東京-大阪間の高速バス・夜行バスを最安値で乗る方法とおすすめのバス会社一覧

今回は高速バス・夜行バスで東京~大阪間を格安で移動する方法を紹介していきたいと思います。

高速バス・夜行バス以外の移動方法については、以下の記事を参考にしてください。

今回は飛行機で東京~大阪間を格安で移動する方法を紹介していきたいと思います。 飛行機以外の移動方法については、以下の記事を参考にしてく...
今回は新幹線で東京~大阪間を格安で移動する方法を紹介していきたいと思います。 新幹線以外の移動方法については、以下の記事を参考...

高速バス会社について

全部の高速バス会社を比較するには数が多すぎるので、今回は東京~大阪間を運行する高速バス会社の中から比較的知名度が高く、おすすめできる3社の特徴を紹介します。

おすすめの3社はこちら(随時加筆していますので、今後もバス会社を追加します)

  • WILLER TRAVEL(ウィラートラベル)
  • VIPライナー
  • JRバス

WILLER TRAVEL(ウィラートラベル)

サイト WILLER TRAVEL

特徴

  • 2列シートあり
  • キャンペーンやセールを頻繁に行っている
  • 毎週水曜17:00~翌月曜10:00までお得な商品をリリースする「水曜WILLERでGO」がある
  • 基本運賃から最大20%OFF!早く予約するほど安くなる「予約順割」がある
  • 予約後にキャンセル料がかからずに変更できる「便変更サービス」がある
  • ネット予約で代金100円ごとに1ポイントWILLERポイントが付与される(WILLERポイントは、1ポイント=1円として、ネット予約の支払いに利用できる)
  • 大阪梅田のWILLER EXPRESS CAFEで、大阪梅田発着バス利用者に割引特典あり
  • 以下の条件を満たした日から1年間「ゴールドランク」になれる
    • 条件
      • 1年間で、WILLERグループサイトを5回以上利用する
      • 1,000ポイント以上を獲得する
    • 特典
      • 毎月1日に、500円割引WEBクーポンをもらえる
      • 出発当日空席があれば「無料シートランクアップが何度でも利用可能
  • 年会費1,080円でプレミアム会員になれる
    • クレジット、口座振替で年会費を支払えば有効期間がプラス3ヶ月延長される
    • 特典
      • 基本プラン・WEB得プランが「いつでも300円OFF
      • 往復割適用プランは、「1往復につき300円OFF」
      • 出発当日空席があれば「無料シートランクアップが何度でも利用可能
      • 1人のプレミア会員が複数人分を予約すると全員プレミア会員割引が適用
    • 会員継続による有効期限の延長特典
      • クレジット、口座振替だと特典としてプラス6か月の計18か月
      • 上記以外の支払い方法だと特典としてプラス3か月の計15か月

支払い方法

  • コンビニ払い
  • ゆうちょ銀行(ATM、ゆうちょダイレクト)
  • クレジットカード決済
  • 銀行引落(口座振替)
    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
  • ネットバンク
    • ジャパンネット銀行
    • 楽天銀行
  • WILLERポイント決済

VIPライナー

サイト VIPライナー

特徴

  • Tポイントが貯まる、使える
    • 公式サイトからの予約で、100円(税込)ごとに2ポイント
    • その他のサイトからの予約で、100円(税込)ごとに1ポイント
    • VIPライナー予約の際、1ポイント=1円として、1ポイント単位で使える
  • 女性専用車両あり
  • 出発日近くに突如売り出されるお得な限定プラン「間際割」がある
  • 不定期で東京~大阪間を500円で行けるワンコインシートの販売がある
  • VIP ラウンジを利用できる
    • VIPライナー利用者は無料で利用できる(時間帯によっては有料)
    • VIPラウンジは、東京、新宿、名古屋、京都、なんば、大阪にある
    • VIPラウンジの特典一例
      • 無料ドリンク
      • 無料フットマッサージ
      • 無料歯ブラシ
      • 無料クローク
      • 無線LAN
      • インターネット無料
      • パウダールームとフィッティングルーム無料
      • コスメの無料レンタル(ラインナップ約100種類)
      • 美容家電の無料レンタル(ドライヤー、アイロンなど)
      • ショッピングエリアもあり

注意:VIPライナーは公式サイトからの予約者を優遇しています。そのため、代理店や比較サイトで予約せず、公式サイトから予約することをおすすめします。

たとえば公式サイト以外から予約すると

  • 100円(税込)ごとに2ポイント貯まるTポイントが、1ポイントしか貯まらない
  • 無料で利用できるVIPラウンジのクロークが、荷物1つにつき300円必要
  • VIPラウンジの無料利用時間が短い

支払い方法

  • コンビニで払い
  • ゆうちょ銀行(ATM、ゆうちょダイレクト)
  • クレジットカード決済
  • 銀行振込
  • ネットバンク
    • ジャパンネット銀行
    • 楽天銀行

JRバス

サイト JRバス
サイト 高速バスネット

特徴

  • 女性専用車両あり
  • 2列シートあり
  • 割引運賃の種類が豊富(以下の割引運賃種類一覧表を参照)

