楽天銀行のメリット・デメリット・金利・ハッピープログラムを徹底解説

シェアする

リンクユニット(adsense)

楽天銀行のロゴ

楽天銀行は、国内で二番目のネットバンクとして2001年6月に設立された銀行です。旧銀行名は「イーバンク銀行」です。旧イーバンク銀行は、2009年2月に楽天の子会社になり、2010年5月に商号を「楽天銀行株式会社」に変更しました。

楽天銀行は普通預金の金利がメガバンクよりも高く、楽天証券との連携にも優れています。またハッピープログラムを利用すれば楽天スーパーポイントが貯まります。手数料を楽天スーパーポイントを使って支払うこともできます。

楽天銀行の特典・メリット・デメリットについて紹介していきます。

楽天銀行のメリット

キャッシュカードの種類が豊富

楽天銀行のカードは通常のキャッシュカードも含めて以下の4種類があります。

  • デビット機能付キャッシュカード
  • プリペイドカード(キャッシュカード機能なし)
  • クレジットカード一体型キャッシュカード
  • キャッシュカード

各カードのデザイン・機能などは以下の通りです。

デビット機能付キャッシュカード
カード名 楽天銀行
パンダデビットカード
楽天銀行
デビットカード
楽天銀行
ゴールドデビットカード
楽天銀行
デビットカード
カード
デザイン
楽天銀行パンダデビットカード (JCB) 楽天銀行デビットカード (JCB) 楽天銀行ゴールドデビットカード (Visa) 楽天銀行デビットカード (Visa)
ブランド JCB JCB Visa Visa
発行手数料 無料
※デビット機能付キャッシュカードから
楽天銀行パンダデビットカード(JCB)に切替申込する場合は
発行手数料が540円(税込)かかります。
年会費 永年無料 永年無料 3,086円(税込) 1,029円(税込)
ポイント特典
(1,000円あたり)
10
ポイント
10
ポイント
5
ポイント
2
ポイント
保険・補償・特典 盗難補償 盗難補償 ・ショッピング保険
・盗難補償
・Visaゴールドカード特典
・海外利用サポート 24時間日本語サービス
(Visaのサービスです)
盗難補償
継続について 自動更新
申込可能年齢 16歳以上
プリペイドカード(キャッシュカード機能なし)
カード名 楽天銀行プリペイドカード(JCB)
カードデザイン 楽天銀行プリペイドカード(JCB)
発行手数料 無料
年会費 永年無料
特典 1回のチャージで最大500円分のプレミアムバリューをプレゼント
申込可能年齢 16歳以上
クレジットカード一体型キャッシュカード
カード名 楽天銀行カード 楽天銀行セディナカード 楽天銀行ジョーヌカード
カードデザイン 楽天銀行カード 楽天銀行セディナカード 楽天銀行ジョーヌカード
ブランド JCB Visa Visa
発行手数料 無料
年会費 無料 1,905円(税抜) 無料
ポイント特典
(1,000円あたり)
楽天スーパーポイント
10ポイント
(100円で1ポイント)
わくわくポイント
5ポイント
(200円で1ポイント)
ワールドプレゼント
1ポイント
(1,000円で1ポイント)
申込可能年齢 18歳以上
キャッシュカード機能のみ
カード名 楽天銀行キャッシュカード
カードデザイン 楽天銀行キャッシュカード
発行手数料 無料
年会費 無料
申込可能年齢 誰でも可能

コンビニ・メガバンクなどのATMを利用できる

楽天銀行では以下のATMを利用できます。

ATM提携企業 出金 入金
すべて 3万円未満 3万円以上
セブン銀行 216円 216円 0円
イオン銀行
パッとサッと
PatSat ※1
コンビニATM E-net 270円 270円
ローソンATM
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
ビューアルッテ
VIEW ALTTE ※2
※VIEW ALTTE(ビューアルッテ)ATMでは、入金の取扱いはありません。

