絶叫系が苦手でも怖くなかった!USJのザ・フライング・ダイナソーに頑張って乗った感想

シェアする

皆さんはユニバーサル・スタジオ・ジャパン®(USJ)にある大人気アトラクション、ザ・フライング・ダイナソーに乗ったことありますか?見ているだけでめちゃくちゃ怖い絶叫系のアトラクションです。
この度私はそのザ・フライング・ダイナソーに初チャレンジしてきたのでその体験レポートをお届けしたいと思います!

が、その前に。私は絶叫系のアトラクションは嫌いです。大っ嫌いです(T_T)
昔は好きでよく乗っていたのに、ある日、姫路セントラルパークにあるフリーフォールに乗って本気で泣いて以来、絶叫マシン全般が本当に苦手になりました。

どんな感じで苦手かと言うと、強いG(重力)がかかって押しつぶされる感覚だけなら大丈夫なのですが、高低差が出てフワっとする浮遊感が出る時のゾクゾク感は大嫌い。
飛行機で言うと、離陸前の急に速度が上がって強いGがかかり全身ロックされたような状態と、少し上に上がる瞬間までは大丈夫ですが、
そのあと少しでも高度が下がってフワっとしたらもうイヤ!そしてそのフワッとしている時間が長いほど耐え難く怖さも増して泣きたくなります。

しかし、フワっとする浮遊感のみが嫌で、高い所やスピード感は平気なので、浮遊感ナシのライドがあるのならぜひ乗りたいなー、という具合です。

今までに乗った絶叫系ライドの感想一覧

こういうアトラクションが怖いか怖くないか、これって個人差があると思うので、
USJやディズニーランドなど他の有名どころで私の絶叫マシン苦手レベルを簡単に説明しますので参考にしてください。

【USJ】

  • スヌーピーのグレートレース(子供用コースター)→ 怖くない。子供用にしてはスピードもスリルもある方だと思うけどこれは楽しい。
  • スペースファンタジー・ザ・ライド → 怖くない。激しく動くけど浮遊感がないのと、真っ暗で進路が見えないので何ともない。
  • ジュラシック・パーク・ザ・ライド → 最後の落下部分はイヤ。でも滞空時間は短いのでなんとか我慢はできる。

【ディズニーランド・ディズニーシー】

  • タワーオブテラー → ムリ。嫌い。怖い。大好きなディズニーリゾート全体の景色が見られることを差し引いても嫌い
  • センターオブジアース → ジュラシックパーク同様、最後の落下部分が苦手だけどなんとか我慢できる。
  • インディージョーンズ → センターオブジアースよりはマシだけど限りなく近い。でも一瞬浮遊感ありなのでそこは嫌。
  • レイジングスピリッツ → 大丈夫。1回転系は強いGがかかるものの浮遊感がないので平気。
  • ビッグサンダーマウンテン → 楽しいというかちょっと物足りないぐらいなので全然怖さはない。
  • スプラッシュマウンテン → 浮遊感の観点で言えば最後の落下時間が若干長く感じるので嫌いなレベル。
  • スペースマウンテン → 大丈夫。スピードとGがかかるだけ、浮遊感がないので怖くない。

こんな感じで、「絶対もう乗りたくない」って言うレベルはディズニーシーのタワーオブテラーだけですね。浮遊感を感じる時間が長い、というのが最大の原因です。

私がザ・フライング・ダイナソーに乗った理由

フライングダイナソーは下から見ていると最初の落下ヵ所が明らかにフリーフォール・垂直落下状態に見えます。ということは私はまず乗れないと思いました。なので「あれには絶対に乗らない!」とパークに着いてからずっと言い張っていました。

そんな私がなぜ、あのフライングダイナソーに乗ったのか…

「乗らない!」と言いつつも、その日のパーク内での待ち時間から見ても、あきらかに1番人気のアトラクション…そんなにたくさんの人が乗れるなら実はそんなに怖くないんじゃないの?せっかく高いお金使って遠い所まで来て、その代表格の1つとも言える人気アトラクションに乗らなくていいの?もしも全然怖くなかったら?楽しかったらどうしよう?後悔するんじゃないか?

