【レビュー】「金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」の口コミ・評価・飲み方・成分を解説!

シェアする

リンクユニット(adsense)

正面から撮った青汁の箱

日本薬健が販売している青汁に「金の青汁25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」があります。

日本薬健といえば大麦若葉100%金の青汁ですが、大麦若葉に多種の純国産野菜や乳酸菌と酵素を配合した商品として、2017年3月に発売されました。

箱の色合いもデザインも、大麦若葉100%の金の青汁とよく似ていますので間違えないように…私は、大麦若葉100%の方を買おうとしていた時に、間違えてこちらを購入してしまいました。

金の青汁については以下の記事を参考にして下さい。

日本薬健が販売している青汁に「金の青汁」があります。 特徴はなんといっても大麦若葉100%ということです。パッケージによると国産青汁市...

それでは早速レビューしていきます。

日本薬健 金の青汁25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素について

特長

ざっくり特長を理解するには公式動画が参考になります。

要約すると次のような特長があります。

  • 栽培から製造にいたるまで「純国産」の主原料のみを使用
  • 農薬不使用栽培の主原料のみを使用
  • 主原料の大麦若葉は定期的に308項目の残留農薬検査と放射能検査を実施
  • 腸まで届く乳酸菌200億個配合(1パックあたり)
  • 飲みやすい沖縄黒糖使用
  • 品質管理レベルの高い国内工場でのみ製造
  • 美味しさ鮮度にこだわった高品質の青汁

原材料名・主成分

パッケージの原材料名

青汁の箱に印刷してある原材料表

名称 : 大麦若葉加工品
原材料名 :大麦若葉粉末(九州産)、水溶性食物繊維、還元麦芽糖、ケール粉末、黒糖,澱粉、パパイヤ抽出物、殺菌乳酸菌末(乳成分を含む)、野菜粉末(オクラ、キャベツ、ケール、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ、シイタケ、ブロッコリー、アシタバ、アスパラガス、エダマメ、コマツナ、セロリ、ダイコン、ダイコン葉、タマネギ、パセリ、ホウレンソウ、レモン、レンコン)桑葉粉末、ニガウリ粉末、モロヘイヤ粉末、ボタンボウフウ(長命草)粉末、きな粉(大豆を含む)

栄養成分表示

青汁の箱に印刷してある栄養成分表

栄養成分表示(1パック/3.5gあたり)

エネルギー 10.7kcal / たんぱく質 0.4g/ 脂質 0.1g / 糖質 1.3g / 食物繊維 1.5g / ナトリウム0.8mg / ビタミンA 0.6~60μg / ビタミンB1 0.01mg / ビタミンB2 0.02mg / ビタミンC 0.28mg / ビタミンE 0.05mg / ビタミンK 47μg /葉酸 6μg / カルシウム 9mg / マグネシウム 3mg / カリウム 40mg / 鉄 0.8mg

※1日につき1~2パックの摂取が目安

1杯で国産野菜25種!さらに乳酸菌200億個と活きた酵素をプラス!!

『金の青汁25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素』は大麦若葉を主原料に、ムラサキイモ、アスパラガス、セロリ、カボチャ、モロヘイヤ、長命草、ケールなど25種の純国産野菜が使用されています。

今まで私が飲んだ青汁の中では多いもので10種類でしたが、この商品はそれを上回る25種類の野菜を使用し、さらに乳酸菌と酵素まで入っています。

乳酸菌は善玉菌と悪玉菌のバランス・腸内環境を整え、酵素は消化や代謝をサポートする働きがあります。

購入場所・購入方法

購入は、ネット購入やドラッグストア、スーパーマーケットなどの店舗でも購入できるので、とても手軽で便利です。

金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素ってどんな青汁?

正面から撮った青汁の箱

幅約13×高さ17cm、そして奥行き6.5cmの箱に入っています。

箱の蓋を開け、中にある30包の青汁スティックの上部が見えている

金色のスティック状の袋が、30パック乱雑に入っています。

青汁の箱の前に分包7本を扇状に並べてある

何本か取り出してみると、キラキラした少し長めの35mm×140mmのスティックタイプで、外出時の携帯にも便利です。

青汁粉末1袋の封を開け、白い小皿に山盛りにする

金の青汁だけど緑色(笑)

中身の粉末1回分(3.5g)です。封は指先で簡単に切れました。

開けてすぐに大麦若葉の香りが漂います。指で摘まむと顆粒のような粉末のような…同社シリーズ商品の【金の青汁大麦若葉100%青汁】とは違って、スティックを傾けるとサラサラと一度に全部流れ出てきました。