※1:阪急電鉄、阪神電車、北大阪急行電鉄、神戸市営地下鉄、南海電鉄の各駅に設置されています。
※2:JR東日本の駅、ビックカメラ、ルミネ等に設置されています。

メガバンクの三井住友銀行のATMを除けば、おおよそのATMを利用できます。特に主要なコンビニATMを全て利用できるため余程のことがない限り困ることはないと思います。

各種手数料

各種手数料は、以下の通りです。

振込手数料

楽天銀行ではViber(バイバー)やメルマネ、Facebookで送信(振込)することも可能になっています。

サービス 宛先 手数料
通常振込・振込予約 楽天銀行口座宛 無料
他の金融機関口座宛 3万円未満 165円
他の金融機関口座宛 3万円以上 258円
ゆうちょ銀行
本人名義口座への振込
ゆうちょ銀行
本人名義口座宛
103円
Viberで送金 楽天銀行でViber連携しているメンバー宛 無料
他行でViber連携しているメンバー宛 165円
Viber連携していないメンバー宛 165円
かんたん振込(メルマネ) 楽天銀行登録済みの メールアドレス宛 無料
楽天銀行未登録の メールアドレス宛 165円
Facebookで送金 楽天銀行でFacebook連携している友達宛 無料
他行でFacebook連携している友達宛 165円
Facebook連携していない友達宛 165円

支払手数料

サービス 宛先 手数料
口座振替(自動引落) ご利用企業宛 無料
即時入金サービス ご利用企業宛 無料
Pay-easy(ペイジー) ご利用企業宛 無料
楽天バンク決済 楽天市場店舗宛 3万円未満 155円
楽天市場店舗宛 3万円以上 257円

その他関連手数料

サービス 宛先 手数料
ゆうちょ銀行
本人名義口座からの入金
自身の楽天銀行口座宛 無料
振込完了後の組戻 自身の楽天銀行口座宛 864円

ハッピープログラム

楽天銀行には、ハッピープログラムという優待サービスがあります。

ハッピープログラムの優待をうけるには、楽天会員の情報と楽天銀行の口座情報を連携させる「楽天会員リンク登録(無料)」を行う必要があります。登録が完了すれば、ハッピープログラムへのエントリーも完了となります。

ハッピープログラムには、以下の5種類の会員ステージが設けられており、ステージを上げると特典が豪華になっていきます。

  • スーパーVIP
  • VIP
  • プレミアム
  • アドバンスト
  • ベーシック

会員ステージは「毎月25日終了時点の預かり資産残高」、または「前月26日~毎月25日の対象商品・サービスの取引件数」で決定します。条件をクリアしている高い方のステージの優遇を翌月の1日から受けることができます。

ハッピープログラムの条件・優遇内容

ハッピープログラムの条件・優遇内容については以下の通りです。

ステージ 条件 ATM利用
手数料
(無料回数)
他行振込
手数料
楽天スーパー
ポイント
獲得倍率
振込手数料の
楽天スーパー
ポイント払い
スーパーVIP 残高300万円以上
または
取引30件以上
7回/月 3回/月 3 支払い可能
VIP 残高100万以上
または
取引20件以上
5回/月 3回/月 3
プレミアム 残高50万以上
または
取引10件以上
2回/月 2回/月 2倍
アドバンスト 残高10万以上
または
取引5件以上
1回/月 1回/月 1倍
ベーシック エントリー 1倍

