ヤマダ電機[9831]の株主優待はお買物優待券!ヤマダ電機、ベスト電器で使えてお得

ヤマダ電機の株主優待の内容・取得方法について解説します。

ヤマダ電機について

株式会社ヤマダ電機は、東証一部に上場している日本の家電量販店チェーンです。1973年4月に「ヤマダ電化センター」として創業、その後1983年9月に「株式会社ヤマダ電機」として創立しました。群馬県高崎市に本社があります。経営理念は「創造と挑戦」です。

社名の由来は、創業者の山田昇からきています。

ヤマダ電機は主に「テックランド」と「LABI(ラビ)」という名称で店舗展開しています。テックランドは幹線道路など交通量が多い道路沿いに建てられた郊外型大規模店舗で、LABIはターミナル駅など交通の便が良い場所にたてられた都市型大規模店舗です。

2017年7月1日には、九州地方を基盤とする「ベスト電器」を株式交換により完全子会社としました。ヤマダ電機グループの店舗数は12,000を超えています。中国などの海外にも店舗展開しており、今後の成長が期待されます。

株主優待の取得方法(権利確定日・保有株式数)

ヤマダ電機の権利確定日は3月末9月末です。

株主優待は、100株(1単元)以上の株式を保有する株主を対象に贈呈されます。

つまり3月または9月の権利付き最終日(=権利確定日の3営業日前)に現物株式を100株(1単元)以上保有していれば株主優待をゲットできます。

どうも甘パパです。 完全に自分用のメモに近いのですが、2018年の株主優待タダ取り用のカレンダーです。 つなぎ売り(クロス取引)で株...

株主優待の内容

株主は年2回、「株主様お買物優待券」がもらえます。保有株式数・保有期間によってもらえる金額(枚数)が違います。また、3月と9月では優待内容に違いがあります。

株主様お買物優待券

保有株式数・保有期間によってもらえる金額(枚数)は次の通りです。

基準日 保有株式数 優待内容 継続保有特典
3月 100株以上 1,000円分(500円券×2枚) 100株以上を
1年以上2年未満保有で3枚追加
2年以上保有で4枚追加
500株以上 2,000円分(500円券×4枚)
1,000株以上 5,000円分(500円券×10枚)
10,000株以上 25,000円分(500円券×50枚)
9月 100株以上 2,000円分(500円券×4枚) 100株以上を
1年以上保有で1枚追加
500株以上 3,000円分(500円券×6枚)
1,000株以上 5,000円分(500円券×10枚)
10,000株以上 25,000円分(500円券×50枚)

初めて株主になるのであれば9月がお得です。

3月だと100株で1,000円分の買物券ですが、9月であれば2,000円分の買物券がもらえます。同様に500株以上の場合も、9月の株主の方が1,000円分多く贈呈されます。

お買物優待券は、全国のヤマダ電機とベスト電器で使えます。また、テックランド及びLABIの業態店舗であれば、グループ会社のマツヤデンキと星電社でも利用できます。

以下の店舗・商品には利用できません。

  • ヤマダ電機(リングス店)
  • ベスト電器の一部店舗
  • ヤマダウェブコム
  • ヤマダモール
  • チラシ電話注文等の通信販売
  • 修理代金、工事代金、部品代金
  • レストランフロア、テナント店舗
  • 商品券などの金券
  • リサイクル料金
  • POSAカード(プリペイドカード)
  • たばこ
  • その他一部の商品

お買物優待券は、合計1,000円(税込)以上の現金による買物につき1枚(500円)利用できます。1回の買物で利用できる枚数は、最大で54枚までです。金額にすると500円×54枚で27,000円です。1,000円以上で1枚の利用なので株主優待の限界は54,000円の商品購入までです。

仮に54,000円の商品を購入すると仮定した場合、買い物優待券を54枚持っていれば一気に全枚数(27,000円分)を使うことができます。

特別提供品や他の値引き券(THE安心会員割引券、DM割引券など)との併用は不可です。

有効期限は、3月31日時点の株主は同年12月31日まで9月30日時点の株主は翌年6月30日までです。

いつ届く?実際に届いたのでレビュー

私が株主優待を取得したのは、9月の権利月です。実際に株主優待が届いたのが12月13日なので、株主優待の権利を取得してからおよそ2ヶ月後に届いたということになります。

封筒を開封すると「株主様お買物優待券の封筒」が入っていました。

さらに封筒を開封すると「ヤマダ電機とベスト電器それぞれの株主様お買物優待券使用可能店舗一覧表」と「株主様お買物優待券」が入っていました。

株主様お買物優待券の裏面は、利用にあたっての注意事項などが記載されています。

まとめ

ヤマダ電機(9831)の株主優待は、ヤマダ電機やベスト電器で利用できる買物優待券です。1,000円ごとに1枚(500円)しか利用できないので使いにくさはありますが、家電は比較的高額なので買物優待券はあっという間になくなっていると思います。

株主優待は実質手数料だけでタダ取りが可能です。興味がある人はチャレンジしてみてください。

どうも甘パパです。 私は株主優待を毎月タダ取りしています。 タダ取りといっても完全に無料というわけではなく、株を購入するための手数料...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)