羽田空港JAL国内線のサクララウンジが快適すぎ!こどもラウンジ完備で子連れでも安心

JALにはサクララウンジというラウンジがあります。

サクララウンジは、JALの上級会員や特定の条件を満たした人のみが利用できる特別なラウンジです。カードラウンジとは違い、各種クレジットカードのゴールドカード以上を保有していも利用できません。

今回、羽田空港国内線のサクララウンジを利用してきたので感想などを書き残しておきます。

サクララウンジの利用条件

サクララウンジを利用できるのは、以下のような人達です。赤字の会員は、サクララウンジよりもさらに高品質な「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」を利用できます。

  • JAL国内線ファーストクラス
  • JMBダイヤモンド会員
  • JGCプレミア会員
  • JMBサファイア会員
  • JMBクリスタル会員(ラウンジクーポンにて利用可能)
  • JALグローバルクラブ会員
  • ワンワールドエリートステイタスの「エメラルド」会員
  • ワンワールドエリートステイタスの「サファイア」会員

普段から飛行機を利用しない人や、JAL以外を利用している人からすればファーストクラス以外の単語は意味不明だと思うので簡単に説明します。

JMB FLY ON プログラム

JALには、「JMB FLY ON プログラム」という会員制度があります。JALのフライトで積算される「FLY ONポイント」のポイント数または搭乗回数に応じてサービスステイタスが決まります。

上記の表を見てもいまいちよくわからないかもしれませんが、簡単にいうとJALを利用して「FLY ONポイント」を貯めればサービスステイタスがアップして様々な特典をうけられるようになる会員制度です。

JALグローバルクラブ会員(JGC)

ステータスがJMBサファイア以上になるとJALグローバルクラブへ入会できます。一度入会すれば、退会しない限り永遠に会員資格を得られるため、会員資格の取得を主な目的としてJALを利用している人もいます。こういう人たちは修行僧と呼ばれたりします。修行僧の中には1日のうち何回も飛行機に搭乗する強者もいます。

ワンワールドエリートステイタス

ワンワールドは、世界規模の航空連合のことです。様々な航空会社が加盟しており、JALも加盟しています。ワンワールドエリートステイタスとは、加盟している航空会社共通のステイタスです。ステイタスは、ルビー、サファイア、エメラルドの3種類です。

JALのステイタスに応じたワンワールド共通のエリートステイタスは以下の通りです。

  ワンワールドエリートステータス
ルビー サファイア エメラルド
JALマイレージバンク クリスタル サファイア ダイヤモンド
JALグローバルクラブ JGCサファイア
JGCクリスタル
JGC会員
JGCダイヤモンド
JGCプレミア

一般の人でも利用する方法

普段からJALを利用していない人でも以下の方法で利用できます。

  • 事前予約にて当日3,000円を支払って利用する
  • ドコモのプレミアムクーポンを利用(dポイントクラブのシルバー会員以上)

事前予約にて当日3,000円を支払って利用する

事前予約すれば当日3,000円を支払って利用できますが、小児も同額の料金を支払わなければなりません。満3才未満の子供は無料です。支払いは日本円・現金のみです。クレジットカードやクーポンは利用できません。国内線個人運賃、または国内線特典航空券にて羽田発JALグループ便を利用する人が対象でツアー運賃で搭乗する場合は利用できません。

ドコモのプレミアムクーポンを利用

dポイントクラブは、入会金無料・年会費無料の誰でも入会できるポイントプログラムです。ドコモのケータイ回線を持っていなくても申し込めます。

dポイントクラブには、ステージという仕組みがあり、ステージによって特典が変わります。ステージは全部でレギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールドの4つです。ゴールドに近づけば近づくほど特典が豪華になっていきます。

シルバー以上になれば、プレミアムクーポンを利用できます。そのプレミアムクーポンの中に「JALのサクララウンジ利用」があります。ただし、抽選なので必ず利用できるとは限りません。抽選に参加するにはJALマイレージバンクのお得意様番号が必要です。

通常であれば各ステージは、dポイント獲得数やドコモ継続利用期間によって決定します。しかし、例外的にdカードGOLDを保有すれば無条件に「ゴールドステージ」へ優待されます。

ドコモが発行しているクレジットカードにdカードがあります。 dカードは、「dカード」と「dカードGOLD」の2種類があります。この記事...

