【悲報・改悪】ライフカードの誕生月ポイントが5倍から3倍に!その他変更点まとめ

シェアする

リンクユニット(adsense)

ライフカードは2017年7月以降に、大幅な各種特典・サービスの変更を実施しました。

変更といえば、聞こえはいいですが、実際には改悪です。改悪情報をまとめましたので紹介します。

ライフカードのについては、以下の記事にまとめています。

ライフカードは、年会費無料で誕生日ボーナスのあるクレジットカードです。使い方次第では、とてもお得になります。 追記:2017年7月に改...

ライフカードの変更内容

ステージ制プログラムの変更

ステージ制プログラムという制度があります。このプログラムは年間利用金額が多ければ多いほど、翌年のポイント還元率をアップしてくれるというサービスです。

今回の変更点は2点あります。

  • ロイヤル(1.8倍)ステージの新設
  • プレミアムステージ条件の改悪

変更前と変更後を比較すると次の通りになります。

<変更前>

ステージ前年の利用金額翌年のポイント
レギュラー50万円未満1倍(0.5%)
スペシャル50万円以上1.5倍(0.75%)
プレミアム150万円以上2倍(1%)

<変更後>※赤字が変更点

ステージ前年の利用金額翌年のポイント
レギュラー50万円未満1倍(0.5%)
スペシャル50万円以上1.5倍(0.75%)
ロイヤル100万円以上1.8倍(0.9%)
プレミアム200万円以上2倍(1%)

ロイヤルステージが新設されることは、大きなメリットです。今まで、100万円以上利用していても150万未満であれば1.5倍でした。今後は100万円以上利用していれば、新設されたステージに該当するので還元率は0.9%にアップします。

ステージが新設されたというメリットの一方で、プレミアムステージの条件が厳しくなるというデメリットもあります。今までは、150万円以上でポイント2倍でしたが、変更後は200万円以上利用する必要があります。

誕生月ポイントの倍率が5倍から3倍に

ライフカードの最大の特徴ともいえる誕生月ポイントの倍率が、2017年7月1日以降、5倍から3倍に下がります。還元率換算だと、2.5%から1.5%となり、1%の低下です。

1.5%でも十分高いのですが、2.5%と比べると還元率は大きく違います。

クレジットチャージやライフETCカードがポイント付与対象外へ

楽天Edyクレジットチャージ、nanacoクレジットチャージおよびライフカードで販売しているJCBギフトカードの購入分について、1,000円につき0.5ポイント(還元率0.25%)付与されていました。しかし、2017年7月1日以降、一切ポイントが付与されなくなりました。

また、ステージ判定するための「プログラム期間中の利用金額合計」にも加算されません。

さらに改悪情報は続きます。ポイント還元率0.5%だったライフETCカードもポイント付与対象から除外されてしまいました。ETCカードの利用も、ステージ判定するための「プログラム期間中の利用金額合計」に加算されません。

ライフETCカードは、年会費無料で保有でき、ポイントも貯まるカードでした。ポイントが付与されないとなると、ETCカードは、他のクレジットカードを利用した方が良いでしょう。

 変更前変更後
楽天Edyクレジットチャージ1,000円につき0.5ポイント
(還元率:0.25%)

付与されなくなった。

※ステージ判定するための「プログラム期間中の利用金額合計」には加算されない。

nanacoクレジットチャージ
ライフカードで販売しているJCBギフトカードの購入
ライフETCカードの利用1,000円につき1ポイント
(還元率:0.5%)

ポイント交換特典の一部廃止と交換レートの改悪

ポイント交換特典のうち、10,000円以上の券種が廃止されたカードがあります。

<10,000円以上の券種が廃止になるカード>

  • JCBギフトカード
  • 図書カードNEXT
  • QUOカード
  • JTB旅行券
  • Amazonギフト券
  • Vプリカ

さらにVプリカの場合は、3,000円分と5,000円分の交換ポイント数の改悪、ANAマイレージクラブとGポイントの移行レートの改悪、家族間でポイント進呈できるポイントギフトの廃止など、改悪対象は多いです。

これらの改悪内容を変更前と変更後で比較してみます。

Vプリカ

Vプリカの交換は、3,000円分と5,000円分以外は、全て廃止になりました。さらに、残った3,000円分と5,000円分に対しても交換ポイントの改悪がおこなわれました。

Vプリカ
金額変更前変更後
必要ポイント数還元率必要ポイント数還元率
3,000円分590ポイント0.508%600ポイント0.50%
5,000円分980ポイント0.510%1,000ポイント0.50%
10,000円分1,780ポイント0.561%廃止
20,000円分3,550ポイント0.563%廃止
50,000円分8,700ポイント0.574%廃止
100,000円分14,800ポイント0.675%廃止

Amazonギフト券

Amazonギフト券もVプリカ同様に、等価レートの5,000円分以外は、全て廃止になりました。

Amazonギフト券
金額変更前変更後
必要ポイント数還元率必要ポイント数還元率
5,000円分1,000ポイント0.50%1,000ポイント0.50%
10,000円分1,800ポイント0.555%廃止
20,000円分3,600ポイント0.555%廃止
50,000円分8,800ポイント0.568%廃止
100,000円分15,000ポイント0.666%廃止

その他の券種

JCBギフトカード・図書カードNEXT・QUOカード・JTB旅行券も、等価レートの5,000円分以外は、全て廃止になりました。

JCBギフトカード / 図書カードNEXT / QUOカード / JTB旅行券
金額変更前変更後
必要ポイント数還元率必要ポイント数還元率
5,000円分1,000ポイント0.50%1,000ポイント0.50%
10,000円分1,800ポイント0.555%廃止
50,000円分8,800ポイント0.568%廃止
100,000円分15,000ポイント0.666%廃止

ANAマイレージクラブとGポイントの移行レートの変更

ANAマイレージクラブとGポイントの移行レートも改悪されました。

移行先サンクスポイント変更前変更後
ANAマイレージクラブ300サンクスポイント900マイル750マイル
Gポイント300サンクスポイント1500Gポイント1200Gポイント

ポイントギフトの廃止

ポイントギフトは、家族間でポイントを分け合えるサービスです。このサービスを利用すれば、家族のポイントを一つに集約して、よりお得な還元率のギフトカードなどと交換することができました。

2017年7月1日以降は、ポイントギフトは廃止になります。

まとめ

今回の改悪で大きな影響をうけるのは、ライフカード最大の特徴である誕生月ポイントの改悪だと思います。

また、ライフカードをメインカードとして利用している人からすると、ライフETCカードのポイント付与廃止や、ステージ制プログラムの変更も影響をうけるでしょう。

ライフカードの変更点をまとめると次の通りです。

  1. ステージ制プログラムの変更(ロイヤルステージの新設と、プレミアステージへの昇格条件の改悪)
  2. 誕生月ポイントの倍率が5倍から3倍に
  3. クレジットチャージやライフETCカードがポイント付与対象外へ
  4. ポイント交換特典の一部廃止と交換レートの改悪

公式サイト ライフカード

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)