舐めると大麦若葉の風味とほんの少しの甘み、舌にひっかかるようなザラつきがあります。白い粒(恐らく糖分)が混ざっています。

実際に「金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」を飲んでみた感想

お水に溶かして

青汁粉末を1袋、コップに流し込んでいる

コップに青汁粉末を1袋(3.5g)…サラサラと流れ出て底の方で細かい粉がふわっと舞い上がりました。

青汁の粉末が入ったコップに水を注ぎ、粉末が混ざっていく

100mlの水を注ぐと同時にみるみる溶けていきました。白い粒も踊っているのが分かります。

できあがった青汁をコップの真上から見る

上から見ても、白い粒は残っているのが見えます。

ほど良い甘みで、さっぱりおいしい青汁

まずは水で試してみましたが、喉越しや舌に残るザラつき、引っかかる感じも少ないです。味も、還元麦芽糖と沖縄黒糖が配合されているのでほど良い甘みが感じられます。

水以外でも試してみた

お湯に溶かして

青汁の粉末を入れた湯呑みにぬるま湯を注いでいる

60度くらいのぬるま湯を注ぎます。

湯呑みにお湯を注ぎ終わり、すっかり溶けた青汁粉末

白い粒は少し残りますが、お湯を注いだだけでほとんど混ざります。

真上から見ると、まるで抹茶のように濃い緑色の青汁

かるくかき回しました。濃い緑色がきれいです。味も水同様にとても飲みやすい。温めたことで、水で作った時よりも甘みが強く感じられました。少し薄めのお汁粉のようなのど越し。

牛乳に溶かして

青汁の粉末が入ったコップに牛乳を注ぎ、青汁粉末が混ざっていく

コップに青汁粉末を入れ、牛乳(100ml)を注ぎます。

牛乳を注ぎ終わり、かなり溶け残りの粉末がコップにへばりついている

溶け残りをマドラーでかき混ぜて、すっかり溶けたように見える

注ぐだけでは全然溶けませんし、コップの底にダマが残っていたのでしっかり混ぜないとダメです。

できあがった青汁ミルクをコップの真上から見る

上から。おいしそう。

牛乳の甘みに青汁の控え目な甘みがプラスされて、私にはちょうど良い甘さになりました。水やお湯に混ぜた時に比べると、舌ざわりもまろやかになってとても飲みやすいので、子供にもおすすめです。

ヨーグルトに混ぜて

青汁粉末を1袋ヨーグルトにふりかける

100gのプレーンヨーグルトに混ぜます。

スプーンでかき混ぜている途中の、マーブル状に混ざった青汁ヨーグルトを真上から見る

すっかり混ざって、抹茶ミルク色の青汁ヨーグルトを真上から見る

しっかりかき回すと、とてもきれいに混ざりました。味は、ほんのり甘くさっぱり。青汁の舌ざわりはほんの少し残りますが、とても食べやすくなりました。

青汁ヨーグルトの上にマヌカハニーを垂らしている

話題の、濃厚なマヌカハニーをプラスして…。

マヌカハニーを混ぜたおいしそうな青汁

甘さも免疫力もアップ!より健康的においしくいただきます。

色々と試した結果

飲みやすく、食べやすいと思いました!

その理由は、とても控え目な甘さです。ほんの少し甘さを加えるだけで、こんなに飲みやすくなるんだという証明をしてくれた青汁です。

大麦若葉100%の青汁は嫌だけど、かと言って糖分たっぷりの飲みやすさ重視した青汁もちょっとな…という人におすすめの青汁!

金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素 の良い所(メリット)

契約農家の手で無農薬栽培された国産の大麦若葉をが主原料の青汁で、副原料・香料・添加物・防腐剤などは一切使用されていません。

糖分も極力抑えてあるので過剰摂取の心配もなく、多くの野菜から食物繊維、ビタミン、ミネラル、乳酸菌や活性型酵素などの多くの栄養素をたっぷりと補うことができるので、野菜不足や腸内環境の改善におすすめです。

1日の摂取量が1~2袋が目安となっているので、その日の食事内容によって自分で調整できるのも、とても便利です。

金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素のダメな所(デメリット)

特になし!

私の感想からすると特に見当たりません。

しいてあげるなら、甘さ控えめなので、甘くてのみやすーーーい青汁が飲みたい!という人には向いていないかもしれません。

まとめ

私が今まで飲んだ甘味料プラスの青汁の中で言うと、甘みが一番控え目で、さっぱりとして飲みやすく、とにかくおすすめしたい青汁です。

【金の青汁25種の純国産野菜乳酸菌×酵素】は、同社シリーズ商品の【大麦若葉100%の青汁】の良いところはそのままに、25種の純国産野菜と乳酸菌、酵素をプラスしてグレードアップされた青汁。

世間には、高額な青汁もたくさんありますが、品質的にも成分的にも劣ることなく、それでいて家計にやさしく、ドラッグストアで気軽に購入できて作りやすく飲みやすい…こんなに良いことはありません。初心者の人にも、そうでない人にもおすすめしたい青汁です。 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)