dカード GOLDの特典・審査・保険・メリット・デメリットを解説

シェアする

リンクユニット(adsense)

dカード GOLD

ドコモが発行しているクレジットカードにdカード GOLDがあります。

dカード GOLDは、dカードの上位にあたるカードです。

dカードとdカード GOLDの違いについては、以下の記事で解説しています。

ドコモユーザーであれば、一度はdカードを検討したことがあるのではないでしょうか? dカードには、「dカード...

dカード GOLDは、一般的なゴールドカードと同程度の年会費が必要ですが、その分特典も充実しています。ドコモ利用者が dカード GOLD会員になれば dカード GOLDのメリットを最大限生かせますが、ドコモ利用者以外はメリットが一部制限されてしまいます。

そのため、dカード GOLDはドコモ利用者にぜひとも保有してほしい1枚です。

それでは、dカード GOLDの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

dカード GOLDの基本情報

カード名dカード GOLD
カードデザインdカード GOLD
発行会社株式会社NTTドコモ
年会費10,000円(税抜)
入会条件1.満20歳以上(学生は除く)
2.安定した継続収入があること
3.個人名義であること(法人名義不可)
4.本人名義の口座を支払い口座として設定すること
5.その他ドコモが定める条件を満たすこと
家族カード1枚目無料
2枚目以降1,000円(税抜)
ETCカード無料
国際ブランドVisa / Mastercard
電子マネーiD(一体型・携帯型)、Apple Pay
ポイントdポイント
ポイント有効期限獲得月から起算して48か月後の月末
ポイント付与率 通常1.0%
※100円につき1ポイント
締め日/支払日毎月15日 / 翌月10日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
海外旅行傷害保険最大1億円(自動付帯・利用付帯)
国内旅行傷害保険最大5,000万円(利用付帯)
お買い物あんしん保険年間300万円まで

最短5分の入会審査

dカード GOLDは、9:00~19:50(土日祝含む)の間にカードの申込み・引き落とし口座の設定が完了していれば最短5分で入会審査が完了します。審査期間が長いと落ち着かない日が続くため、迅速な審査を行ってくれるのは精神的にも助かります。

実際にカードが手元に届くのは、最短で5日になります。

dカード GOLDのカードフェイス(カードデザイン)

dカード GOLDdカード GOLD(ポインコデザイン)

dカード GOLDでは、通常デザイン以外にポインコデザインを選ぶこともできます。「通常デザイン」と「ポインコデザイン」では、特典・機能面に違いはないので、好きな方を選べばOKです。家族カードは、本会員と同じデザインのカードが発行されます。

1枚につき1,000円(税抜)の手数料を支払えば、新規申込み時以外にもデザインを変更することができます。家族カードについても1枚につき1,000円(税抜)の手数料がかかります。本会員と家族カードで違うデザインを選択することはできません。

ETCカード

dカード ETCカード

dカード GOLDならETCカードの、発行料・年会費ともに無料です。

ETCカードの利用でも通常のクレジットカード払いと同じように、100円ごとに dポイントが1ポイント貯まります。還元率は1.0%です。

電子マネー

iD

iDは、NTTドコモのケータイクレジットサービスです。dカードは、株式会社NTTドコモが発行しているクレジットカードなので当然「iD」を利用できます。

「iD」は「マークのある加盟店」の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけで支払いが完了する簡単で便利な決済サービスです。

「iD」は、ポストペイ(後払い)方式の電子マネーです。他にも有名なポストペイ方式の電子マネーとしてJCBの「QUICPay(クイックペイ)」があります。ポストペイ方式の便利なところは、事前チャージ不要で利用できることです。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯めることができます。

dカード GOLDの場合は、携帯型もしくはクレジット一体型の2つから選択できます。

Apple Pay

dカード(Apple Pay)

dカード GOLDでは、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、対象のiPhone、Apple Watchに、対応するクレジットカードを設定することで、安心・安全・スピーディーに支払いができるサービスです。

Apple Payは、事前チャージ不要で利用できます。「マークのある加盟店」で、レジの担当者にiDで支払うことを伝えて、Touch IDに指を載せたまま(Face IDを利用する場合は、Face ID認証後)対象のiPhoneをリーダーにかざすだけで簡単に決済できます。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯められます。

