ルノアールEdyカードは割引率5~10%で隠れ特典あり!作り方・チャージ方法まとめ

ルノアールEdyカード

株式会社銀座ルノアールが運営している喫茶店で使えるプリペイド式電子マネーに、「ルノアールEdyカード」があります。

銀座ルノアールグループの以下の店舗で特典をうけられます。

  • 喫茶室ルノアール
  • Cafeルノアール
  • カフェ・ミヤマ
  • 瑠之亜珈琲(ルノアコーヒー)
対象外店舗
恵比寿第1店、恵比寿東口店、神田淡路町店、大塚店、新小岩店、吉祥寺店

以下の店舗は特典対象外です。

  • NEW YORKER’S Cafe《New Style !!》
  • NEW YORKER’S Cafe
  • マイ・スペース&プラザ
  • ミヤマ珈琲
  • BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)

それでは、さっそく「ルノアールEdyカード」の特典やメリット、お得な使い方などを紹介していきます。

ルノアールEdyカードの作り方

ルノアールEdyカードは、喫茶室ルノアール、Cafeルノアール、Cafe Miyama(カフェ・ミヤマ)、RUNOA COFFEE(瑠之亜珈琲)の各店舗で入会できます。1枚100円(税込)で販売しています。店員さんに「ルノアールEdyカード」を欲しいと伝えれば即日発行してくれます。

登録の際は「ルノアール Edyカード 入会申込書」に氏名・住所・電話番号などを記入する必要があります。

ルノアールEdyカードの入会申込書

ルノアールEdyカードを使ったレシート

楽天スーパーポイントを利用するためのWEB登録

ルノアールEdyカードでは、楽天スーパーポイントを貯めることができます。楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりするにはWEB登録する必要があります。

手元にカードを準備して以下のリンクから設定してください。

>>Edyカードで楽天スーパーポイントを貯める設定

ルノアールEdyカードのチャージ方法

ルノアールEdyカードへの1回あたりのチャージ上限金額は25,000円です。最大50,000円までチャージ可能です。このあたりのルールは楽天Edyと同じです。

楽天Edyにチャージする方法は主に3つあります。

  1. 現金でチャージ
  2. クレジットカードでチャージ
  3. 楽天スーパーポイントからチャージ

楽天Edyには、有効期限がないためチャージして放置していても失効しないので安心です。

現金でチャージ

現金チャージは以下の楽天Edy加盟店またはEdyチャージャー(現金入金機)で可能です。

ジャンル 店舗名
コンビニ サークルK、サンクス、スリーエフ、セイコーマート、セブンイレブン、ファミリーマート、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、デイリーヤマザキ、ミニストップ、ローソン
カフェ プロント、CAFFE SOLARE、喫茶室ルノアール
薬局 ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ドラッグストア ウェルネス
その他 WonderGOO

クレジットカードでチャージ

楽天Edyは、クレジットカードからチャージすることもできます。

Edy機能付き楽天カードであれば、オンライン上から簡単にチャージできるのですがクレジットカード機能の付帯していないEdyカードの場合は、少しだけ面倒です。

Androidの一部機種であればアプリからクレジットチャージできますが、ほとんどの機種が未対応なので期待しないほうがよいでしょう。

クレジットチャージを行うには、Edy Viewerを使います。

Edy Viewerの利用には以下の商品が必要になります。

楽天Edyリーダーは、楽天Edyオフィシャルショップ限定商品で楽天Edyの残高照会やクレジットチャージを簡単にできます。楽天Edyでしか利用しないのであれば最適な商品です。

ただ私のおすすめは、SONYの非接触ICカードリーダー/ライターのパソリRC-S380です。私も実際に使っている商品です。楽天Edyにクレジットチャージできる機能に加えて確定申告のe-Taxにも対応しています。まさに一石二鳥の商品です。

>>Edyカードにクレジットカードでチャージする方法

楽天スーパーポイントからチャージ

Edyは楽天スーパーポイントからもチャージできます。

ただし「期間限定ポイント」や「提携サービス会社から交換されたポイント(JCBカード、DCカード、Oricoカードなどの提携企業、及び楽天証券等のグループから交換したポイント)」はチャージ対象外です。

>>楽天スーパーポイントからEdyにチャージする方法

ルノアールEdyカードの特典・メリット

ルノアールEdyカードの特典は、会計から5~10%割引されることです。

店舗ごとの割引率は以下の通りです。

店舗 特典内容
喫茶室ルノアール 10%割引
Cafeルノアール
カフェ・ミヤマ 5%割引
瑠之亜珈琲(ルノアコーヒー)

カードを作るときに100円(税込)必要ですが、喫茶室ルノアールとCafeルノアールであれば1,000円以上、カフェ・ミヤマと瑠之亜珈琲であれば2,000以上利用すれば一発でカード発行料を回収できます。

ルノアールEdyカード発行時のレシート

隠れた特典!BIG ECHO(ビッグエコー)でも室料10%割引

ビッグエコー(BIG ECHO)の外観

ルノアールEdyカードでは、BIG ECHO(ビックエコー)で室料10%OFFのサービスをうけられます。BIG ECHOの会員サービスおよび他のサービス券との併用はできません。

カードの裏面にも、室料10%OFF割引がうけられることが記載されています

ルノアールEdyカードの裏面

まとめ

喫茶室ルノアールは、チェーン展開しているカフェの中では、値段は高い部類に入ります。店舗によって値段は多少違いますが、ブレンドコーヒーだけでも500円は超えます。

サンドイッチなどのフードを注文すると、あっという間に1,000円を超えます。

ただし、料金が高いだけあって美味しいです。また、店内の雰囲気が良いので落ち着いて休憩することができます。

喫茶室ルノアールのコーヒーとサンドイッチ

少し変わっているのが、最後に無料お茶がでてくることです。おそらく喫茶店ではあまり見かけない光景ではないでしょうか。私も最初は「お茶?」って思いました。

喫茶室ルノアールのお茶

ルノアールに定期的に訪れる人は、カード発行費用の100円なんて即回収できます。また、ビッグエコーの10%割引カードとして利用できるのもメリットです。

気になる方は、ぜひ入会してみてください。

店舗独自の電子マネー(ハウス電子マネー)は、他にも数多く発行されているので、普段から定期的に利用する店舗があれば発行を検討しましょう。

ジャンル お店 カード名
カフェ・喫茶 コメダ珈琲店 KOMECA(コメカ)
カフェ・ド・クリエ カフェ・ド・クリエカード
ドトールコーヒーショップ ドトールバリューカード
タリーズコーヒー タリーズーカード
スターバックスコーヒー スターバックスカード
上島珈琲店・珈琲館 プレシャスカード
喫茶室ルノアール ルノアールEdyカード
カフェ&バー PRONTO(プロント) プロン党Edy-楽天ポイントカード
ファーストフード ケンタッキーフライドチキン KFC CARD(KFCカード)
モスバーガー MOS CARD(モスカード)
すき家・ココスなど ZENSHO CooCa(クーカ)
洋食レストラン いきなり!ステーキ 肉マイレージカード
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)