コメダホールディングス[3543]の株主優待はKOMECA(コメカ)!議決権行使でさらにお得

コメダホールディングスの株主優待の内容・取得方法について解説します。

コメダホールディングスについて

株式会社コメダホールディングスは、店舗数・売上高に関して日本最大級のフルサービス型喫茶店チェーン運営会社である株式会社コメダの持株会社です。

「フルサービス型の喫茶店」とは、店舗店員がお客様に対して席への案内、水・おしぼりの提供、注文の伺い、注文された商品の提供を行う喫茶店のことです。スターバックスコーヒーや、ドトールコーヒーショップ、タリーズコーヒーなどはセルフ型です。

株式会社コメダホールディングスは、東証一部に上場しています。経営理念は「私たちは”珈琲を大切にする心から”を通してお客様に”くつろぐ、いちばんいいところ”を提供します」です。

「珈琲所 コメダ珈琲店」と「甘味喫茶 おかげ庵」の2つのブランドで事業を展開しています。コメダ珈琲店のコーヒーは、コメダオリジナルブレンドです。世界の産地から厳選した豆を独自の焙煎・抽出により作られています。またモーニングサービスでは、ドリンクを注文すると、トーストとゆで玉子が無料でついてくるので人気があります。

コメダ珈琲店では、コーヒー以外にも名物メニューがあります。デザート「シロノワール」です。シロノワールを好きなファンは多く私もその一人です。

以下の写真は、私が毎回注文する「たっぷりブレンドコーヒー&シロノワール」です。

株主優待の取得方法(権利確定日・保有株式数)

コメダホールディングスの権利確定日は8月末日2月末日です。

株主優待は、100株(1単元)以上の株式を保有する株主を対象に贈呈されます。

つまり8月または2月の権利付き最終日(=権利確定日の3営業日前)に現物株式を100株(1単元)以上保有していれば株主優待をゲットできます。

どうも甘パパです。 完全に自分用のメモに近いのですが、2018年の株主優待タダ取り用のカレンダーです。 つなぎ売り(クロス取引)で株...

株主優待の内容

プリペイドカードのKOMECA(コメカ)にチャージして使える電子マネー1,000円相当が年2回もらえます。

KOMECA(コメカ)については以下の記事で詳細に解説しています。

株式会社ジェーシービー(JCB)とコメダ珈琲店が提携して発行しているプリペイドカードに「コメカ(KOMECA)」があります。 コメカは...

株主優待用KOMECA(コメカ)

株主優待は、100株以上の保有で、半期ごとに一律1,000円相当(年間2,000円相当)が手持ちの株主優待用KOMECAにチャージされます。

8月末日の株主は12月1日に、2月末日の株主は6月1日に電子マネーがチャージされます。

新規の株主には、株主優待用KOMECAが送付されます。継続保有の株主は、手持ちの株主優待用KOMECAを再利用します。8月末日の株主は11月下旬に、2月末日の株主は5月下旬に発送されます。

株主優待としてチャージされた電子マネーの有効期限は以下の通りです。

権利取得日 有効期限
8月末日の株主優待 12月1日~翌年11月末日
2月末日の株主優待 6月1日~翌年5月末日

自身でチャージした分は、最終入金または利用日から2年間です。株主優待としてチャージされた電子マネーと有効期限が違うので注意が必要です。

株主優待用KOMECAを紛失した場合は、再発行手数料500円(税込)を支払えば再発行してもらえます。複数のKOMECAを持っている場合、1枚のKOMECAに電子マネー・ポイントを合算することも可能です。

議決権行使でさらにお得!

2月末時点で100株以上保有の株主に議決権行使書のハガキが送付されてきます。その議決権行使書を期日内に送付すれば、賛否問わず送付者全員に株主優待用KOMECAに500円チャージしてもらえます。

ただし、議決権行使は会社法で定められている行為なので「賛否が不明」または「到着期日に1日でも遅れた」場合は議決権が行使されていないとみなされるので注意してください。

いつ届く?実際に届いたのでレビュー

私が株主優待を取得したのは、8月の権利月です。実際に株主優待が届いたのが11月25日なので、株主優待の権利を取得してからおよそ3ヶ月後に届いたということになります。

封筒を開封すると「株主優待用KOMECA」と「コメダホールディングズレポート」、「コメカ利用規約」、その他コメカの簡単な説明書が入っていました。(他には、配当金の引換証なども一緒に入っていましたが省略しています)

KOMECAの使い方とKOMECA本体です。

KOMECA(表面)です。

KOMECA(コメカ)

KOMECA(裏面)です。カード番号とPIN番号の記載があります。

KOMECA(コメカ)の裏面

コメダホールディングスレポートです。

コメダホールディングスレポート内の重点施策のページです。

コメダホールディングスの重点施策にもあった「ロッテと共同開発したパイの実(コメダ珈琲店監修 シロノワール)」も食べました。シロノワールの味かどうかは正直よくわかりませんでしたが、普通に美味しかったです。

まとめ

コメダホールディングス(3543)の株主優待は、KOMECA(コメカ)の電子チャージ1,000円相当分(年間2,000円相当分)です。「コメダ珈琲店」と「おかげ庵」で実質現金と同じように利用できるので使い勝手がよいです。

KOMECAを利用するならポイント還元率が3倍になる金シャチ会員になることも忘れないようにしましょう。

株主優待は実質手数料だけでタダ取りが可能です。興味がある人はチャレンジしてみてください。

どうも甘パパです。 私は株主優待を毎月タダ取りしています。 タダ取りといっても完全に無料というわけではなく、株を購入するための手数料...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)