール類(ビール・発泡酒・第3のビール)、一部の銘店、自販機、映画観賞券、タバコ、商品券、ギフト券、酒ギフト、予約商品、名入れ印刷、催事、学生服、携帯電話、POSAカード、セブンカフェ、他一部商品

ハッピーデーに5%割引をうけるには、以下の支払い方法で決済する必要があります。

  • セブンカード・プラス、セブンカードの現金決済・クレジット決済
  • 電子マネー「nanaco」で全額決済
  • クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンのクレジット決済
株式会社セブンCSカードサービスが発行しているカードに、クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンがあります。発行会社の株式会社セブンCSカ...

毎月8日に10,000円、18日に10,000円、28日に10,000円を利用したと仮定すれば、5%OFFで毎月1,500円の節約になります。年間だと18,000円は節約できる計算になります。

対象店でポイントが2~3倍たまる

セブンカード・プラスの通常のポイント還元率は0.5%です。200円(税込)ごとに1 nanacoポイント貯まります。

ただし以下のセブン&アイグループの対象店では、セブンカード・プラスでクレジット払いすると200円(税込)ごとに3nanacoポイント貯まります。還元率は1.5%です。通常より3倍ポイントが貯まります。

  1. セブン‐イレブン
  2. セブン‐イレブンの食事お届けサービス「セブンミール」オムニ7の商品のセブン-イレブン店頭受け取り
  3. イトーヨーカドー
  4. ヨークマート
  5. デニーズ

以下の対象店では、セブンカード・プラスでクレジット払いすると200円(税込)ごとに2nanacoポイント貯まります。還元率は1.0%です。通常より2倍ポイントが貯まります。

  1. セブン‐イレブンの食事お届けサービス「セブンミール」のお届け
  2. セブンネットショッピング
  3. 西武・そごう
  4. アリオ

nanacoボーナスポイント

期間中、セブン‐イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマートで対象商品を購入すると、通常ポイントに加え、ボーナスポイントが加算されます。

nanacoボーナスポイントは、対象商品の全額を電子マネーnanaco、nanacoカードのQUICPay、またはセブンカード・プラスのクレジット払いで支払った場合のみ加算されます。

ボーナスポイントの対象商品は以下の写真の通りポップがあるのですぐわかります。

累計ボーナスポイント

対象店でセブンカード・プラスを利用(クレジット払い・カード提示による現金払い)するとポイント対象金額(税抜)が累計されていきます。累計された金額が100万円以上になると累計ボーナスポイントがたまります。

対象店は、イトーヨーカドーとヨークマートのみです(イトーヨーカドーのネットスーパーは除く)。累計期間は、当年4月から翌年3月末まで1年間です。

累計ポイント対象金額(税抜)が100万円以上で3,000 nanacoポイントが加算されます。150万円の場合は、さらにお得な10,000 nanacoポイント、それ以降は、100万円ごとに10,000 nanacoポイントが加算されます。

累計できるのがイトーヨーカドーとヨークマートだけなので、ハードルは正直言って高いです。100万円達成するだけでも、イトーヨーカドーとヨークマートだけで毎月84,000円前後利用する必要があります。

nanacoへのチャージでポイントがたまる

セブンカード・プラスで、電子マネーnanacoへチャージをするとポイントがたまります。nanacoへのクレジットチャージは、1回につき5,000円以上1,000円単位で29,000円まで可能です。上限額は50,000円です。

チャージすると200円(税込)ごとに 1 nanacoポイント貯まります。さらにチャージしたnanacoで支払うと100円(税抜)ごとに 1 nanacoポイント貯まります。合計すると200円ごとに 3 nanacoポイントが貯まることになります。還元率は約1.5%です。

一見お得に見えるnanacoへのチャージですが、セブン‐イレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズで利用する場合は、ポイントを2重取りできたとしてもクレジット決済の方が還元率が高いため、クレジット決済する方がお得です。nanacoでの支払いは、都度ポイントが貯まるので端数が切り捨てられます。

例えば、合計1,000円の会計を500円(税込)ずつ2回の決済に分割してnanacoで支払った場合、 5 nanacoポイント貯まりそうですが実際には、4 nanacoポイントしか貯まりません。一方のクレジット決済だと、ポイントは、1か月分の利用金額の合計に対して付与されるため、無駄なくポイントがたまります。この例の場合だと、しっかり 5 nanacoポイント貯まります。

