楽天プレミアムカードの特典・メリット・デメリットまとめ【2019年】

シェアする

リンクユニット(adsense)

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードといえば、年会費が10,800円(税込み)のカードです。通常の楽天カードは年会費無料なので、楽天プレミアムカードとの価格差は、およそ10,000円になります。

この価格差が本当に妥当なのかどうかを検証していきます。

楽天プレミアムカードの基本情報

カード名 楽天プレミアムカード
カードデザイン 楽天プレミアムカード
発行会社 楽天カード株式会社
年会費 10,800円(税込)
利用可能額 最高300万円
入会条件 20歳以上の安定収入がある方
家族カード 540円(税込)
ETCカード 無料
国際ブランド Visa / Mastercard / JCB / American Express
電子マネー 楽天Edy、Apple Pay
締め日/支払日 毎月末日 / 翌月27日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
ポイント 楽天スーパーポイント
ポイント有効期限 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間
ポイント付与率 1.0%
※100円(税込)ごとに1ポイント
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
動産総合保険 最高300万円

楽天プレミアムカードを選ぶ理由

楽天プレミアムカードを持つべき主なメリットは以下の通りです。

  1. プライオリティ・パスが無料
  2. 選べるサービス
  3. お誕生月サービス
  4. 楽天プレミアムが1年間無料
  5. 楽天市場での買い物がいつでもポイント5倍
  6. 国内・ハワイ・韓国の空港ラウンジが無料

5と6については、楽天ゴールドカードでも同様の特典を提供しているので、ここでは説明を省きます。

楽天カードの上位にあたるカードに楽天ゴールドカードがあります。 楽天カードのサービスは、当然すべて付帯されいるため、ここでは楽天ゴール...

実際に楽天プレミアムカードだけの特典としては、1~4のみとなります。

さっそく、特典内容を見ていきましょう。

プライオリティ・パスが無料

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスは、プライオリティ・パス社が提供する世界約130の国や地域、約500の都市で約1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。

プライオリティ・パス自体は、特定のクレジットカードなどを持っていなくても年会費さえ支払えば誰でも発行できます。ただし公式ホームページからプライオリティパスを申し込むと年会費の高さに圧倒されます。

プライオリティ・パスの会員プラン一覧

プライオリティ・プランの会員プラン

プラン 年会費 内容(利用料金) 同伴者の利用料金
スタンダード 99ドル 利用するたびに32ドル必要 32ドル
スタンダード・プラス 299ドル 10回まで無料で利用可能
10回を超えると利用するたびに32ドル必要
プレステージ 429ドル 無制限に利用可能

最低のスタンダードプランでも99ドルです。ただし、キャンペーンを定期的に実施しているので、実際にはもう少し安く入会できる可能性があります。キャンペーン情報ならびにプライオリティ・パスの詳細については以下の公式サイトから確認してください。

年会費は為替の影響で多少前後します。以下に70~150円の範囲(5円単位)で年会費を日本円表記にしてみましたので参考にしてください。

米ドル/円 プラン
スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
150円 14,850円 44,850円 64,350円
145円 14,355円 43,355円 62,205円
140円 13,860円 41,860円 60,060円
135円 13,365円 40,365円 57,915円
130円 12,870円 38,870円 55,770円
125円 12,375円 37,375円 53,625円
120円 11,880円 35,880円 51,480円
115円 11,385円 34,385円 49,335円
110円 10,890円 32,890円 47,190円
105円 10,395円 31,395円 45,045円
100円 9,900円 29,900円 42,900円
95円 9,405円 28,405円 40,755円
90円 8,910円 26,910円 38,610円
85円 8,415円 25,415円 36,465円
80円 7,920円 23,920円 34,320円
75円 7,425円 22,425円 32,175円
70円 6,930円 20,930円 30,030円

楽天プレミアムカードを保有している人の半数以上が、プライオリティ・パス目当てで入会されたのではないでしょうか。

楽天プレミアムカードでは、このプライオリティ・パスの会員プラン「プレステージ」が無料で利用できます。プライオリティ・パス対象のラウンジを1度でも利用すれば、実質年会費無料と考えても良いと思います。

海外に頻繁に行く人は、このプライオリティ・パスだけのために、楽天プレミアムカードを保有する価値が十分にあります。

注意点として、プライオリティ・パスは、本会員のみ対象です。そのため、家族カードを作ったとしても、家族会員にはプライオリティ・パスの特典はありません。

本会員と一緒にラウンジを利用する場合は、同伴者料金として1人1回につき3,000円(税別)が別途必要です。

選べるサービスがある

楽天プレミアムカードが届いたら、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」から「選べるサービス」に申込めます。

