アメックスグリーンとゴールドの違いを比較!どっちがおすすめ?

コロナアラート

アメックス・グリーン・カードとアメックス・ゴールド・カード

アメックスのカードといえば、年会費が一般的なカードと比べると割高ですが、他のクレジットカードにはないサービスや特典をうけられます。

カードフェイスは文句なしにカッコよく、それでいて国際ブランドとしての評価も高いため、いつかはアメックスカードを持ちたいと考えている人も少なくないです。

今回はアメックス・グリーン・カードとアメックス・ゴールド・カードの違いを比較していきます。

アメックスは入会キャンペーンが充実しています。キャンペーンの内容については以下のリンクから確認できます。

アメックスグリーンとアメックスゴールドの違い・比較

アメックス・グリーンとアメックス・ゴールドの違いは、以下の比較表の通りです。黄色の項目がグリーンとゴールドで違う部分です。

カード名アメックス・グリーンアメックス・ゴールド
デザインアメリカン ・エキスプレス®・カード(アメックス・グリーンカード)アメリカン ・エキスプレス®・ゴールド・カード(アメックス・ゴールドカード)
発行会社American Express International, Inc.
年会費13,200円(税込)31,900円(税込)
入会条件原則として20歳以上の定職に就いている方
※パート・アルバイトの方は申込不可
家族カード6,600円(税込)1枚無料
※2枚目以降13,200円(税込)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料は1枚につき935円(税込)
国際ブランドAmerican Express
電子マネーApple Pay、タッチ決済
ポイントメンバーシップ・リワード®
ポイント有効期限ポイント獲得月から最大3年
※特定の条件を満たすと有効期限が無期限に
ポイント付与率1.0%
※100円(税込)ごとに1ポイント
※1ポイント0.3~1円相当
締め日/支払日登録金融機関により異なる
海外旅行傷害保険最高5,000万円
(利用付帯)
最高1億円
(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円
(利用付帯)
最高5,000万円
(利用付帯)
航空便遅延費用補償(海外旅行)
※最高4万円
ショッピング保険最高500万円最高500万円
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
※最高10万円
スマートフォン・プロテクション
※年間最高5万円
オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション1商品につき
最高3万円
1商品につき
最高3万円
JR東海エクスプレス予約サービス
ザ・ホテル・コレクション
京都特別観光ラウンジ
※同伴者3名まで無料
空港ラウンジ
※同伴者1名まで無料

※同伴者1名まで無料
プライオリティ・パス
※1回あたり32ドル


※年間2回まで無料
旅・Fun
手荷物無料宅配サービス
大型手荷物宅配優待特典
エアポート送迎サービス
※年間2回まで

※年間4回まで
空港パーキング

無料ポーターサービス
グローバル・ホットライン
オーバーシーズ・アシスト
※グローバル・ホットラインの上位版
海外用レンタル携帯電話特典
レンタカー5%OFF
新国立劇場での特典
ゴールド・ダイニング by 招待日和
ゴールド・ワインクラブ
継続特典①
ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン

※15,000円相当
継続特典②
スターバックス特典

※3,000円分

主な違いを書き出すと以下の通りになります。

アメックス・ゴールド・カードの方が充実しているサービス・特典

  • 海外旅行傷害保険
  • プライオリティ・パス
  • エアポート送迎サービス

アメックス・ゴールド・カード限定のサービス・特典

  • 航空便遅延費用補償(海外旅行)
  • キャンセル・プロテクション
  • スマートフォン・プロテクション
  • ザ・ホテル・コレクション
  • 京都特別観光ラウンジ
  • オーバーシーズ・アシスト
  • ゴールド・ダイニング by 招待日和
  • ゴールド・ワインクラブ
  • 継続特典
    • ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン
    • スターバックス特典