Apple Payを利用するには、「Wallet」アプリを起動して手順に従ってカードを追加するだけです。

ポイント

dポイントが貯まる

dカード GOLDのポイント還元率は1.0%(100円で1ポイント)です。

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度なので、還元率1.0%のdカード GOLDは、クレジットカードの中でも高還元率といえます。

dカードポイントUPモール

dカード GOLDには、お得にポイントを貯められる「dカードポイントUPモール」というサービスがあります。dカードポイントUPモールを経由するだけで、ポイントが通常の1.5~10.5倍貯まります。

利用方法も簡単です。dカードポイントUPモールを経由して、dカード GOLDで決済するだけです。

以下のようなサイトがあります(一例です)。

ジャンルショップ名ポイント還元率
ショッピングモール Amazon1.5倍1.5%
Yahoo!ショッピング1.5倍1.5%
楽天市場1.5倍1.5%
総合通販      ベルメゾンネット1.5倍1.5%
イトーヨーカドーネット通販2倍2.0%
セブンネットショッピング2.5倍2.5%
ニッセンオンライン2倍2.0%
ディノスオンラインショップ1.5倍1.5%
カタログ通販ベルーナ2倍2.0%
セシールオンラインショップ2倍2.0%
ファッションadidas ONLINE SHOP2.5倍2.5%
Amazonファッション1.5倍1.5%
靴の総合通販ABC-MART.net2倍2.0%
オンワード・クローゼット2倍2.0%
ZOZOTOWN(ゾゾタウン)1.5倍1.5%
ユニクロ1.5倍1.5%
家電・パソコンApple公式サイト1.5倍1.5%
Joshin1.5倍1.5%
Microsoft Store3倍3.0%
nojima online1.5倍1.5%
ビックカメラ.com2倍2.0%
マウスコンピューター2倍2.0%
ドコモオンラインショップ200ポイント200円相当
旅行    じゃらん2倍2.0%
HIS1.5倍1.5%
ホテルズドットコム3倍3.0%
楽天トラベル1.5倍1.5%
エクスペディア3.5倍3.5%

ほとんどの場合、いずれかのサイトがキャンペーンで倍率アップしているため、運が良ければ上記の還元率より、さらにお得になります。

dカード特約店

dカード特約店であれば、dポイントがさらにお得にたまります。

特約店によって、お得に貯まる決済方法が決まっています。

<dカード特約店一覧>

dカード特約店決済方法ポイント還元率
iDdカード
カーライフ
ENEOS1.5倍1.5%
オリックスレンタカー4倍4.0%
旅行
ルートインホテルズ2倍2.0%
JAL2倍2.0%
JALパック2倍2.0%
dトラベル2倍2.0%
JTB
※専用ナビダイヤル
0570-001-455
3倍3.0%
クラブメッド
※旅行代金5%割引
4倍4.0%
ショッピング
髙島屋2倍2.0%
ジェイアール名古屋タカシマヤ2倍2.0%
タカシマヤ ゲートタワーモール2倍2.0%
高島屋免税店 SHILLA&ANA5倍5.0%
伊勢丹1.5倍1.5%
三越1.5倍1.5%
マツモトキヨシ3倍3.0%
タワーレコード2倍2.0%
紀伊國屋書店2倍2.0%
洋服の青山2倍2.0%
紳士服のコナカ3倍3.0%
紳士服のフタタ3倍3.0%
THE SUIT COMPANY2倍2.0%
第一園芸2倍2.0%
多慶屋2倍2.0%
リンベル5倍5.0%
ネットショッピング
ショップジャパン2倍2.0%
dショッピング2倍2.0%
d fashion2倍2.0%
ドコモオンラインショップ2倍2.0%
タワーレコードオンライン2倍2.0%
本・出版
日経ヴェリタス3倍3.0%
日経ビジネス/日経WOMAN3~5倍3.0~5.0%
プレジデント社2倍2.0%
レストラン・カフェ
スターバックス カード4倍4.0%
ドトール バリューカード4倍4.0%
dデリバリー2倍2.0%
伊達の牛たん本舗3倍3.0%
ジェイアンドジェイグループ4倍4.0%
引越し
サカイ引越センター4倍4.0%
レジャー
ビッグエコー3倍3.0%
交通
東京無線タクシー2倍2.0%
チェッカーキャブ2倍2.0%
さわやか無線センター2倍2.0%
電気・ガス
ENEOSでんき1.5倍1.5%
ENEOS都市ガス1.5倍1.5%