<各ステージの決まり方>

  レギュラー ブロンズ シルバー ゴールド
dポイント獲得数※ 600ポイント未満 600ポイント以上 3,000ポイント以上 10,000ポイント以上
ドコモ継続利用期間 10年以上 15年以上
dカード契約者
dカードGOLD契約者

※6か月間でたまったdポイント獲得数

<各ステージの特典>

  レギュラー ブロンズ シルバー ゴールド
dポイントクラブクーポン
スペシャルクーポン
プレミアムクーポン
ドコモのケータイ、「ドコモ光」の
利用金額1,000円につき
10ポイント 10ポイント 10ポイント 100ポイント

サクララウンジを利用した感想

羽田空港 JAL国内線のサクララウンジは、北ウイングと南ウイングの2か所にあります。どちらも保安検査場を通過した場所にあるので出発時刻ギリギリまで休憩できます。

今回は南ウイングのサクララウンジを利用してきたので、早速レポートしていきます。

サクララウンジの入口は、高級感があります。

中に入ると右側にライトアップされた階段とエスカレーターがあります。写真には写っていませんが、まっすぐ進むとエレベータもあります。ベビーカーや車椅子でも安心して利用できます。

ラウンジ内からは外の風景を楽しめます。

とにかく広いです。訪れたときは平日だったこともあり利用者のほとんどがビジネスマンでした。

仕事に集中できる席や仮眠室、リラックスできる席など幅広い種類の席が用意されています。

ソフトドリンクは、無料で飲み放題です。

コーヒーも無料で飲めます。

煎茶も無料で飲めます。湯呑みの裏側にはJALのロゴマークが刻印されています。

同じくコーヒーカップの背面にもJALのロゴマークが刻印されています。

そしてビールも無料で飲めます。ビールが好きな私としては最高のメリットです。左から「サントリー・モルツ」、「キリン・一番搾り」、「アサヒ・スーパードライ」。

別の場所には「キリン・一番搾り」と「サッポロ・黒ラベル」のビールサーバーがあります。

実際にビールサーバーから注いだ時の動画です。自動的にグラスが斜めになってビールが注がれ、その後に泡が注がれます。誰でも簡単に美味しいビールが注げます。

ビールのお供「あられミックス(柿の種)」も食べ放題です。

ビールを飲みながら飛行機を眺められます。ちょっとした贅沢です。私はビールが好きなので2杯飲みました。柿の種もおかわりしました。

新聞や雑誌類も多く用意されています。

こどもラウンジ(Baby&Kids Lounge)

羽田空港のサクララウンジには、こどもラウンジが完備されています。ラウンジは、基本的には静かな雰囲気なので子連れの人には最高に助かります。

こどもラウンジの入り口です。

こどもラウンジ内は、子供用のアニメが放映されています。この時は、ディズニーアニメでした。絵本もあります。また、子供が遊べるスペースまで完備されています。

大きな声を出してもラウンジの外に大きな影響はありません。多少の声は聞こえます。

椅子とテーブルも用意されているので、子供を遊ばせている間、大人はビールやコーヒーなどを飲みながら休憩できます。子供が飛行機好きなら一緒に飛行機を見ることもできます。

絵本の種類も豊富に用意されています。

レディースラウンジ(Ladies’ Lounge)

羽田空港のサクララウンジには、レディースラウンジまであります。

レディースラウンジの入り口です。

レディースラウンジ全体の雰囲気。

化粧直しもできます。

休憩することもできます。

まとめ

羽田空港 JAL国内線のサクララウンジはとても使い勝手が良かったです。

特に「こどもラウンジ」はすごく良かったです。子供と一緒にラウンジに行くとどうしても周りの視線が気になります。親としてはすごく肩身の狭い思いをします。少しでも子供がぐずったら急いでドリンクを飲み干してラウンジを出ます。

しかし、こどもラウンジでは周りに気を遣う必要もないので、ものすごく助かりました。

子連れで飛行機を利用する人は、機会があればぜひ一度利用してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)