動画配信サービス徹底比較!dTV、Hulu、U-NEXT…おすすめは!?

どうも甘パパです。

最近ドラマやCMなどで、「特別版はHuluで見れます」とか「dTVでオリジナルドラマやってます」とか「見逃し配信しています」とか聞いたことがあると思います。

既に知ってる人の方が多いと思いますが、HuluとかdTVなどのサービスのことを動画配信サービスと言います。カッコよく言うと、ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand) です。略して「VOD」ですね。このVODは、視聴者が観たい時に、映像コンテンツを視聴することができるサービスのことです。

VODを提供するサービス業者によって様々な特徴があるため、どこのサービスを選べばよいか迷ってる人も多いかと思います。

そんな時に、ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは早速、各社のメリット・デメリット、作品数などについて紹介していきます。

dTV

サイト dTV

運営元 株式会社NTTドコモ
料金 月額500円(税抜)
作品数 18ジャンル、約12万作品
支払い方法 クレジットカード
ドコモ ケータイ払い ※1
ドコモポイント又はdポイント ※2
※1 spモード、iモード回線契約者のみ選択可能
※2 個別課金のみ利用可能(月額料金への充当不可)

dTVのメリット

  • 初回31日間は無料
  • docomoユーザー以外も利用可能
  • ダウンロード視聴が可能 ※1
  • 一部のコンテンツでは、4K画質で再生可能
  • dTVオリジナル作品が豊富
  • 専用アプリ(dTV VR)を使用すると、アーティストの限定作品が360度のパノラマ映像で楽しめる ※2
  • ファッション専門チャンネル「FashionTV」を日本独占配信
  • 音楽コンテンツが充実しており、ライブの生配信やカラオケも
  • 会員だけのお得な特典
    • 最新映画のオンライン試写
    • オリジナルグッズなどが当たるチャンス
    • dTVプレミアムイベントへの招待

※1 音楽作品ほか一部ダウンロード非対応の作品あり
※2 VRゴーグルを使用すると、まるでその場にいるかのような臨場感あふれる3Dの映像を体験できる

dTVのデメリット

  • 同時視聴不可
  • アダルトコンテンツはなし

U-NEXT(ユーネクスト)

サイト U-NEXT(ユーネクスト)

運営元 株式会社U-NEXT
料金 月額1,990円(税抜)
※料金に以下のサービスも含む
・70誌以上雑誌読み放題
・U-NEXTポイント1,000円分
作品数 12万本以上 ※1
見放題は約5万本以上
※1 カラオケの本数も含む
支払い方法 クレジットカード
ドコモケータイ払い
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
楽天ペイ(オンライン決済)
Amazon.co.jp ※1
U-NEXTカード/ギフトコード
※1 Amazon Fire TV / Fire TV Stick利用時のみ

U-NEXTのメリット

  • 初回31日間は無料
  • 一部のコンテンツでは、高画質フルHD、4K画質で再生可能
  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 毎月1日に1,000円分のU-NEXTポイントがもらえる(用途は次の通り)
    • 新作映画やドラマを見る
    • コミック・書籍を読む
    • NHKオンデマンドを見放題で楽しむ
    • 劇場公開中の最新作を映画館で見る(映画チケットの割引に使える)
  • 子アカウントを無料で3つまで追加できる(親アカウント含めて最大4人)
  • 別の作品であれば親アカウントと子アカウントで同時再生可能 ※1
  • ダウンロード視聴が可能 ※2
  • アダルトコンテンツをみれる
  • U-mobile利用者であれば、毎月U-NEXTポイントが追加で400~600円分もらえる

※1 NHKオンデマンドパックについては、別の作品であっても、同じパックの同時再生不可
※2 ダウンロード開始時点から最長48時間のダウンロード再生期限あり(期限は作品によって異なる)

U-NEXTのデメリット

  • 月額料金が比較的高額
  • オリジナル作品がない

Hulu(フールー)