ベーシックの場合、特典が一切ないので最低でもアドバンストにはステージアップしたいところですね。

ハッピープログラム対象サービス一覧

ハッピープログラムの対象サービス一覧は以下の通りです。

楽天銀行
サービス 条件 獲得楽天スーパーポイント
ベーシック

アドバンスト
プレミアム VIP

スーパーVIP
他行口座からの振込 振込日ごと 1
ポイント

2
ポイント

3
ポイント

JRA 即PAT・楽天競馬・SPAT4への入金 入金日ごと
ボートレースへの入金
KEIRIN.JPへの入金
チャリロトへの入金
Kドリームスへの入金
e-SHINBUN BETへの入金
楽天銀行法人口座からの振込入金 1件ごと
給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取
他行口座への振込
口座振替(自動引落)
楽天バンク決済
Pay-easy(ペイジー)
楽天銀行即時入金サービス
海外送金(送金のみ)
ゆうちょ出金
ATM取引(入出金)
宝くじ(ナンバーズ) 1口ごと 1
ポイント
宝くじ(ロト)
楽天証券 後述の楽天証券を参照

ハッピープログラムの対象サービスを利用すれば、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。プレミアムは2倍、VIPとスーパーVIPなら3倍ポイントが貯まります(宝くじの購入は、ステージに関係なく一律1ポイントです)。

もらえるポイントは、1取引最大3ポイントなのでポイントを貯めるのには向いていませんが、ポイント獲得回数を稼ぐには向いています。

他行口座への振込やATM取引(入出金)も対象ですが、振込手数料無料回数およびATM手数料無料回数を使って行った取引は、ポイント付与や取引件数カウントの対象外です。

楽天証券

株やFX、先物取引などの投資を行っていない人には無縁ですが、普段から投資を行っている人は、証券口座を楽天証券に変更するだけでポイント獲得回数を効率よく稼げます。

楽天証券でハッピープログラムの恩恵をうける場合は、楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ(詳細は後述)」に申込む必要があります。

獲得ポイントと取引件数の概要が以下の通りです。

対象商品 獲得ポイント 取引件数
国内株式
(現物買・現物売)
手数料100円ごとに
1ポイント
手数料4,000円ごとに
1件に換算
国内株式
(信用新規、返済)
手数料100円ごとに
1ポイント
手数料4,000円ごとに
1件に換算
外国株式 手数料100円ごとに
1ポイント
手数料4,000円ごとに
1件に換算
投資信託 残高10万円ごとに
4ポイント
個人向け国債 買付金額3万円ごとに
1ポイント
買付金額100万円ごとに
1件に換算
楽天FX 10枚(10万通貨)ごとに
1ポイント
100枚(100万通貨)ごとに
1件に換算
日経225先物取引
(ラージ)
手数料100円ごとに
1ポイント
手数料4,000円ごとに
1件に換算
日経225先物取引
(ミニ)
手数料100円ごとに
1ポイント
手数料4,000円ごとに
1件に換算
日経225オプション 手数料100円ごとに
1ポイント
手数料4,000円ごとに
1件に換算
カバードワラント 3万ワラントごとに
1ポイント
120万ワラントごとに
1件に換算

※国内株式:IPO、PO、立会外分売は対象外です。信用取引の場合は、現引、現渡は対象外です。
※外国株式:米国株式の手数料は、国内約定日当日の所定の為替レートで円換算した金額で計算されます。中国株式は、香港株、上海A株が対象です。アセアン株式は対象外です。
※投資信託:公社債投信、MRF、MMF、外貨建てMMF、楽ラップ専用ファンドは対象外です。
※楽天FX:楽天MT4は対象外です。
※日経225オプション:SQ決済は、ポイント、取引件数付与の対象外です。
※カバードワラント:満期償還はポイント、取引件数付与の対象外です。

給与・賞与・公的年金の受取りで振込手数料が3回無料

ハッピープログラムの会員ステージがVIP、スーパーVIPでなくても、楽天銀行で給与・賞与・公的年金を受け取るだけで、他行振込手数料が翌月3回無料になります。特典は実際に受け取った月の翌月に付与されます。

給与・賞与を受け取る場合は、「給与振込」の電文で振り込まれる必要があります。「給与振込」以外の電文で受け取った場合は楽天銀行で給与・賞与と判断されず、特典を受けることができません。

