楽天PINKカードとは?楽天カードとの違いやメリットを解説

シェアする

楽天PINKカードをご存知でしょうか。位置づけとしては、女性向けの楽天カードです。女性の方におすすめできるカードなので、ぜひメリットを知っていただきたいと思います。

実際に楽天カードと楽天PINKカードを比較した上で、楽天PINKカードのメリットについて解説します。

楽天PINKカードとは

楽天カードの公式サイトには、楽天PINKカードについて次のように説明されています。

楽天カードの魅力はそのまま!女性にうれしいカスタマイズサービス付き♪

う~ん。これだけではよくわかりませんね。

この文面だと、通常の楽天カードにプラスして「カスタマイズサービス」が付帯されたカードだということ。そして女性向けということです。

さっそく、楽天カードと楽天PINKカードを比較してみましょう。

楽天カードと楽天PINKカードの比較

<楽天カードと楽天PINKカードの比較表>

  楽天カード 楽天PINKカード
発行会社 楽天カード株式会社
年会費 永年無料
利用可能額 最高100万円
入会条件 18歳以上(高校生不可)
家族カード 無料
ETCカード

540円(税込み)
楽天PointClubの会員ランクがプラチナ会員以上は無料
国際ブランド Visa / Master Card / JCB
ポイント 楽天スーパーポイント
ポイント付与率 通常 1%
ポイント付与率
楽天市場での利用
3%
楽天Edy機能 希望者には無料で付帯(Edy500円分チャージ付
家族カードにもEdy150円分※ プレゼント
※同時申し込み&Edy機能付帯の場合のみ対象
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
盗難保険
商品未着あんしん制度
ネット不正安心制度
カード利用お知らせメール
楽天グループ優待サービス × 〇(有料)
ライフスタイル応援サービス × 〇(有料)
楽天PINKサポート × 〇(有料)
選べるデザイン
お買い物パンダデザイン
※Mastercard限定

楽天PINKカード限定カスタマイズサービスとは

楽天PINKカードには、3つサービスを有料で付帯できるカスタマイズサービスがあります。

3つのサービスは、次の通りです。

  • 楽天グループ優待サービス
  • ライフスタイル応援サービス
  • 女性のための保険「楽天PINKサポート」

これらのサービスの詳細について確認していきましょう。

楽天グループ優待サービス

月額324円(税込み)で、複数の楽天グループサービスをお得に利用できます。

月額料金は、初回申込みから最大2か月無料です。

<主な優待サービス一覧>

上記の割引は、一定の条件の場合でしか使えないものもあるので注意してください。

例)
楽天市場で500円OFFクーポンを使えるのは
→ 1注文の購入金額が5,000円(税込み)以上の場合

国内宿泊予約で1,000円OFFクーポンを使えるのは
→ 15,000円(税込み)以上の宿泊料金の場合

楽天ブックスで100OFFクーポンを使えるのは
→ 2,160円(税込み)以上の注文の場合

ライフスタイル応援サービス

月額324円(税込み)で、飲食店や映画チケット、習い事や介護・育児サービス等、110,000以上の多彩なジャンルの割引・優待特典を利用できます。

月額料金は、初回申込みから最大2か月無料です。

<主な優待サービス一覧>

サービス提供会社は、「株式会社ベネフィット・ワン」です。ベネフィット・ワンは、企業へ福利厚生を提供している会社です。そのため、当サービスは、個人で福利厚生を利用できるサービスと思って間違いないでしょう。

女性のための保険「楽天PINKサポート」

私は3つのカスタマイズサービスの中で一番魅力に感じたのが、「楽天PINKサポート」です。

楽天PINKサポートでは、4種類の補償プランが用意されています。その特徴は、なんといっても料金の安さです。手頃でお得な値段なので気軽に保険に加入することができます。

安さの秘密は、保険契約者である楽天カード株式会社が、三井住友海上火災保険株式会社を引受保険会社として締結する団体契約を結んでいるからです。

<4種類の補償プラン>

女性特定疾病補償プラン

  • 女性特有の疾病で入院した場合、入院1日につき3,000円(日帰り入院も対象)
  • 手術を受けた場合、入院中の場合は30,000円、入院中以外の場合でも15,000円
  • 放射線治療を受けた場合、一回の放射線治療につき30,000円

上記の補償プランに、以下の保険料で入れます。

年令帯 保険料
18~19歳 30円
20~24歳 140円
25~29歳 280円
30~34歳 350円
35~39歳 320円
40~44歳 280円
45~49歳 350円
50~54歳 430円
55~59歳 550円
60~64歳 670円
65~69歳 870円

ケガの補償プラン

  • ケガで入院した場合、入院1日につき3,000円(日帰り入院も対象)
  • 手術を受けた場合、入院中の場合は30,000円、入院中以外の場合でも15,000円
  • 第三者による加害行為やひき逃げによるケガの場合は、傷害保険金を2倍。入院1日につき6,000円、手術を受けた場合は、入院中なら60,000円、入院中以外なら30,000円。(日帰り入院も対象)

上記の補償プランに、告知診査不要で月払保険料一律240円で入れます。

携行品損害補償プラン

  • 偶然の事故によって損害を受けた携行品を50万円を限度に実費補償
  • 偶然の事故による死亡・後遺障害の場合には、10万円を限度に保険金を受けとれる

上記の補償プランに、告知診査不要で月払保険料一律330円で入れます。

個人賠償責任事故補償プラン

  • 日常生活での法律上の損害賠償責任の額等を、1億円を限度に補償
  • 傷害により死亡、または後遺障害を負った場合には100万円を限度に保険金を受けとれる(本人のみ)
  • 示談交渉サービスあり(国内のみ)
  • 契約者本人のほか、その家族も被保険者となる

上記の補償プランに、告知診査不要で月払保険料一律220円で入れます。

女性向けだけど、女性限定ではない?男性も加入できる?

楽天クレジットカードにある、よくある質問に回答がありました。

Q.楽天PINKカードは男性でも申込できますか?
A.男性のお客様でも楽天PINKカードにお申込いただけますが、カードの色はピンクのみとなっております。
カスタマイズサービスにおいて楽天グループ優待サービス、ライフスタイル応援サービスは男性のお客様でもお申込いただけますが、女性のための保険サービスについては一部お申込いただけないプランがございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

男性でも加入できるみたいですね。保険サービスの一部は、申込めないようですが、それ以外のサービスであれば申込みできるそうです。カードの色はピンクになってしまいますが…

まとめ

女性の場合は、楽天カードよりも楽天PINKカードがおすすめです。ピンクのカードに抵抗がなければ、男性にもおすすめです。

楽天PINKカードのメリットをまとめると次の通りです。

<楽天PINKカード限定のメリット>

  1. 3つのサービスから好きなサービスを付帯することができる

<上記に加えて、楽天カードのメリット>

楽天カードマンでおなじみの楽天カードですが、知名度だけでなくユーザーの満足度の高いクレジットカードになっています。 JCSI(日本顧客...

楽天スーパーポイントを効率的に貯めたい方は、ぜひ一度検討してみてください!

公式サイト 楽天カード

楽天ゴールドカードが気になる方はこちらの記事が参考になります。

さっそくですが、楽天カードと楽天ゴールドカードのどちらがお得だと思いますか? 楽天ゴールドカードは、楽天カードの上位にあたるカードなの...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)