ただし例外として、定期的にセブン‐イレブンで開催されている「5個買うと1個もらえる」キャンペーン(期間によって対象商品が違います)の期間中は、圧倒的にnanacoで支払った方がお得です。こういったキャンペーン期間は、積極的にポイントの2重取りが可能なクレジットチャージを利用しましょう。

オートチャージ

「オートチャージ」とは、セブン‐イレブンまたはイトーヨーカドーのレジで買い物の際に、支払い後の残高が設定金額未満の場合に自動的にクレジットカードからチャージ(入金)するサービスです。

nanacoにオートチャージ可能なクレジットカードは、セブンカード・プラスとセブンカードだけです。オートチャージされるたびに、利用内容がメールで届くので安心です。

オートチャージする条件や金額は希望の金額を設定できます。

オートチャージを
実行するnanaco残高
1,000円~10,000円 (1,000円単位)、15,000円、20,000円
オートチャージ金額 5,000円~10,000円 (1,000円単位)、15,000円~30,000円 (5,000円単位)

ぴゅあウォーター水が無料

イトーヨーカードーには、ぴゅあウォーター水の機械が設置されています(一部の店舗では設置されていません)。ぴゅあウォーター水は、逆浸透膜ろ過システムを使った不純物を除去したRO水です。つまり純水です。

セブンカード・プラス/セブンカード/アイワイカードのいずれかのカード会員であれば、ぴゅあウォーター水会員に申し込めます。申込み時に300円(店舗によって異なります)の専用ボトル代を支払えば1日1回専用ボトル1本分(3.8リットル)の「ぴゅあウォーター水」を無料で持ち帰れます。

夫婦でカードを持てば、1日に7.6リットル分の「ぴゅあウォータ水」を無料で持ち帰れてさらにお得です。いつもの飲料水を無料のぴゅあウォーター水に変更するだけで、大きな節約になります。

セブン旅デスク

国内・海外旅行パッケージツアーをセブン旅デスクに電話で申込んで、セブンカード、セブンカード・プラスのクレジット1回払いで支払えば、ツアー基本旅行代金が最大5%割引になります。さらにポイントも加算されます。(200円につき1ポイント)

国内パッケージツアー

5%OFF:ANAスカイホリデー・JALパック・赤い風船(日本旅行)
3%OFF:南西楽園ツーリスト・クラブメッド・ビッグホリデー

海外パッケージツアー

5%OFF:ANAハローツアー・JALパック(商品コード「JA」から始まる商品)
3%OFF:JALパック(商品コード「JZ」から始まる商品)・Best(日本旅行)・クラブメッド

その他パッケージツアー

JTB(LOOK JTB 海外/エースJTB 国内)
近畿日本ツーリスト(ホリデイ 海外/メイト 国内)
クラブツーリズム(クラブツーリズム 海外・国内)
JR東日本(びゅう 国内)
阪急交通社(トラピックス 海外/阪神航空フレンドツアー 海外)

ANAセールス旅行商品の購入でポイント3倍


ANAセールス旅行商品(ANAスカイホリデー・ANAハローツアー)を所定の方法で申込み、セブンカード、セブンカード・プラスのクレジット払いで支払うと、通常200円につき1ポイントのところ、200円につき3ポイントがたまります。

ANAセールス直営窓口からの申込みのみポイント3倍の対象です。それ以外からの申込みはポイント3倍の対象外です。また、ANA航空券のみの購入も対象外になります。

カラオケ館の室料30%OFF

カラオケ館各店で、セブンカード、セブンカード・プラスを提示して、クレジットで支払うと室料が30%割引になります。フリータイム・飲み放題・パーティーコースは対象外です。

ショッピングガード保険(海外)

セブンカード・プラス/セブンカードで海外にてクレジット決済により購入した商品が、偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)の被害にあった場合に、購入日から90日以内であれば年間100万円まで補償してくれます。ただし、1事故につき1万円の自己負担金が必要です。

保険金の受取りにはセブンカード・プラス/セブンカードで購入した時の「クレジットカード売上票」が必要です。

セブンカード・プラス/セブンカードのショッピングガード保険は、国内での利用は補償対象外になっていますが、「支払い名人」に登録すれば国内も補償対象になります。

「支払い名人」については、以下の記事で詳細に解説しています。

JCBには、「支払い名人」という支払い方法があります。 支払い名人に登録すれば、国内・海外問わず、ショッピング1回払い利用分が自動的に...

