ホームベーカリーのパン作りに、買って正解だったおすすめ便利グッズ3つ

我が家の朝食は、ほとんど毎日パンです。そして食パンはホームベーカリーで週2~3回焼いています。そしてパンを作るようになってから、パン作り関連のキッチングッズもいくつか買ったのですが、今回はその中で特に買って良かったと思う便利グッズを3つご紹介したいと思います。

【その1】パン切り包丁・パン切りナイフ

正直パン切りナイフって、最初は「いらないんじゃない?」って思ってました…でも普通の包丁でやってみたら驚きの切れなさ具合でびっくり!少なくとも私には、普通の包丁ではアツアツのパンをきれいに切ることはできませんでした(n´Д`)デキナイー
パン切りナイフには、安いものからブランドで高いもの、電動ナイフなど色々な種類があるので最初どれを買おうかすごく迷いました。
でも初めてなのでとりあえず高級品は様子見で、価格重視で安いものを試してみることにしました。それがこれ。

貝印のbready(ブレッディ)焼きたてパン切り AC0054

近所のスーパーで購入。価格は1000円でとにかく安いです!
それでいて切れ味も最高に良くて(ちょっと触れると指スパッてなります…)、軽くて扱いやすい!私がよく焼いているのは、普通の食パン、レーズンパン、くるみパン、野菜パンなどですが、どれに対しても今のとこ文句なしです\(^o^)/

きれいに切るコツは、力を入れすぎないことです。グイグイ押し込むのではなく、スッと力を抜いてナイフを引く感じで。あと慣れないうちは、とにかく冷ましてから切ることです!熱ければ熱いほどパンがナイフにくっついてボロボロになりやすいので、最初のうちは長めに時間を置いてから切ると、かなり切りやすくなるかと思います!

最初電動も気になったりしましたが、洗うの面倒で重いし高いし、買わなくて良かったかな?と思ってます。もし次に買い替える時も多分同じものを買うでしょうね( ´∀`)b

【その2】スライサーガイド(カットガイド)

ネットで色々検索して、「こんなのなくてもいい」とかの意見もありましたが、

不器用なくせにそんな意見をを鵜呑みにした私はバカでしたw

私には欠かせないものです。

最初試しにナシで切ってみたんですが、それはもうとんでもないことにΣ(゚д゚lll)ガーン

「え、これ何枚切り?」

「というか何なの??」

「パン…だったもの…??」

「カステラ工場とかで出る切れ端の方がまだよっぽどきれいだよね…」

という感じで、

ぐっちゃぐちゃのボロボロでパンを台無しにしました(ノ∀`)
(※味は変わらないので普通に食べました)

しかし、ガイドを使えば即完璧に切れるのかと言うとそうはいきませんでした。始めの3回くらいは慣れなくてうまく使いこなせず厚みは結構ガタガタ…
でも徐々に慣れてきて、今はこれナシでは考えられません!すっごいキレーに均等に切れるようになりましたよ(∩´∀`)∩ヤッタネ

初日の絶望から急いで購入したスライサーがこちらヨシカワ ホームベーカリー倶楽部 ヨコ切りパンスライサーSJ1457
1500円程でした。

側面にメモリがついていて、仕切り板を差し込む場所によって何枚切りか選べます。
私は大体1.5cmとか2cm(8枚~6枚切り)にすることが多いです。

溝に沿ってナイフを横に動かしてパンを切ります。
※写真のパンが緑色なのはほうれん草のパンだからです。とてもおいしいのでご安心下さい。

ハイ、全部切った後肝心な横からの写真を撮るのを忘れたのでパンの種類が変わっていますが、このように毎回安定して均等に切ることができるのでとっても便利です。

もちろん、ネットの口コミなんかでも見た「自分で切ったほうが早い」「洗うの面倒だから自分で切ったほうがいい」などなど、そんなことが言えるようになれるものならなりたいんですが、私には「こんなもの使わずきれいに切れるように上達してやる!」…などということはみじんも考えていないので、これからも使い続けると思います( ^ω^ )

ガイドには主に横置きと縦置きがあるのですが、私は横置きで満足しています。縦置きは使ったことがないので想像になりますが、横置きに比べれば縦置きの方が接地面積が小さくてパンをしっかり押さえるのが難しそう、ぐらつきやすく不安定なので切るのが難しそうという気がしますね。

【その3】バターケース

しょっちゅうパン作りをしていると、毎回バターを削って重さをはかるのが面倒になってきてこれを購入しました。

スケーター ステンレスバターカッター&ケース(バターナイフ付)

これはただのバターケースではなく、ステンレスのカッターで一度に20個に切り分けてそのまま保存できるという便利グッズ。
200gのバターだと10gずつにカットされたバターが20個出来上がります。


常温にしばらく置いてバターがやわらかくなったら、その上にステンレスのカッターを置き下に押し込むと、バターが小分けに!


蓋をしたらそのまま冷蔵庫で保存★
常にベタベタもなくキレイだし使いやすいし、炒め物の時にも焦らず素早くバターが取り出せる!

でもこれ、上記のナイフやスライサーと比べると価格がちょっと高く、ロフトで買って3000円程度しました。類似品でもっと安いものもあるので、そこがデメリットだと思います。

しかし…今これ書いてて知ったのですが、アマゾンやヨドバシで1600円前後だったという…ショック(´・ω・)

でもそれならそれで、この商品はますますおすすめです。これを使い始めてからパン作りの計量がグンと楽に!ほんっと相当ストレス軽減しましたからね。
パン作り以外の料理の時にも、毎回あの銀の紙を触って手がベタベタ、ヌルヌルになることもないのが嬉しいので、3つ目だけはパン作りしない人にもめちゃくちゃおすすめですね(^o^)

【番外編】いずれほしいもの

0.1g単位で計れるキッチンスケール。これ、ほしいです。
パン作りにキッチンスケールは絶対必要なもので、うちでは今タニタのデジタルスケールを使用していますが、これは0.5g単位で計れるものです。

私が0.1g単位で一体何を計りたいかと言うと、ドライイーストです。
これがレシピ通りだと「1.4g」とか「2.8g」とかってすごく細かい分量で書いてあるんですよ。
でもうちのスケールじゃ1.4gや2.8gは計れないので、1.5gや3gみたいな感じでちょっと誤差があるまま適当に計るしかないんです。別にそれでもパンは問題なく焼けているので必要ないと言えばないんですが、
いつもちょっとずつ多く使うのがなんとなく気持ち悪い。しょっちゅう焼いてるんだから本来の推奨分量で焼いてみたいなーと思ったりしています。今のが壊れたらいずれは考えたいなと。

まとめ

  • パン切りナイフは持ってなければ絶対必要
  • スライスガイドはすごく便利。横置きがおすすめ。でも人によって(器用な人)は必要ない。
  • バターケースはパン作りだけでなく料理をする人には個人的にすごくおすすめしたい!

ということで以上、買って正解だったおすすめキッチングッズ3つでした(^o^)

我が家は大人も子供も朝はパンです。 パスコの超熟を昔からずーっと食べていましたが、今はホームベーカリーで手作りしています。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)