dポイントの使い道

貯まった「dポイント」は、他社のポイントプログラムに移行したり、家電・グルメ・ギフトカードなどの景品と交換できます。

家電・グルメなどの景品と交換するのは、還元率が低いのでおすすめできません。

dポイントは、ローソンやマクドナルドで1ポイント1円として利用できるのであえてポイント交換する必要はないように思います。

<ポイント移行・金券の交換先>

交換先必要ポイント数還元率
iDキャッシュバック(dカード)2,000円分2,000ポイント1.0%
iDキャッシュバック(dカード mini)1,800円分2,000ポイント0.9%
VJAギフトカード 5,000円分8,000ポイント0.625%
JALのマイル 2,500マイル5,000ポイント0.5~2.5%
Pontaポイント 5,000ポイント
※別途手数料が250ポイント必要
5,000ポイント0.952%
スターバックス カード チャージ 3,000円分3,000ポイント1.0%
ドトール バリューカード チャージ 3,000円分3,000ポイント1.0%

dカード・dカード GOLD共通特典

ローソンで最大5%お得

ローソンで、dカード GOLDを使って買い物すると最大5%お得になります。

内訳は以下の通りです。

  • カード決済(3%OFF+1%還元)+カード提示(1%還元)
ローソンで、dカード GOLDを使って買い物すると請求時に税抜価格から3%割引になります(1円未満切り捨て)。

ノジマで最大5%お得

ノジマで、dカード GOLDを使って買い物すると最大5%お得になります。

内訳は以下の通りです。

  • カード決済(3%OFF+1%還元)+カード提示(1%還元)
ノジマで、dカード GOLDを使って買い物すると支払時に税込価格から3%割引になります。

dカード GOLDの限定特典

dカード GOLD年間ご利用額特典

dカード GOLD年間ご利用額特典は、dカード GOLD会員限定の特典です。

入会2年目以降に前年度(前々年12月16日~前年12月15日)のショッピング利用金額(税込)が、100万円以上、200万円以上の利用者は、特典を進呈してもらえます。

以下の利用は年間利用額累計の対象外です。
Edyチャージ、nanacoチャージ、モバイルSuica、SMART ICOCA、キャッシング返済金、リボ払い手数料・分割払い手数料、年会費、遅延損害金、国民健康保険料など

100万円以上の特典

100万円以上の特典をうけるには、毎月8万4千円程度の利用が必要になります。

  1. ケータイ購入割引クーポン10,800円相当
  2. d fashionクーポン10,800円相当
  3. dトラベルクーポン10,800円相当
  4. dショッピングクーポン10,800円相当
  5. dデリバリークーポン10,800円相当

200万円以上の特典

200万円以上の特典をうけるには、毎月16万7千円程度の利用が必要になります。

  1. ケータイ購入割引クーポン21,600円相当
  2. d fashionクーポン21,600円相当
  3. dトラベルクーポン21,600円相当
  4. dショッピングクーポン21,600円相当
  5. dデリバリークーポン21,600円相当

>>dカード GOLDの申込みはこちら

ドコモ通信料の10%分ポイント還元

dカード GOLDなら、ドコモ通信料の10%分ポイント還元をうけられます。

  • 利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント

内訳としては以下の通りになります。

  • 通常ポイント (1%) dカード GOLD特典ポイント(9%)

毎月のドコモケータイおよびドコモ光の料金が10,000円を超えていれば、年間で12,000ポイント付与されるため、ポイント還元だけで年会費分を回収できます。

空港ラウンジ

dカード GOLD会員なら、国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用できます。

ラウンジ入口で、dカード GOLDと当日のフライトチケットの半券を提示するだけで、利用できます。ラウンジでは、ドリンクサービスやインターネットサービス、新聞や雑誌の閲覧など出発前の時間をゆったりと過ごせます。