ローンの借入れ+楽天銀行口座を返済口座で会員ステージが1つアップ

ローン関連商品の借入れがあり、返済口座を楽天銀行に設定すれば、会員ステージが1ステージアップします。

マネーブリッジ

楽天銀行には、楽天銀行と楽天証券との連携サービス「マネーブリッジ」があります。

マネーブリッジは、楽天銀行と楽天証券の口座間の資金移動が簡単になったり、普通預金の優遇金利やサービスの利用に応じて「楽天スーパーポイント」がもらえるお得なサービスです。

似たようなサービスとして、住信SBIネット銀行のSBIハイブリット預金があります。

具体的には以下のようなサービスを利用でき、金利も優遇されます。

  • 優遇金利(年0.02%→0.10%
  • 自動入出金(スイープ)
  • ハッピープログラム(楽天スーパーポイント・レベルが付与されます)
  • 残高表示サービス(楽天証券のサイトで楽天銀行の残高を表示するサービス)
  • 投資あんしんサービス(信用保証金維持率の回復等が必要な場合に、楽天銀行から自動的に振替るサービス)
  • らくらく入出金手数料無料、原則24時間、リアルタイムで資金移動が可能)

マネーブリッジのサービスは以下のようなイメージです。

楽天銀行(楽天証券)のマネーブリッジのサービス説明

この中で株取引などを行っている人に特に便利なのが、自動入出金(スイープ)です。

買い付け注文時の入金ステップ

楽天証券で買い注文時に自動入出金(スイープ)を設定していれば、楽天銀行から振込手数料無料で自動で即時入金されます。つまり楽天銀行に残高があれば、楽天証券の口座残高を気にすることなく株を買えます。

利用可能時間は0:05~23:55で、利用限度額・利用回数に制限はありません。

ただし以下の商品は対象外なので注意が必要です。特にIPO/公募増資では要注意です。

  • 国内株式の立会外分売、IPO/公募増資、即日徴収規制銘柄等
  • 海外株式
  • 金・プラチナ
  • 楽天FXや先物オプションなどのデリバティブ口座取引

以下のようなイメージで楽天証券の口座残高を気にせず株を買えます。

楽天銀行(楽天証券)の自動入出金(スイープ)の自動入金の説明

証券口座にある現金の出金ステップ

楽天証券口座内にある現金を出金する場合、自動入出金(スイープ)を設定していれば毎営業日22:00ごろに楽天銀行へ自動出金されます。振込手数料はもちろん無料です。

自動出金時に残す金額を設定することもできるので、楽天証券に一定金額を置いておくこともできます。

以下のようなイメージで簡単に出金できます。

楽天銀行(楽天証券)の自動入出金(スイープ)の自動出金の説明

投資をしない場合であってもマネーブリッジの設定をするだけで、普通預金の金利が優遇されるので、楽天証券の口座も開設しないと損です。

金利

楽天銀行の普通預金の金利は、年0.02%です。他の銀行と比べると高金利です。ただし楽天銀行では、金利を引き上げる方法が2つあります。

1つめが「楽天カードのカード利用金額の引落をする」です。楽天カードのカード利用金額の引落がある人は普通預金の金利が、年0.04%になります。

2つめが「マネーブリッジを利用する」です。マネーブリッジの利用者は、普通預金の金利が、年0.10%になります。

以下は、各銀行の普通預金の金利を高い順に並べた一覧です。他の銀行と比較しても楽天銀行の金利が高いことが分かると思います。

銀行 普通預金金利(年利)
イオン銀行 ステージによって変動
0.001%~0.12%
楽天銀行 普通預金:0.02%
楽天カードの引落がある利用者:0.04%
マネーブリッジ:0.10%
ジャパンネット銀行 100万円未満:0.01%
100万円以上:0.015%
住信SBIネット銀行 普通預金:0.001%
SBIハイブリッド預金:0.01%
新生銀行 残高とステージによって変動
0.001%~0.003%
三菱UFJ銀行 0.001%
みずほ銀行 0.001%
三井住友銀行 0.001%
りそな銀行 0.001%
ゆうちょ銀行 0.001%
じぶん銀行 0.001%
ソニー銀行 0.001%