クレジットカード盗難保障

紛失・盗難によりクレジットカードが不正使用されても、株式会社セブン・カードサービスがカード紛失の届け出を受理した日を含めて60日前にさかのぼり、その後に発生した損害額について全額補填してくれます。

60日前という期間制限があるので、紛失したり盗難された場合は、すぐに株式会社セブン・カードサービスに連絡することが大事です。

紛失・盗難された場合は、所定のカード再発行手数料がかかります。

ブランド 対象カード 再発行手数料
(税抜)
JCB セブンカード・プラス(nanaco一体型・nanaco紐付型) 1,000円
セブンカード・プラス(ゴールド)(nanaco一体型・nanaco紐付型)
セブンカード、セブンカード(ゴールド)
家族カード
Visa セブンカード・プラス、セブンカード・プラス(ゴールド)(nanaco一体型) 800円
セブンカード・プラス、セブンカード・プラス(ゴールド)(nanaco紐付型) 500円  
セブンカード、セブンカード(ゴールド)
家族カード
ETCスルーカード 500円

ETCカード

年会費が無料のクレジットカードの場合、ほとんどのETCカードは、年会費がかかります(無料であっても条件付き)。セブンカード・プラス/セブンカードのETCカードは、発行料・年会費ともに無料です。

ETCカードの利用でも通常のクレジットカード払いと同じように、200円(税込)ごとに「1 nanaco ポイント」が貯まります。還元率は0.5%です。

Apple Pay

セブンカード・プラスでは、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、対象のiPhone、Apple Watchに、対応するクレジットカードを設定することで、安心・安全・スピーディーに支払いができるサービスです。

Apple Payは、事前チャージ不要で利用できます。「または マークのある加盟店」で、レジの担当者に「QUICPay(クイックペイ)」で支払うことを伝えて、Touch IDに指を載せたまま(Face IDを利用する場合は、Face ID認証後)対象のiPhoneをリーダーにかざすだけで簡単に決済できます。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯められます。

Apple Payを利用するには、「Wallet」アプリを起動して手順に従ってカードを追加するだけです。

セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラス(ゴールド)は一般募集は行っておらず、発行条件についても公表されていません。

公式ホームページでも

特にご愛顧いただいております会員様へ、日頃の感謝の意を込めてお送りさせていただいているカードです。

と記載されてるだけです。

セブンカード・プラス(ゴールド)の特典は、現時点では2つだけです。

  1. ショッピングガード保険(国内)が無料で付帯する
  2. 年会費が永年無料になる

補足すると、通常のセブンカード・プラスに、付帯しているショッピングガード保険は、国内の買い物は対象外になっています。セブンカード・プラス(ゴールド)になると、国内の買い物も補償対象になるショッピングガード保険が無料で付帯します。

補償内容は、国内でセブンカード・プラス(ゴールド)で購入した品物が、破損や盗難などにあった場合、購入日より90日間、年間100万円まで、その損害を限度額の範囲内で補償してくれます。ただし、1事故につき5,000円の自己負担金がかかります。

上記の特典に加えて年会費が永年無料になります。通常であれば、カードを1度も利用しなかった場合は、本会員500円、家族会員200円が必要ですが、セブンカード・プラス(ゴールド)であれば、無条件に年会費が無料になります。

セブンカード・プラスのデメリット

年会費が発生する場合がある

次年度以降は、年会費が500円(税込)かかります。ただし前年度の本会員と家族会員のクレジットショッピング支払合計金額が5万円以上であれば無料になります。

ポイント還元率が0.5%

ポイント還元率が0.5%と一般的です。

還元率という点だけでいえば、以下のような年会費無料でポイント還元率が1.0%以上のカードと比較すると少し見劣りしてしまいます。

カード ポイント還元率
リクルートカード 1.2%
楽天カード 1.0%
Yahoo!JAPANカード 1.0%
dカード 1.0%
オリコカード ザ ポイント 1.0%

旅行傷害保険が付帯していない

年会費が実質無料なので国内の旅行傷害保険が付帯していないのは仕方ありませんが、せめて海外旅行傷害保険は付帯していてほしいところです。(国内旅行傷害保険は、年会費無料のカードには、なかなか付帯していません。ゴールドカード以上には、当たり前のように付帯されています)

年会費無料であっても海外旅行傷害保険が付帯しているカードはそこそこ多いです。海外ではちょっとした怪我や病気であっても想像のはるか上の金額が請求される場合があります。

まとめ

セブンカード・プラスは、nanacoポイントが最強に貯まるクレジットカードです。イトーヨーカドーやセブン‐イレブンを頻繁に利用される方は、ぜひ発行を検討してみてください。

公式サイト セブンカード・プラス

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)