<利用可能な国内空港ラウンジ一覧>

北海道旭川空港「LOUNGE 大雪(TAISETSU)」
新千歳空港「スーパーラウンジ」
新千歳空港「ノースラウンジ」
函館空港「ビジネスラウンジA Spring.」
東北青森空港「エアポートラウンジ」
秋田空港「ロイヤルスカイ」
仙台空港「ビジネスラウンジ EAST SIDE」
関東成田国際空港第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」
成田国際空港第1ターミナル「ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ」
成田国際空港第2ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE 2」
成田国際空港第2ターミナル「T.E.Iラウンジ」
羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」
羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」
羽田空港 第1ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」
羽田空港 第2ターミナル「エアポートラウンジ(南)」
羽田空港 第2ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」
羽田空港 第2ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」
羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE」
羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE ANNEX」
東海富士山静岡空港「YOUR LOUNGE」
中部国際空港セントレア「プレミアムラウンジ セントレア」
北陸新潟空港「エアリウムラウンジ」
富山空港「ラウンジ らいちょう」
小松空港「スカイラウンジ白山」
関西大阪国際空港(伊丹空港)「ラウンジオーサカ」
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「六甲」「アネックス六甲」「金剛」
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「比叡」
神戸空港「ラウンジ 神戸」
中国岡山空港「ラウンジ マスカット」
広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」
米子空港「ラウンジ DAISEN」
出雲空港「出雲縁結び空港エアポートラウンジ」
山口宇部空港「ラウンジ きらら」
四国高松空港「ラウンジ 讃岐」
徳島空港「エアポートラウンジ ヴォルティス」
松山空港「ビジネスラウンジ」
松山空港「スカイラウンジ」
九州福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」
福岡空港「ラウンジTIMEインターナショナル」
北九州空港「ラウンジ ひまわり」
長崎空港「ビジネスラウンジ アザレア」
大分空港「ラウンジ くにさき」
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港「スカイラウンジ 菜の花」
沖縄那覇空港「ラウンジ 華 ~hana~」
海外ダニエル・K・イノウエ国際空港「IASS HAWAII LOUNGE」

dカードゴールドデスク

dカード GOLD会員は、dカードゴールドデスクを利用できます。クレジットカード会社で用意されているゴールドデスクは、通常のデスク(電話窓口)よりも繋がりやすいのが特徴です。

主に以下のような問い合わせが可能です。

  • dカード GOLDに関する問い合わせ・注文
  • 利用代金明細書など各種案内の届け先住所変更
  • 各種付帯サービスの問い合わせ・注文
  • リボ・分割払いなど、ファイナンスサービスに関する相談・注文
  • 各種資料の注文

【2018年5月終了】USJドコモラウンジ

2018年5月のdポイントクラブのリニューアルにより、dカード GOLDのdポイントクラブの優待が一切なくなった影響により、「USJドコモラウンジ」の応募資格はなくなりました。

ドコモは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®(USJ)のスポンサー企業で、アトラクション「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」に協賛して...

【2018年5月終了】JALのサクララウンジ

2018年5月のdポイントクラブのリニューアルにより、dカード GOLDのdポイントクラブの優待が一切なくなった影響により、「JALのサクララウンジ」の応募資格はなくなりました。

JALにはサクララウンジというラウンジがあります。 サクララウンジは、JALの上級会員や特定の条件を満たした人のみが利用できる特別なラ...

付帯保険

海外旅行傷害保険

dカード GOLDの海外旅行傷害保険は自動付帯と利用付帯です。

自動付帯と・利用付帯の違いは以下の通りです。

  • 自動付帯:カードを持っているだけで自動的に適用される保険
  • 利用付帯:カードを利用した場合に限り適用される保険

dカード GOLDの場合は、カードを保有しているだけで補償をうけられますが、カードを利用すれば補償金額がアップします。

dカード GOLDの海外旅行傷害保険は「家族特約」も付帯しています。家族特約は、生計を共にする配偶者や満19歳未満の同居の親族、または、別居の未婚の子を対象に最高1,000万円まで補償してくれる特約です。

海外の医療費は、日本より高額なので海外旅行に行く場合は、海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを1枚持って行くだけで安心感が全然違います。

補償期間は、1旅行につき90日間まで補償してくれるので、長期間の旅行でも安心です。

<海外旅行傷害保険の詳細>

 本人会員・家族会員家族特約
傷害死亡1億円※11,000万円
傷害後遺障がい400万円~1億円※140万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用
※一事故/一疾病の限度額
300万円50万円
賠償責任
※一事故の限度額
5,000万円1,000万円
携行品損害
※年間限度額
※自己負担額:1事故3,000円
50万円15万円
救援者費用
※年間限度額
500万円50万円

※1 海外旅行費用をdカード GOLDで支払った場合の支払い保険金額。条件を満たさない場合の保険金額は傷害死亡時5,000万円、傷害後遺障がい時200万円~5,000万円となります。

海外航空便遅延費用特約

dカード GOLDには、以下の通り海外航空便遅延費用特約も付帯しています。

担保項目本人会員・家族会員
(家族含む)
乗継遅延による宿泊・食事費用2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円