アメックス・ゴールドの方が充実しているサービス・特典

海外旅行傷害保険

アメックス・グリーンとアメックス・ゴールドでは、海外旅行傷害保険の内容が違います。大きな違いは補償金額です。

どちらのカードも利用付帯なので、カードを利用することによってはじめて保険が適用されます(例:事前に旅行代金を対象カードで支払うなど)。

またどちらのカードも家族特約が付帯しており、カード会員本人のほかに家族も補償をうけられます。補償対象者は、配偶者およびカード会員と生計を共にする子供・両親などの親族です。親族とは、6親等以内の血族、3親等以内の姻族です。

それぞれのカードの保険金額は以下の通りです。

アメックス・グリーンアメックス・ゴールド
本会員家族本会員家族家族カード
傷害死亡・後遺障害保険金
最高
5,000万円
最高
1,000万円
最高
1億円
最高
1,000万円
最高
5,000万円
傷害治療費用保険金
100万円300万円最高
200万円
最高
300万円
疾病治療費用保険金
100万円300万円最高
200万円
最高
300万円
賠償責任保険金
最高
3,000万円
最高
4,000万円
携行品損害保険金
(免責3,000円 / 年間限度額100万円)
1旅行中
最高30万円
1旅行中
最高50万円
救援者費用保険金
最高
200万円
最高
400万円
最高
300万円
最高
400万円

プライオリティ・パス

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスは、プライオリティ・パス社が提供する世界約130の国や地域、約500の都市で約1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。

プライオリティ・パス自体は、特定のクレジットカードなどを持っていなくても年会費さえ支払えば誰でも発行できます。ただし公式ホームページからプライオリティパスを申し込むと年会費の高さに圧倒されます。

プライオリティ・パスの会員プラン一覧

プライオリティ・プランの会員プラン

プラン年会費内容(利用料金)同伴者の利用料金
スタンダード99ドル利用するたびに32ドル必要32ドル
スタンダード・プラス299ドル10回まで無料で利用可能
10回を超えると利用するたびに32ドル必要
プレステージ429ドル無制限に利用可能

最低のスタンダードプランでも99ドルです。ただし、キャンペーンを定期的に実施しているので、実際にはもう少し安く入会できる可能性があります。キャンペーン情報ならびにプライオリティ・パスの詳細については以下の公式サイトから確認してください。

年会費は為替の影響で多少前後します。以下に70~150円の範囲(5円単位)で年会費を日本円表記にしてみましたので参考にしてください。

米ドル/円プラン
スタンダードスタンダード・プラスプレステージ
150円14,850円44,850円64,350円
145円14,355円43,355円62,205円
140円13,860円41,860円60,060円
135円13,365円40,365円57,915円
130円12,870円38,870円55,770円
125円12,375円37,375円53,625円
120円11,880円35,880円51,480円
115円11,385円34,385円49,335円
110円10,890円32,890円47,190円
105円10,395円31,395円45,045円
100円9,900円29,900円42,900円
95円9,405円28,405円40,755円
90円8,910円26,910円38,610円
85円8,415円25,415円36,465円
80円7,920円23,920円34,320円
75円7,425円22,425円32,175円
70円6,930円20,930円30,030円

プライオリティ・パスについては、アメックス・グリーンもアメックス・ゴールドも、「スタンダードプラン」に年会費無料で登録できます。

  • アメックス・グリーン:1回32米ドル
  • アメックス・ゴールド:1回32米ドル(年間2回まで無料)

通常1回32米ドルの利用料がかかりますが、アメックス・ゴールドなら年間2回までの利用なら無料です。3回目以降は、1回の利用につき32米ドルの利用料がかかります。

エアポート送迎サービス

アメックス・グリーンとアメックス・ゴールド会員は、海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MKグループ)の車をカード会員専用にチャーターし、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金にて提供してもらえます。

  • 対象空港:成田国際空港、羽田空港(国際線利用のみ)、関西国際空港、中部国際空港
HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービスにて国際航空券、海外パッケージツアーを購入の場合に利用できます。