サイト Hulu

運営元 HJホールディングス株式会社
料金 月額933円(税抜)
作品数 約4万本
支払い方法 クレジットカード
ドコモケータイ払い
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
PayPal
iTunes Store ※新規登録時のみ ※1
Huluチケット
※1 AppleTVからiTunes Store経由にて支払い可能

Huluのメリット

  • 初回2週間無料
  • 対応デバイスが豊富(PSやWiiなどのゲーム機でも使用可能)
  • 海外ドラマが豊富
  • Huluオリジナル作品が豊富

Huluのデメリット

  • 同時視聴(同時ストリーミング)不可
  • ダウンロード視聴不可
  • アダルトコンテンツはなし
  • 高画質フルHD、4K画質での再生未対応

Netflix(ネットフリックス)

サイト Netflix

運営元 Netflix, Inc.
料金 ベーシック:月額650円 (税抜)
スタンダード:月額950円 (税抜)
プレミアム:月額1,450円 (税抜)
作品数 約数千本 ※正確な数値は不明
支払い方法 クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
Netflixギフトカード
PayPal
iTunes
Google Play
SoftBankを通じたNetflix請求

Netflixのメリット

  • 初回1ヶ月間無料
  • 対応デバイスが豊富(PSやWiiなどのゲーム機でも使用可能)
  • 自分に合ったプランを3種類から選べる
    • ベーシック:1つの画面で標準画質 (SD) で視聴可能
    • スタンダード:同時に2つの画面で高画質 (HD) で視聴可能
    • プレミアム:同時に4つの画面で高画質 (HD)と超高画質 (UHD 4K) で視聴可能
  • 海外ドラマが豊富
  • ダウンロード視聴が可能
  • Netflixオリジナル作品が豊富
  • 海外でも視聴可能

Netflixのデメリット

  • 作品数が少ない
  • アダルトコンテンツはなし

Amazonプライム・ビデオ

サイト Amazon プライム・ビデオ

運営元 アマゾンジャパン合同会社
(Amazon.com, Inc.)
料金 年間3,900円(税込)
※月額に換算すると325円相当
※料金に以下のサービスも含む
・配送特典
・Prime Music
・会員限定先行タイムセール
・プライム・フォト
作品数 2万本以上
支払い方法 クレジットカード
au WALLETプリペイドカード
Visaデビットカード ※1
※1 Amazon Studentの年会費支払い限定で利用可能

Amazonプライム・ビデオのメリット

  • 初回30日間は無料
  • 対応デバイスが豊富(PSやWiiなどのゲーム機でも使用可能)
  • 一部のコンテンツでは、HD(高画質)、UHD(超高画質)で再生可能
  • Amazonオリジナル作品が豊富
  • ダウンロード視聴が可能
  • 海外でも視聴可能
  • 別の作品であれば3台のデバイスで同時視聴可能
  • Amazonプライムの付随サービスのため、以下のサービスも利用できる
    • 配送特典
    • Prime Music
    • 会員限定先行タイムセール
    • プライムフォト
    • Kindleオーナーライブラリー

Amazonプライム・ビデオのデメリット

  • 年間一括払いしかできない
  • アダルトコンテンツはなし(エロスというカテゴリはある)

DMM見放題chライト

サイト DMM見放題chライト

運営元 株式会社DMM.com
料金 月額540円(税込)
作品数 7,000作品以上 ※1
※1 DMM.com/DMM.R18両方に対応
支払い方法 クレジットカード
ドコモケータイ払い
auかんたん決済/au WALLET
ソフトバンクまとめて支払い
WebMoney
ビットキャッシュ
コンビニ店頭支払い
銀行振込
Edy
Suica
楽天ID決済
PayPal
ビットコイン
DMMポイントコード

