エフトイズの食玩「チェンジ!シンカリオン E7かがやき」のレビュー!遂にE5・E6・E7が出揃う

シェアする

リンクユニット(adsense)

「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」のパッケージ

どうも甘パパです。

2018年9月24日にF-toys confect(エフトイズ・コンフェクト)さんから「チェンジ!シンカリオン E7(イーセブン)かがやき」が発売されました。

2018年3月26日に発売された「チェンジ!シンカリオン E5(イーファイブ)はやぶさ」の第三弾にあたる商品です。

どうも甘パパです。 最近息子がシンカリオンにハマっているので、F-toys confect(エフトイズ・コンフェクト)さんが2018年...

ちなみに第二弾は、2018年6月25日に発売された「チェンジ!シンカリオン E6(イーシックス)こまち」です。

どうも甘パパです。 2018年6月25日にF-toys confect(エフトイズ・コンフェクト)さんから「チェンジ!シンカリオン E...

約3ヶ月毎に新しいシンカリオンが発売されています。ということは、次に発売されるとすれば2018年12月25日前後だと予想できます。ただ、基本の3体が出揃ったので、これ以上の販売があるかどうかは微妙ですね。

価格は過去のE5はやぶさ、E6こまち同様、わずか500円です。消費税を入れても540円です。これだけ安いと迷う必要もありません。四文字熟語にすると「即断即決」です。

販売店は、スーパー(菓子売場)、家電量販店(玩具売場)、ホビーショップ、模型店、専門店です。E5の時はわざわざ秋葉原まで行かないと売っていなかったのですが、なんとE7かがやきはコンビニ(セブンイレブン)で売ってました(笑)

セブンイレブンで販売されている「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

私はネットで購入しましたが…

ということで、さっそく「E7かがやきの」レビューをしたいと思います。

箱を開封すると「変形モデル1セット」と「解説書1枚」、「イチゴガム1粒」が入っていました。前回同様にイチゴガム1粒の存在感を楽しみつつ、とりあえず噛みながら製作することにしました。

「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」のパーツと説明書、ガム

パーツ数は過去のE5・E6とほぼ同じです。

「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」のパーツ

作成中です。しばらくお待ちください。

完成しました! E7(イーセブン) かがやきです。変形できるようになっているので、割れ目はあるもののクオリティは高いです!安定の500円です!

新幹線モードの「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

やっぱり、値段以上のクオリティを感じます。ここからさらに変形できるわけですから…

新幹線モードの「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

チェンジシンカリオン!

シンカリオンに変形しま~す

シンカリオン E7かがやき!

「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

過去のシリーズ同様、クオリティは高いです。

正面アップの「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

後ろ姿も、なかなかの完成度です。

後ろから見る「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

横から見てもいい感じです。繰り返しますが500円です。

横から見る「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

アニメ版のシンカリオンでは毎回定番になりつつある、負傷するシーン(すぐにやられるシーン)も再現できます。

負傷中の「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

「E6 こまち」と「E7 かがやき」です。アニメ版では、もっぱら負傷シーンが多い2体です。

「チェンジ! シンカリオン E6こまち」と「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

E6とE7は、ハヤトとリュウジの助けを待つパターンが多い(もう少し活躍させてあげて~)

負傷中の「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」と「チェンジ! シンカリオン E6こまち」

3体並べると、絵になりますねぇ~。しかも3種類購入してもお値段わずか1,500円(500円×3)です。やっぱり破格ですね。子供に壊されてもあきらめがつく価格です。

「チェンジ! シンカリオン E6こまち」「チェンジ! シンカリオン E5はやぶさ」「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」

複数のシンカリオンを購入すれば、リンク合体も可能です。

リンク合体!

シンカリオン E5+E7!

「チェンジ! シンカリオン E7かがやき」と「チェンジ! シンカリオン E5はやぶさ」のリンク合体

シンカリオン E5+E6!

「チェンジ!シンカリオン E6こまち」と「チェンジ!シンカリオン E5はやぶさ」のリンク合体(はやぶさメイン)

チェンジ!シンカリオン シリーズは、価格が500円と低価格でありながら、可動箇所が多いので色々なポージングをとらせることもできます。また、新幹線モードに変形できたり、リンク合体が可能だったりと、価格以上のパフォーマンスを発揮してくれるのは間違いありません。

過去の「E5はやぶさ」と「E6こまち」は、関節部が少し緩かったのでポージングの固定に苦労しました。今回の「E7かがやき」は比較的自由にポージングを固定できました。個体差なのか改善されたのかは不明ですが、関節部はしっかりしていました。

プラモデルの組み立て方は、過去のE5とE6と基本的には同じです。完成までの所要時間は1時間弱でした。プラモデル自体は説明書通りに組み立てるだけなので、30分程度で作れるのですが、シールを貼るのに時間がかかります。特に「E7かがやき」は難しかったです。

ということで、結論をまとめると「シンカリオン好きは、たった500円なので、おためしで購入しても損しない」です。

気になる方はネットでも購入できるのでぜひ!

やはりデラックスシリーズ気になる・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)