【レビュー】ネスカフェ バリスタアイを使って気づいたメリット・デメリット

バリスタアイ(ホワイト)

バリスタアイをレンタル

バリスタアイを1か月レンタルしてみて感じたメリットやデメリット、評価についてレビューしていきます。

レンタルした経緯

我が家では、普段からポットを利用してゴールドブレンドを愛飲していました。

「バリスタアイ」に対してのイメージとして「あれば便利なんだろうけど、なくても別に・・・」って感じでした。だってバリスタで淹れなくても一般的なインスタントコーヒーの飲み方でも十分おいしいので必要性を感じていませんでした。

ゴールドブレンドはインスタントコーヒー?
ネスカフェは、インスタントコーヒーではなく「レギュラーソリュブルコーヒー」と呼んでいます。「レギュラーソリュブルコーヒー」とは、微粉砕した焙煎コーヒー豆の粒を包み込む「挽き豆包み製法」で、淹れたての上品な香りとコーヒー本来の味わいを実現したコーヒーのことです。

なぜレンタルしたのかというと特に深い理由があるわけではなく単純に「気になるから試してみたかった」ただそれだけです。

手軽においしいコーヒーを飲めるネスカフェのバリスタ。「ネスカフェアンバサダ~♪」というフレーズが特徴的なCM効果もあり、コーヒーメーカー...

メリット(良かった点)

とにかくおいしい

まずは、おいしさに驚きました。バリスタから淹れるだけでこんなに変わるのか~って感じです。特にコーヒーの表面を覆う泡(クレマ)が最高です!

最初の頃は、おいしくておいしくて何杯も飲みました。それと同時にお菓子を食べる頻度も上がりました(笑)

水をセットしたら瞬時にコーヒーを淹れることができる

ポットの場合、コーヒーを飲みたい時に水の残量が少なかったり、または、なかったりした場合、水を入れて沸騰するまで待つということが多々ありました。すぐ飲みたい時って、沸騰するまでの時間がいつもより長く感じてしまい小さなストレスの一つでもありました。

もちろんバリスタの場合もよくあることです。しかし、バリスタの場合は水をセットすればすぐに飲めます。沸騰を待つ必要がありません。

バリスタは、事前に沸騰していなくても本体内蔵のサーモブロックヒーターで瞬間的に水を熱湯にかえてコーヒーを抽出してくれます。

メンテナンスが簡単

ポットを洗うのって結構めんどくさかったりします。本体が大きくて重いので洗いにくいんです。

それに比べてバリスタは、部品を分解して洗うことができます。「部品を分解」と聞くと難しそうなイメージをもつかもしれませんが、慣れれば一瞬で終了します。あと一つ一つの部品は軽いので洗いやすいです。各部品の取り付けも簡単です。

飲むたびにポイントが貯まるのが楽しい

飲むたびにポイントが貯まっていくのが結構楽しいです。貯まったポイントは「必ずもらえるコース」の場合であれば、4,000ポイントから次のような商品と交換できます。

  • ネスレ ブライト ポット(4,000pt)
  • 「バリスタ」おそうじキット(5,000pt)
  • 「ネスカフェ」オリジナル 有田焼カップ&ソーサー2客セット(10,000pt)
  • 「ネスカフェ」オリジナル クリアマグ6個セット(10,000pt)

ちなみに「ラッキー抽選コース」であれば200ポイントから応募可能です。当選すれば「キットカット ショコラトリー」おすすめ詰め合わせがもらえます。

良かった点をまとめると

  • とにかくおいしい
  • 水をセットしたら瞬時にコーヒーを淹れることができる
  • メンテナンスが簡単
  • 飲むたびにポイントが貯まるのが楽しい

デメリット(悪かった点)

コーヒーを淹れる時の音が大きい

まず予想してなかったのが、コーヒーを淹れる時の「音」でした。普通に使ってる分には問題ないのですが、我が家では子供を寝かしつけた後が、リラックスタイムとなります(お子さんをお持ちの方は大半がそうじゃないでしょうか。)

そのため、子供が寝た後にコーヒーを飲む場合は子供が起きてしまうリスクが発生します。特に同室だとかなり危険です。お昼寝の場合は同室が多いのですが、コーヒーを淹れる音でゴソゴソ動きます。最悪の場合、起きてしまいます(涙)

別室で子供を寝かせて扉を閉めているのであれば、おそらく大丈夫だと思います。我が家では子供が眠った後、コーヒーを淹れる時だけ扉を閉めています。この方法でとりあえず起きたことはありません。

アプリの通信エラーが多い

残念というより惜しいと思ったのが、アプリからコーヒーを淹れる機能について。スマホからコーヒーの濃さをカスタマイズできたり飲むたびにポイントが貯まったりするのは画期的で面白く、画面の操作もシンプルで直感的で分かりやすいです。だからこそ惜しいんです。

通常であればコップをバリスタにセットして飲みたいメニューボタンを押せばコーヒーを淹れることができます。アプリの場合もやってることは原則同じです。手順は以下の通り。

<アプリからコーヒーを淹れる手順>

  1. 【マシン側】バリスタにコップをセット
  2. 【アプリ側】アプリを立ち上げる
  3. 【アプリ側】飲みたいメニューを選んでコーヒーを淹れる
  4. 【マシン側】コーヒーが作られる
  5. 【アプリ側】ルーレットゲームが始まる(当たればポイントGET)
  6. 【マシン側】コーヒーが淹れ終わる
  7. コップを取る
  8. コーヒーを味わう

問題は、3や5の箇所で、応答が遅かったり通信エラーが発生する場合があるということ。体感では30%前後の確率で通信エラーが発生してる気がします。5の箇所でエラーになっても最悪ルーレットゲームが始まらないだけなので問題ないのですが、3の部分で応答がなかったり通信エラーが発生するとコーヒーを飲めないんです(笑)

ただし、アプリを利用している以上使用しているキャリアや機種、OSのバージョンなど通信環境も影響するので全ての人が該当するわけではないと思います。ただアプリのレビュー評価を見るともう少し改善点はあるのではないかと思ってしまいます。それでもポイントが効率よく貯まるので、我が家ではアプリからコーヒーを淹れています。

コーヒー代が高くなる(個人差あり)

ゴールドブレンドは、なぜか詰め替え(エコ&システムパック)よりも瓶タイプの方が安い傾向にあります。瓶タイプを普段から使用していた人からすると詰め替えに置き換えることによってコーヒー代が少なからず高くなると思います。

あとはおいしいので、消費量があがります(笑)

悪い点をまとめると

  • コーヒーを淹れる時の音が大きい
  • アプリの通信エラーが多い
  • コーヒー代が高くなる(個人差あり)

まとめ

とにかくおいしいコーヒーを手軽に飲めるというのは最大のメリットですが、音の大きさについてはかなり気になりました。それでも個人的には満足度が高くおすすめできる商品です。

最後に簡単なバリスタとポットの比較表を載せておきます。

バリスタ ポット
おいしさ
手軽さ
音の大きさ ×
お湯の沸騰速度
洗浄のしやすさ

レンタルなら無料なので気になる人は、ぜひ試してみてください。

公式サイト バリスタi [アイ]

 
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)