国内旅行傷害保険

dカード GOLDの国内旅行傷害保険は、利用付帯です。

「家族特約」は付帯していません。

国内旅行傷害保険では、以下の1~3の場合に限り補償されます。

  1. 公共交通機関を利用中の傷害事故
  2. 宿泊施設に宿泊中の火災・破裂・爆発による傷害事故
  3. 宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中の傷害事故

<国内旅行傷害保険の詳細>

担保項目保険金額
(本会員・家族会員)
傷害死亡保険金5,000万円
傷害後遺障がい保険金200万円~5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術給付金入院保険金日額の5倍または10倍

国内航空便遅延費用特約

dカード GOLDには、以下の通り国内航空便遅延費用特約も付帯しています。

担保項目本人会員・家族会員
乗継遅延による宿泊・食事費用2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円

お買物あんしん保険(動産総合保険)

dカード GOLDには、お買物あんしん保険(動産総合保険)が付帯しています。

3,000円の自己負担金が必要ですが、dカード GOLDで決済した商品であれば、最大300万円まで補償してくれます。

海外・国内問わず補償の対象になります。補償期間は、購入日を含めて90日間です。補償対象は、偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)に限ります。

会員補償制度

紛失・盗難によりクレジットカードが不正使用されても、カード紛失・盗難の届け日から90日前にさかのぼり、その後に発生した損害額についてドコモが全額補償してくれます。

90日前という期間制限があるので、紛失したり盗難された場合は、すぐにドコモに連絡することが大事です。

dカードケータイ補償

dカードケータイ補償とは、dカードで利用中の携帯電話端末が、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)になった場合に、購入費用の一部をサポートするサービスです。

サポート対象になるのは、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップでdカードにて購入する場合に限ります。

dカード GOLD会員であれば、購入から3年以内であれば最大10万円まで補償してくれます。最近の機種は一括購入すれば10万円近くするため、もしもの時に頼りになります。

その他のサービス・特典

VJデスク(旅のサポート)

旅先で万が一アクシデントに遭った場合、VJデスクを利用すれば現地事情に精通した日本語スタッフが快適であんしんな旅をサポートしてくれます。海外の見知らぬ地では、強力なサービスになります。

緊急時以外にも基本的なインフォメーションサービスや各種チケットやレストラン、ホテルの予約・手配なども行ってくれます。

ホノルル(アメリカ)のデスクには、休憩や待ち合わせなどに利用できるラウンジが併設されています。dカード会員であればラウンジを無料で利用できます。ラウンジでは、ソフトドリンクの無料サービスやWiFi接続サービス、携帯電話の充電などが行えます。

海外緊急サービス

緊急(カード)サービス

海外でdカードを紛失・盗難した場合に暫定的なクレジットカードを発行してくれます。発行されたクレジットカード(緊急カード)は、現地まで届けてくれます。

dカード会員だと10,000円(税抜)かかりますが、dカード GOLD会員であれば無料で対応してもらえます。

帰国後、改めてクレジットカードを再発行する場合の再発行手数料も dカード GOLD会員なら無料です。dカード会員の場合は、再発行手数料1,000円(税抜)が必要です。

緊急(キャッシュ)サービス

財布などが紛失・盗難などにあった場合に、1,000米ドル相当額以内の現地通貨をキャッシュサービスとして用意してくれます。別途キャッシュサービスの利息がかかります。

海外では、現地通貨を保有しているのとしていないのでは安心感が全然違います。緊急(カード)サービスとあわせて利用すれば二重で安心できます。

dカード GOLDのデメリット

年会費が必要

dカード GOLDは、初年度から年会費が10,000円(税抜)必要です。年会費を無料にする方法や減額する方法はありません。

しかし、年間100万円以上利用すれば、dカード GOLD会員限定の「年間ご利用額特典」で年会費相当の特典が付与されるため実質年会費相当分を回収できます。

上記のサービスに加えてdカード GOLD会員限定で付帯している海外・国内旅行傷害保険や空港ラウンジの利用など充実した特典が付帯しているので、年会費10,000円は決して高くありません。

まとめ

個人的には、ドコモ利用者であれば、dカード GOLDをおすすめします。dカード GOLDをメインカードとして利用すれば、ポイント還元などで年会費相当は回収できます。

dカードケータイ補償は、購入から3年以内であれば最大10万円まで補償してくれるので、もしもの時に無駄な出費をする必要なく新機種が手元に戻ってきます。

ドコモユーザーの方は、特にメリットが充実しているので、ぜひ一度検討してみてください!

公式サイト dカード GOLD

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)