DMM見放題chライトのメリット

  • 初回2週間無料
  • ダウンロード視聴が可能
  • アダルトコンテンツが豊富

DMM見放題chライトのデメリット

  • 作品数が少ない
  • 同時視聴不可

au公式ビデオパス

サイト au公式ビデオパス

運営元 KDDI株式会社
料金 月額562円(税抜)
※ビデオコイン540円分も含む
作品数 1万本
支払い方法 auかんたん決済

au公式ビデオパスのメリット

  • 初回30日間無料
  • 毎月ビデオコインが540コイン(540円相当)がもらえる ※1
  • ダウンロード視聴が可能 ※2
  • 毎週月曜日(祝日含む)は、TOHO シネマズ全劇場で特典を受けれる
    • 映画鑑賞料金が1,800円→1,100円(同伴者1名も同額)※3
    • ポップコーンM+ドリンクMのセットが半額(通常670円→320円)

※1 ビデオコインで新作レンタル可能
※2 同一デバイス(機器)上に最大5作品まで保存可能。視聴期限はダウンロード完了後48時間まで
※3 高校生は1,000→900円

au公式ビデオパスのデメリット

  • au利用者しか会員になれない
  • 同時視聴不可
  • 作品数が少ない
  • アダルトコンテンツはなし

おすすめの動画配信サービスは?

各社の特徴を見てきましたが、結局どういったジャンルを見たいのか?何を見たいのか?によっておすすめの動画配信サービスが変わってきます。

各社の特徴をまとめましたので、自分なりのおすすめ動画配信サービスを見つけてください。

dTVは、こんな人におすすめ

サイト dTV

  • とにかく価格を安くしたい
  • 以下の動画を楽しみたい
    • 幅広いジャンル
    • オリジナル作品
    • 音楽コンテンツ
    • カラオケ
  • 高画質で動画を見たい
  • 外出先で動画を楽しみたい

U-NEXTは、こんな人におすすめ

サイト U-NEXT(ユーネクスト)

  • U-mobileを利用している
  • 家族でおもいっきり楽しみたい
  • 以下の動画を楽しみたい
    • 幅広いジャンル
    • アダルト
    • カラオケ
  • 高画質で動画を見たい
  • 雑誌も読みたい
  • 外出先で動画を楽しみたい

Huluは、こんな人におすすめ

サイト Hulu

  • 海外ドラマを中心に楽しみたい
  • オリジナル作品を楽しみたい
  • ゲーム機でも動画を見たい
  • 外出先で動画を見る予定はない

Netflixは、こんな人におすすめ

サイト Netflix

  • 海外ドラマを中心に楽しみたい
  • オリジナル作品を楽しみたい
  • 高画質で動画を見たい
  • ゲーム機でも動画を見たい
  • 外出先で動画を楽しみたい
  • 海外に行く機会が多い

Amazonプライム・ビデオは、こんな人におすすめ

サイト Amazon プライム・ビデオ

  • とにかく価格を安くしたい
  • Amazon.co.jpをよく利用する
  • 音楽も楽しみたい
  • オリジナル作品を楽しみたい
  • 高画質で動画を見たい
  • ゲーム機でも動画を見たい
  • 外出先で動画を楽しみたい
  • 海外に行く機会が多い

DMM見放題chライトは、こんな人におすすめ

サイト DMM見放題chライト

  • とにかく価格を安くしたい
  • アダルトコンテンツを中心に楽しみたい
  • 外出先で動画を楽しみたい

au公式ビデオパスは、こんな人におすすめ

サイト au公式ビデオパス

  • auの携帯を利用している
  • とにかく価格を安くしたい
  • 幅広いジャンルの動画を楽しみたい
  • 月曜日に映画館に行ける人
  • 外出先で動画を楽しみたい

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的なおすすめは、dTVです。やっぱり価格が安いのは大きいですね。子供が大きくなって動画に興味を持ちだしたら、U-NEXTに移行するでしょうね。
どちらかというと私自身がライトユーザーで、海外ドラマも見ないですしアダルトも見ません。しかし、私が海外ドラマが大好きなヘビーユーザーであれば、おすすめはHuluになるでしょう。

結局、見たい作品がなければ意味ないですからね。

動画配信サービスに入会すると、夜更かしする頻度が増えると思います。できれば夜更かしは控えて、規則正しい生活を心掛けながら作品を楽しみましょう。