すかいらーくHD[3197]の株主優待は食事券!使い方・使える店まとめ

シェアする

リンクユニット(adsense)

すかいらーくホールディングスの株主優待は、株主優待の中でも大変人気の高い優待で、「つなぎ売り」可能な日になると在庫は一瞬でなくなります。争奪戦は必至です。

利回りが高いのでいっそのこと長期保有して優待+配当をもらう方が賢いのかもしれません。

2018年6月末分からは、カード形式の株主優待カードに変更になりました。株主優待カードの使い方などについては以下の記事で詳細に解説しています。

どうも甘パパです。 すかいらーくホールディングスの株主優待は、優待の中でも特に人気がある銘柄です。優待内容は食事券です。2017年12...

すかいらーくの株主優待の内容・取得方法について、解説していきます。

すかいらーくについて

株式会社すかいらーくホールディングスは、フードサービス事業全般、その他周辺事業を行っている東証一部に上場している企業です。会社の設立は、1962年(昭和37年)4月4日です。本社は、東京都武蔵野市西久保にあります。

すかいらーくグループの国内での店舗数は、2018年12月31日現在で3,143店です。海外を含む と3,200店になります。

そのうちの約半数の店舗がガストです。次いで、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、ステーキガスト、しゃぶ葉と続きます。

すかいらーくグループの店舗は以下の通りです。

運営会社ジャンル店舗名

(株)すかいらーくレストランツ

Caféレストランガスト
中華レストランバーミヤン
ファミリーレストランジョナサン
和食レストラン夢庵(ゆめあん)
ステーキ&サラダバーステーキガスト
イタリアンレストラングラッチェガーデンズ
和食レストラン藍屋(あいや)
クイック・レストランSガスト
回転寿司魚屋路ととやみち
和ごはんとカフェchawan
いろどり和菜三〇三(みわみ)
うどん・天ぷら・定食ゆめあん食堂
とんかつ・からあげとんから亭
とんかつかつ久
から揚げ専門店から好し
街の中華食堂ばーみやん軒
ニラックス(株)しゃぶしゃぶブッフェしゃぶ葉
カフェ&ダイニングむさしの森珈琲
ハワイアンダイニング&カフェLa Ohana
バイキングレストラングランブッフェ
バイキングレストランフェスタガーデン
イタリアンバイキングパパゲーノ
中華バイキンググランチャイナ
バイキングレストランブッフェ エクスブルー
(株)トマトアンドアソシエイツハンバーグレストラン  トマト&オニオン
熟成焼き肉食べ放題じゅうじゅうカルビ
(株)フロジャポンフレンチスタイルの洋菓子・洋惣菜フロ プレステージュ

私もガストへはランチでよく行きます。ガストは低価格でハンバーグなどが食べられるのでサラリーマンにもおすすめです。

株主優待の取得方法(権利確定日・保有株式数)

すかいらーくホールディングスの権利確定日は6月末12月末です。

株主優待は、100株(1単元)以上の株式を保有する株主を対象に贈呈されます。

つまり6月12月権利付き最終日(=権利確定日の2営業日前)に現物株式を100株(1単元)以上保有していれば株主優待をゲットできます。

どうも甘パパです。 完全に自分用のメモに近いのですが、2019年の株主優待タダ取り用のカレンダーです。 つなぎ売り(クロス取引)で株...

株主優待の内容

株主は年2回、保有株式数に応じて、すかいらーくグループの店舗(一部店舗除く)で使える「株主様ご優待券(お食事券)」がもらえます。

株主様ご優待券は、6月末日の株主には9月中旬、12月末日の株主には3月中旬に発送されます。それぞれ末日には届く予定になっています。

株主ご優待券(お食事券)※2018年6月以降は株主優待カード

保有株式数によってもらえる「株主ご優待券」の金額(枚数)は次の通りです。

【旧 2017年12月末まで】

保有株式数株主ご優待券(お食事券)
年間合計6月末日12月末日
100株以上6,000円分
(500円券×12枚)
3,000円分
(500円券×6枚)
3,000円分
(500円券×6枚)
300株以上20,000円分
(500円券×40枚)
9,000円分
(500円券×18枚)
11,000円分
(500円券×22枚)
500株以上33,000円分
(500円券×66枚)
15,000円分
(500円券×30枚)
18,000円分
(500円券×36枚)
1,000株以上69,000円分
(500円券×138枚)
33,000円分
(500円券×66枚)
36,000円分
(500円券×72枚)