パークを歩きつつそんなことを考え、頭上を落下していくお客さんを何度も何度も見て、乗ってみるシミュレーションを頭の中でしてしまう…
最初さえ我慢すればあとは1回転とか平気そうなコースに見えて楽しそうだし…
そして「乗ろう」。そう思ったのです。

乗るまでが1番怖かった

決意したものの、待ち時間が苦痛でした。早く来てと思ったり、やっぱり来ないでと思ったり。あとまだ「やっぱり乗らない」という選択肢も考えていました。
ギリギリにでもスタッフに言えば乗らない事もできますからね。

途中でこんなん渡されたり

対面で一人一人、スタッフからポケット確認やアクセサリーなど落下の可能性のあるもののチェックをされ、そうこうしながらも頭上からは定期的に悲鳴が聞こえ…

恐怖心をあおられるポイントがいくつも出てきて心拍数上がりっぱなしでずっと苦しかったです

さらに心拍数を上げていったのが、入口での待ち時間表示は160分だったのに、実際並び始めてからアトラクションに乗るまでの時間はたったの50分でした!短縮しすぎ!

この乗り場を金網越しから見るワーニング感よ…

私の前の組の人たちの出発していく所。心拍数が上がる…

写真なんて撮ってますけど内心では本当にギリギリまで悩んでました。でも意を決して、ついに荷物を預け、アトラクションに乗ってしまいます。吐きそうでした。恐怖しかありませんでした(多分こんなに頑張ってまで乗るものではない)。

実際にザ・フライング・ダイナソーに乗ってみた感想

私が乗ったのは真ん中よりやや前寄りの場所でした。座ってた椅子が前方にガタンと傾いて真下を向き、地上を見下ろしながらどんどん高度を上げていきます。
これがマジでめっちゃ高いので、絶叫系の好き嫌い以前に、高所恐怖症の人はまずやめた方がいいです。

そして問題のファーストドロップ…!!

落ちていく地面を見るのは余計怖いと思ったので、首を丸めて自分のお腹が見えるような角度にして目を閉じる準備をしましたが、ちょっと落ちかけている時に

「ん??フワっとしない…!?こんなに落ちてるのに!?」

というびっくりで拍子抜け!見た目と違って最初の落下は全然怖くありませんでした
ここをクリアした私はもう安心。すごいスピードで1回転したりしますが、恐怖というより爽快感です。
まさにプテラノドンにつままれて空を飛ぶ体験でした。「あ、ホグワーツ城だ!」などと景色を楽しむ余裕すらありましたし、かなり楽しかったです(^o^)

もう一回乗ってもいいなと思うぐらいでした!

あ、でも乗り物酔いしやすい人にも向いていないみたいです。一緒に乗った夫は比較的絶叫系は好きなようですが、気持ち悪いと言っていました。
(ちなみにスペースマウンテンやアクアトピアでも酔っていた経験があります)。

まとめ

ということで、USJのザ・フライング・ダイナソーは、見た目はフリーフォールっぽいけど全然性質が違いました。体ががっつりロックされるような強いG(重力)はかかるけれど、浮遊感はありませんでした。
高低差のあるジェットコースターは苦手でも、1回転が怖くなく、スピードも高所も平気な私にはとても楽しかったです!!勇気を出して頑張って乗った甲斐がありましたが、多分待ち時間で寿命が縮んだので良かったかもしれないけど良くなかったかもしれない…w

しかし絶叫が大丈夫でも、アトラクションで乗り物酔いしやすい人と高所恐怖症の人には厳しいみたいです。

そして何と言っても1番の衝撃は…待ち時間の表記は全くあてにならない!!ということが分かりました。

以上、絶叫マシンが苦手な私のフライングダイナソー乗車レポートでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)