サービス自体は、ほぼ同じですがアメックス・グリーンとアメックス・ゴールドでは以下の通り年間の利用回数が異なります。利用回数は、片道を1回とし本会員と家族カード会員の利用は合算されます。

  • アメックス・グリーン:年間2回まで
  • アメックス・ゴールド:年間4回まで

また、送迎料金も券種によって異なります。最安はアメックス・プラチナですが、次いでアメックス・ゴールド、一番高いのがアメックス・グリーンになります。

公式サイト エアポート送迎サービス(アメックス・グリーン)
公式サイト エアポート送迎サービス(アメックス・ゴールド)

アメックス・ゴールド限定のサービス・特典

航空便遅延費用補償(海外旅行)

アメックス・ゴールドには、アメックス・グリーンには付帯していない航空便遅延費用補償(海外旅行)が付帯してます。

航空便遅延費用補償(海外旅行)は、基本カード会員本人が海外に旅行の際、航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償してくれます。

また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償対象です。

担保項目保険金額
(本会員)
乗継遅延費用
(客室料金・食事代)
最高2万円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用
(食事代)
最高2万円
受託手荷物遅延費用
(衣料などの購入費用)
最高2万円
受託手荷物紛失費用
(衣料などの購入費用)
最高4万円
保険の対象者は基本カード会員のみ(家族カード会員は補償対象外)。

キャンセル・プロテクション

アメックス・ゴールドには、アメックス・グリーンには付帯していないキャンセル・プロテクションが付帯してます。

急な出張や病気・ケガによる入院などにより、カードで代金を支払い済みの旅行やコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を年間最高10万円まで補償(同行する予定のあった配偶者の分も併せて補償)してもらえます。

この画期的なサービスは、アメックス独自のサービスです。

支払い補償金の限度額(年間最高)はキャンセル理由に応じて異なります。

  • 入院(死亡・傷害・または疾病):10万円
  • 通院(傷害):3万円
  • 社命出張:10万円(年間1回まで)
自己負担額
「1,000円」または「キャンセル費用の10%に相当する額」のいずれか高い額

スマートフォン・プロテクション

アメックス・ゴールド会員は、事故発生時点でスマートフォンの通信料を少なくとも3ヶ月以上連続して、アメックス・ゴールド・カードで決済している場合、以下の補償をうけられます。

  • 補償対象:スマートフォン(1台のみ)
  • 補償範囲:破損(スクリーンガラス割れ損害含む)
  • 対象端末:購入日より2年以内のスマートフォン
  • 年間支払限度額:5万円
  • 免責金額:1事故につき1万円
  • 保険期間:1月1日午前0時より1年間
対象は基本カード会員のみ(家族カード会員は補償対象外)。

ザ・ホテル・コレクション

アメックス・ゴールドには、アメックス・グリーンには付帯していないザ・ホテル・コレクションというサービスを利用できます。

ザ・ホテル・コレクションとは、厳選された600以上のホテルに優待料金で宿泊できるプログラムです。

2泊以上の予約で以下の特典をうけられます。

  • 館内施設の利用代金より100米ドル相当オフ
  • 部屋のアップグレード(空室状況・客室タイプによってはアップグレード不可)

公式サイト ザ・ホテル・コレクション

京都特別観光ラウンジ

アメックの高台寺塔頭 圓徳院「京都特別観光ラウンジ」の入口にある看板

アメックス・ゴールド会員は、アメックス・グリーンが利用できない高台寺塔頭 圓徳院「京都特別観光ラウンジを利用できます。

圓徳院の拝観券売場で、カードを提示すれば以下のサービスをうけられます。

  • 圓徳院書院・知客寮にてお茶の接待
    • ※宇治茶、梅湯、昆布茶、香煎茶など日よって変わります
  • 夏季期間中は、冷たい麦茶、冷やし飴
  • 圓徳院の拝観無料(通常は大人500円)
  • 高台寺掌美術館の拝観割引
  • 高台寺の駐車場1時間無料サービス
  • 同伴者3名まで利用可能

アメックス京都特別観光ラウンジについては、以下の記事で詳細に解説しています。

高台寺塔頭 圓徳院(こうだいじたっちゅう えんとくいん)にアメックス京都特別観光ラウンジというアメックスの上級カード会員が利用できるラウ...