【新 2018年6月末以降】

贈呈金額に変更はありませんが、株主様ご優待券から株主様ご優待カードに変わりました。

保有株式数株主ご優待券(お食事券)
年間合計6月末日12月末日
100株以上6,000円分
(1,000円カード×6枚)
3,000円分
(1,000円カード×3枚)
3,000円分
(1,000円カード×3枚)
300株以上20,000円分
(1,000円カード×8枚)
(3,000円カード×4枚)
9,000円分
(1,000円カード×3枚)
(3,000円カード×2枚)
11,000円分
(1,000円カード×5枚)
(3,000円カード×2枚)
500株以上33,000円分
(1,000円カード×6枚)
(3,000円カード×9枚)
15,000円分
(1,000円カード×3枚)
(3,000円カード×4枚)
18,000円分
(1,000円カード×3枚)
(3,000円カード×5枚)
1,000株以上69,000円分
(1,000円カード×9枚)
(5,000円カード×12枚)
33,000円分
(1,000円カード×3枚)
(5,000円カード×6枚)
36,000円分
(1,000円カード×6枚)
(5,000円カード×6枚)

6月よりも12月の方が、贈呈される優待券の金額が高いので12月の取得は特におすすめです。

優待券は条件なしで利用できるので完全に金券と同じような使い方ができます。1度の会計で何枚でも利用できます。しかも各種割引券との併用も可能という無双っぷりです。ただし、すかいらーくグループオーナー様割引券・ご家族優待券は併用不可です。とは言っても大多数の人には関係のない割引なので基本的には併用可能と考えてOKです。

優待券の有効期限は1年間です。6月末日の株主は翌年9月30日まで12月末日の株主は翌年3月31日までです。

お釣りはでないので、できるだけ500円以上の商品に利用すべきです。

  • 損する使い方:450円の商品を「株主ご優待券500円」で購入(50円損
  • 得する使い方:550円の商品を「株主ご優待券500円分」と「現金等50円」で購入

使用可能店舗一覧

基本的には、Sガストフロ プレステージュを除く店舗で利用できます。

使用可能店舗は以下の通りです。

ジャンル店舗名優待券の
使用可否
Caféレストランガスト
中華レストランバーミヤン
ファミリーレストランジョナサン
和食レストラン夢庵(ゆめあん)
ステーキ&サラダバーステーキガスト
イタリアンレストラングラッチェガーデンズ
和食レストラン藍屋(あいや)
クイック・レストランSガスト×
使用不可
回転寿司魚屋路ととやみち
和ごはんとカフェchawan
いろどり和菜三〇三(みわみ)
うどん・天ぷら・定食ゆめあん食堂
とんかつ・からあげとんから亭
とんかつかつ久
から揚げ専門店から好し
街の中華食堂ばーみやん軒
しゃぶしゃぶブッフェしゃぶ葉
一部対象外
カフェ&ダイニングむさしの森珈琲
ハワイアンダイニング
&カフェ
La Ohana
バイキングレストラングランブッフェ
バイキングレストランフェスタガーデン
イタリアンバイキングパパゲーノ
中華バイキンググランチャイナ
バイキングレストランブッフェ エクスブルー
ハンバーグレストラン  トマト&オニオン
熟成焼き肉食べ放題じゅうじゅうカルビ
フレンチスタイルの
洋菓子・洋惣菜
フロ プレステージュ×
使用不可

※しゃぶ葉、ビュッフェ業態の一部店舗は対象外です

優待券を上手く利用すれば、当面のランチ代が不要になります。

いつ届く?実際に到着したのでレビュー

私が取得したのは12月末日の株主優待です。実際に株主優待が届いたのが3月16日なので、株主優待の権利を取得してからおよそ2ヶ月半で届いたということになります。

封筒が分厚いです…

封筒を開封すると「株主様ご優待券」のみ入っていました。今回は1,000株購入したので、36,000円分の優待券が届きました。お得過ぎです…

500券が18枚で1冊なので分厚いです。

優待券には利用するにあたっての注意点などが書かれています。あとは500円単位で切り離して利用できるようになっているので便利です。

まとめ

すかいらーくホールディングス(3197)の株主優待は、すかいらーくグループの店舗で利用できるお食事券です。

1度の会計で何枚でも利用でき、最低利用金額もないので使いやすいです。またもらえる金額も高額であることから取得できれば大幅な節約につなげることも可能です。

2018年6月末分からは、カード形式の株主優待カードに変更になりました。株主優待カードの使い方などについては以下の記事で詳細に解説しています。

どうも甘パパです。 すかいらーくホールディングスの株主優待は、優待の中でも特に人気がある銘柄です。優待内容は食事券です。2017年12...

株主優待は実質手数料だけでタダ取りが可能です。株主優待をタダ取りするならクロス取引(つなぎ売り)可能な証券会社の口座を開設する必要があります。株主優待のタダ取りができる証券会社は以下の通りです。

これらの中で、おすすめは楽天証券です。楽天証券なら、買建を「①いちにち信用」→「②現引」の手順で注文すれば、株主優待のタダ取りにかかる手数料を他の証券会社の半額程度に抑えることができるので、おすすめです。

株主優待のタダ取り(クロス取引・つなぎ売り)の具体的な方法については以下の記事で解説しているので参考にしてください。

どうも甘パパです。 私は株主優待を毎月タダ取りしています。 タダ取りといっても完全に無料というわけではなく、株を購入するための手数料...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)