コース選択期間は、入会月の翌月末日21時59分までです。この期間中に、コースを選択しなかった場合は、自動的に「楽天市場コース」に登録されます。

一度コースを選択すると、6ヶ月間はコースの変更ができないので注意してください。

以下の3種類からコースを選択します

  1. 楽天市場コース
  2. トラベルコース
  3. エンタメコース

それぞれの特徴を簡単に説明します。

楽天市場コース

楽天市場で楽天プレミアムカードを使って決済するとポイントが1%加算されます。

ポイント加算対象日

  • 毎週火曜日・木曜日のプレミアムカードデー
  • 特別指定キャンペーン

トラベルコース

以下の3つのサービスが無料で受けられます

  • 楽天トラベル《オンラインカード決済》ポイント+1%加算
  • 国内宿泊ご優待サービス
  • 手荷物宅配サービス

楽天トラベル《オンラインカード決済》ポイント+1%加算

楽天トラベルでオンラインカード決済すると、ポイントが1%加算されます。


国内宿泊ご優待サービス

国内で宿泊する場合、優待価格で宿泊することができます。予約は、インターネットからではなく楽天プレミアム会員限定の専用デスクが案内してくれます。

手荷物宅配サービス

初回トラベルコース登録年月を起点に、年間2回まで手荷物宅配サービスを無料で利用できます。年間2回ですが、片道で1回とカウントされるため往復すると2回になります。

サービス対象の空港は、成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港の4空港になります。

エンタメコース

「楽天SHOWTIME」と「楽天ブックス」で楽天プレミアムカードを使って決済するとポイントが1%加算されます。

お誕生月サービスがある

誕生月に楽天市場、楽天ブックスで楽天プレミアムカードを利用すれば、ポイントが1%加算されます。

楽天プレミアムが1年間無料で利用できる

楽天プレミアムは、楽天グループのお得な特別会員プログラムのことです。利用するには、年会費が3,900円(税込)必要です。

この楽天プレミアムが、楽天プレミアムカード保有者は1年間無料になります。あくまで、初年度の1年間だけで、2年目以降は有料になります。自動更新ではないため、勝手に課金されることはありません。

楽天プレミアムのサービスは以下の3つです。

  • 楽天市場の送料分相当をポイントで還元
  • 楽天グループ優待
  • 限定クーポン

楽天市場の送料分相当をポイントで還元

楽天プレミアム会員は、楽天市場の送料分相当をポイントで還元してもらえます。楽天プレミアム会員で一番恩恵をうけられる特典といえます。

まずは、以下のポイントバック特典の画像を見てください。

<ポイントバック特典>

こんな感じでポイントが還元されます。

ポイント還元が適用されるのは、以下の条件を満たした場合です。

  • 楽天市場の対象店舗で購入すること
  • 対象商品を2,000円以上(税込み、ラッピング手数料などは除く) 購入すること

<ポイントバック特典の制限>

  • ポイントバック特典の上限は、毎月10回まで

<送料別・送料込のポイント還元方法>

  • 送料別の場合、送料分相当額を楽天スーパーポイントにて還元※
  • 送料込の場合、通常付与される1%分とは別に+1%の楽天スーパーポイントを付与※

※1注文で付与される特典ポイントは最大500ポイントまで

楽天グループ優待

主に以下の3つの優待サービスをうけられます。

  1. 楽天SHOWTIMEでの有料動画購入もしくはレンタルでポイント2倍
  2. 楽天トラベルの対象サービスでの予約・利用でポイント2倍
  3. 楽天ブックスで1回の注文で合計金額税込4,000円以上でポイント2倍

限定クーポン

楽天プレミアム会員だけの限定クーポンを使えます。

まとめ

お誕生日サービスと選べるサービスの「楽天市場コース」は併用できます(エンタメコースの楽天ブックスも併用可能)。そのため、誕生月は最低でも7%のポイントが還元されることになります。誕生月だと、通常の楽天カードで購入するよりも還元率が3%以上も違います。

ただ「選べるサービス」や「お誕生月サービス」でポイント還元率がアップするのは確かに魅力的ですが、それ相応の年会費を払っていますので還元率だけで判断するのは、やめといた方が無難でしょう。

個人的には、やはりプライオリティ・パスの必要有無で保有するかしないかを決めてしまって良いと思います。

国内旅行がメインであれば、楽天ゴールドカードでいいでしょう。楽天ゴールドカードも、国内の空港ラウンジであれば、年間2回までの制限付きですが無料で利用できます。

楽天プレミアムカードのメリットをまとめると次の通りです。

<楽天プレミアムカード限定のメリット>

  1. プライオリティ・パスが無料
  2. 選べるサービス
  3. お誕生月サービス
  4. 楽天プレミアムが1年間無料

<上記に加えて、楽天ゴールドカードのメリット>

楽天カードの上位にあたるカードに楽天ゴールドカードがあります。 楽天カードのサービスは、当然すべて付帯されいるため、ここでは楽天ゴール...

楽天スーパーポイントを効率的に貯めたい方はもちろん、プライオリティ・パスを利用したい方は、ぜひ一度検討してみてください!

公式サイト 楽天プレミアムカード

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)