※2018年12月9日時点

楽天銀行の普通預金の金利をまとめると以下のようになります。

普通預金の種類 金利
普通預金金利 0.02%
普通預金金利
(楽天カードのカード利用金額の引落がある人)
0.04%
普通預金金利
(マネーブリッジ利用者)
0.10%

ちなみに定期預金の金利は以下のようになっています。

期間 預入期間
1,000円以上
100万円未満
100万円以上
1000万円未満
1000万円以上
7日 0.02% 0.02% 0.02%
14日 0.02% 0.02% 0.02%
1ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
3ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
6ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
1年 0.03% 0.03% 0.03%
2年 0.03% 0.03% 0.03%
3年 0.03% 0.03% 0.03%
5年 0.04% 0.04% 0.04%
7年 0.04% 0.04% 0.04%
10年 0.04% 0.04% 0.04%

定期預金の金利は、金額ではなく預入期間で決定します。ざっくり分けると以下の3種類になります。ただし各種キャンペーンなどで金利が変動する場合があります。

  • 1年未満:0.02%
  • 1年以上:0.03%
  • 5年以上:0.04%

ここでは詳細は省きますが上記以外にも、新型定期預金(仕組預金)、米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・南アランド・人民元などの外貨普通預金、外貨定期預金も取扱っています。

デメリット

通帳がない

今でこそネット銀行が当たり前の世の中ですが、まだまだ手元に通帳を持っておきたいという人も多くいると思います。しかし、楽天銀行はネット専業の銀行であるため通帳はありません。

通帳がないのはデメリットかもしれませんが、わざわざ自分で記帳しなくても自動的に記帳してくれるというメリットもあります。通帳はありませんが、スマホから残高や取引明細を確認できるアプリがあります。

楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行株式会社無料posted withアプリーチ

またアプリだけでなく、PC・スマホのWEBサイトからも残高・取引明細書が確認できます。必要であればダウンロードもできます。紙で欲しければ、ダウンロードした取引明細書を印刷すれば紙として保存できます。欲しい時だけ紙で出力できるので、エコで環境に優しく今の時代にはマッチしています。

ステージがベーシックだと特典なし

楽天銀行では、ハッピープログラムの最高ステージ「スーパーVIP」になれば、ATM手数料が月に最大7回、振込手数料が月に最大3回まで無料になります。

ただし、一番下のベーシックステージの場合、特典が一切ありません。

ネット専業銀行としてライバルにあたる住信SBIネット銀行にも、楽天銀行のハッピープログラムと同じようなランク制度として「スマートプログラム」があります。

スマートプログラムでは一番下のランク1でもATM手数料が月に2回振込手数料が月に1回まで無料になります。

貯金が10万未満で利用頻度が少ない人は、住信SBIネット銀行の方が便利かもしれません。

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資したネット専業の銀行です。 2018年の「第14回日経金融...

まとめ

楽天銀行のメリットは以下の通りです。

  • 主要銀行と比較しても普通預金の金利が高い
  • 楽天銀行間の振込手数料が無料
  • ハッピープログラムでATM手数料が最大7回/月振込手数料が最大3回/月まで無料
  • ハッピープログラムで楽天スーパーポイントが貯まり、振込手数料に利用できる
  • マネーブリッジの設定の設定で金利の優遇かつ投資の資金管理が簡単に

特にマネーブリッジの設定は金利が優遇されるので、楽天証券を利用するかしないかは別として設定しておくことをおすすめします。

マネーブリッジを設定するには、楽天銀行と楽天証券の口座を開設する必要があります。申込方法の詳細については楽天銀行または楽天証券の公式サイトより確認してください。

公式サイト 楽天銀行

公式サイト 楽天証券

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)