オーバーシーズ・アシスト

オーバーシーズ・アシストは、海外で日本語サポートしてくれるサービスです。レストランの予約をはじめ、医療機関の紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料またはコレクトコールで連絡できます。

地域によっては、アメリカン・エキスプレスを代行する日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(EAJ)によって提供されます。

このサービスは、カード会員はもちろん、カード会員に同行する家族も利用できます。ここで指している家族は、配偶者、子供など生計を共にする親族です。「生計を共にする」とは、健康保険証を共用しているか、税法上扶養関係にあることです。

具体的には以下のようなサービスをうけられます。

  • 旅行関連サービス
    • 航空券の予約、発券の手配、予約の再確認、変更
    • ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
    • レンタカー/リムジン・サービスの案内、予約、取消
    • ローカル・ツアーの案内、予約、取消
  • レストランの案内、予約、取消
  • ゴルフ・コースの案内、予約、取消
  • 主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
  • 天気予報
  • パスポート、査証、予防接種等についての案内
  • 最寄りの日本大使館、領事館の案内
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
  • フラワー・デリバリー・サービスの手配
  • その他のカードに関する問い合わせ
  • 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除きます。)
  • 通訳派遣のアレンジメント
  • 緊急メッセージの伝言サービス
  • 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
  • カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い

ここまでは、アメックスグリーンでも利用できる「グローバル・ホットライン」のサービスと同じです。しかし、オーバーシーズ・アシストの場合は以下の緊急支援サービスを利用できます。

  • メディカル・サービス
    • 電話医療相談サービス
    • 病院紹介サービス
    • 病院の予約および入院の手配サービス
    • テレフォン・アシスト・サービス
    • 医療機関への信用保証サービスおよび資金援助サービス
    • 緊急移送サービス
    • 医療関連の派遣サービス
    • 治療経過・管理サービス
    • ご家族への緊急事態連絡サービス
    • 帰国手配サービス
    • 遺体送還
  • リーガルアシストサービス
  • その他のサービス(会員が希望するサービスを提供)

公式サイト オーバーシーズ・アシスト

ゴールド・ダイニング by 招待日和

アメックス・ゴールド会員は、国内外約250店舗のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代が無料になります。

1店舗につき半年に1回(A・B期間それぞれ1回)利用できます。半年間の定義は以下の通りです。

  • A期間…4月1日から9月30日まで1回
  • B期間…10月1日から翌年3月31日まで1回

利用する場合は、利用日の3営業日前(海外店舗は7営業日前)に、ウェブサイトから予約する必要があります。電話では予約できません。

利用時のコースメニューは決まっているため、他のコースは選べません。コースには飲み物は含まれていません。

基本カード会員のみ登録、利用できます。家族カード会員は対象外です。

ゴールド・ワインクラブ

アメックス・ゴールド会員は、入手困難な希少価値の高いワインをはじめ、季節のおすすめワインをゴールド・ワインデスクにて紹介・購入できます。

カード会員専用の電話窓口で、以下のような内容にエノテカ・オンラインのソムリエやバイヤーが答えてくれます。

  • ワインの銘柄に関する質問
  • 予算に応じたワイン選びの相談
  • ワインについての基礎的な知識から専門的な情報

会員は購入時に以下のような特典をうけられます。

  • ギフトボックス無料サービス
  • 11,000円(税込)以上の利用で送料無料

公式サイト ゴールド・ワインクラブ

アメックス・ゴールドの継続特典

アメックス・ゴールド・カードには、アメックス・グリーン・カードにはない継続特典があります。カードを更新することで以下の2つの特典をうけられます。

  • ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン
  • スターバックス特典
継続特典は基本カード会員のみ対象(家族カード会員は対象外)です。

ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン

アメックス・ゴールド・カードを継続すると、ゴールド・カード会員向け旅行予約サイト「ザ・ホテル・コレクション」の国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に使える15,000円クーポンがプレゼントされます。

ザ・ホテル・コレクションの通常特典(優待料金での宿泊や館内利用100米ドル相当分オフ)と合わせて利用できます。

スターバックス特典

スターバックスの紙カップコーヒー

アメックス・ゴールド・カードを継続すると、スターバックス コーヒー ジャパン公式モバイルアプリ等で使えるドリンクチケット3,000円分がプレゼントされます。

結局どっちがおすすめ?

アメックス・ゴールド・カードの年会費は、初年度から31,900円(税込)で、アメックス・グリーン・カードの年会費は13,200円(税込)です。

差額は18,700円です。

ただし家族カードを持つ場合は、アメックス・グリーンは1枚目から1枚6,600円(税込)なのに対して、アメックス・ゴールドは1枚目が無料です(2枚目以降は13,200円(税込))。それぞれ家族カードを1枚持つことを想定するとアメックス・グリーンが19,800円(税込)、アメックスゴールドが31,900円(税込)なので差額が12,100円まで縮まります。

ポイントは以下の特典に18,700円または12,100円の価値があるかどうかです。

アメックス・ゴールド・カードの方が充実しているサービス・特典

  • 海外旅行傷害保険
  • プライオリティ・パス
  • エアポート送迎サービス

アメックス・ゴールド・カード限定のサービス・特典

  • 航空便遅延費用補償(海外旅行)
  • キャンセル・プロテクション
  • スマートフォン・プロテクション
  • ザ・ホテル・コレクション
  • 京都特別観光ラウンジ
  • オーバーシーズ・アシスト
  • ゴールド・ダイニング by 招待日和
  • ゴールド・ワインクラブ
  • 継続特典
    • ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン
    • スターバックス特典

ゴールド・ダイニング by 招待日和」や「ザ・ホテル・コレクション」を利用すれば容易に年会費を回収できます。2年目以降だと継続特典として国内クーポン15,000円分スターバックスのドリンクチケット3,000円分もプレゼントされるので、さらに年会費の回収は容易になります。

直接的に恩恵をうけられるかどうかは不確定ですが、以下の特典を利用する機会があれば、一気に年会費の差額相当の回収が可能です。

  • 航空便遅延費用補償(海外旅行)
  • キャンセル・プロテクション
  • スマートフォン・プロテクション
  • オーバーシーズ・アシスト
結論!
「ゴールド・ダイニング by 招待日和」や「ザ・ホテル・コレクション」などを利用するなら、アメックス・ゴールド・カードがおすすめです。また、海外保険が充実しているので海外によく行く人アメックス・ゴールド・カードを持つ価値がありそうです。特典内容関係なしにカードフェイスだけでアメックスゴールドを選ぶのもありだと思います。

上記以外の人は、アメックス・グリーン・カードで十分だと思います。

まとめ

年会費が高額で入会を躊躇しているなら、まずはお試しでアメックス・グリーン・カードを使ってみるのもありだと思います。それで合わなければ退会すればいいですし、使い心地が良いならアメックス・ゴールド・カードに切り替えてもよいと思います。

また、アメックス・グリーン・カードを継続するのもありです。

将来的に、アメックス・センチュリオン・カードを目指す人は、いきなりプラチナ・カードに申し込んでクレヒスを積み上げるのがおすすめです。ただし、プラチナ・カードの場合は、年会費が143,000円(税込)と高額なので、一度アメックスのサービスを体験したいのであれば、アメックス・グリーンやアメックス・ゴールドから利用することをおすすめします。

公式サイト アメリカン・エキスプレス・カード
公式サイト アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
公式サイト アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

関連コンテンツ

フォローする