割引運賃種類一覧表

割引運賃種類 説明
往復割引 行きと帰りが同一区間を利用する場合にお得な乗車券
WEB限定往復割引 高速バスネットでWEB予約を行った会員を対象とした往復割引
学生割引 学生の片道普通運賃が割引価格で購入できる
ネット決済割引
(ネット割)
高速バスネットで予約かつクレジット決済で乗車券が2~5%割引
※路線により割引率が異なる
身体障がい者・療育割引 第1種 または 第2種 の方は、普通運賃が5割引
第1種 の方は、介護人1名(同便かつ同区間の利用に限る)も5割引
会員限定割引

お気に入り路線サービス
(利用回数)

予約前に利用路線の「お気に入り」登録で利用回数に応じて割引

9回目以降の乗車で最大割引が適用される
大阪~名古屋線は最大5%、それ以外は最大10%割引

会員限定割引

お気に入り路線サービス
(利用金額)

予約前に利用路線の「お気に入り」登録で利用額に応じて割引
利用金額ポイントは、利用金額100円につき1ポイント付与
1ポイントあたりの割引額は、1~499ptで1円、500pt以上で10円300ポイントと600ポイントの使用例
300ポイント使用する場合:300 × 1円=割引額:300円
600ポイント使用する場合:600 × 10円=割引額:6,000円
早売21 乗車日の「21日前」までに購入すると利用運賃が割引
※「早売」の適用種別、割引率または割引額は路線により異なる
※以下の早売17~1にについても同様
早売17 乗車日の「17日前」までに購入すると利用運賃が割引
早売15 乗車日の「15日前」までに購入すると利用運賃が割引
早売14 乗車日の「14日前」までに購入すると利用運賃が割引
早売10 乗車日の「10日前」までに購入すると利用運賃が割引
早売7 乗車日の「7日前」までに購入すると利用運賃が割引
早売5 乗車日の「5日前」までに購入すると利用運賃が割引
早売3 乗車日の「3日前」までに購入すると利用運賃が割引
早売1 乗車日の「1日前」までに購入すると利用運賃が割引
早値早得 購入が早ければ早いほどお得になる乗車券
プラチナ65 満65歳以上の場合、片道普通運賃が割引価格で購入できる

支払い方法

  • コンビニ払い
  • クレジットカード決済

座席の種類

座席の種類は、次の3種類があります。

  • 4列シート
  • 3列シート
  • 2列シート

ただ最近では、より細かい次の5種類で分類されてる場合もあります。

  • 4列シート
  • 4列ゆったり
  • 3列(2+1)
  • 3列独立
  • 2列シート

私は3つのシートをJRバスで経験していますので、簡単に紹介します。

4列シート


出典:JRバス

昼行便の値段:3,900 ~ 6,000円前後
夜行便の値段:3,800 ~ 8,000円前後
※上記の価格はJRバスの東京-大阪間を基準にしています
※時期や各種割引によって変わります

若いときは料金が安いということもあり、よく利用していました。正直な感想を言えば「狭い、寝れない、疲れる」という3拍子が揃っています。2人以上で一緒に行って隣同士に座れれば良いですが、知らない人が隣だと狭いので気も使います。

到着した時の疲労感は、半端なかったです。今後は乗ることはないと思います。

バス会社によっては、縦の座席数を減らして足を延ばせる4列ゆったりシートもあります。

3列シート


出典:JRバス

昼行便の値段:4,900 ~ 7,500円前後
夜行便の値段:6,100 ~ 10,000円前後
※上記の価格はJRバスの東京-大阪間を基準にしています
※時期や各種割引によって変わります

4列よりは全然マシですが、3列も疲れます。多分乗車時間が長いのでバス自体が疲れやすいのだと思います。私個人としては、今でも昼行便は頑張れますが、夜行便は厳しいです。

ただ最近では、3列シートでもカーテンで区切られていたり、シート自体を良質なものに変更して疲れにくくなっている車両も増えています。そういった車両を選択することで、一般的な3列シートよりも快適に乗車できると思います。

2列シート


出典:JRバス

昼行便の値段:-
夜行便の値段:10,500 ~ 14,500円前後
※上記の価格はJRバスの東京-大阪間を基準にしています
※価格は時期や各種割引によって変わります

2017年4月1日以前は、プレミアム昼特急号という車両で、昼行便でも2列シートに乗ることができたのですが、どうやら廃止されて今は夜行便だけになっているようです。

2列シートの感想としてまず言えるのは、ものすご~く快適ということ。乗車時間が長くても、まったく問題ありませんでした。むしろもう一回乗りたいぐらいです。

良かった点

  • シートを水平近くまで倒せる
  • 快適、広い、足を伸ばせる
  • カーテンで仕切られてるだけだが、完全に個室のようだった
  • 周りの目は、全く気にならない
  • コンセントが便利

2列シートは、いわゆる高級シートに分類されるため取り扱っていないバス会社も多いですが、機会があれば一度は乗ってしてほしいですね。

最安値について

バスも飛行機と同じく、時期によって大きく値段が変わるので、一概に最安値はこれ!と決めることはできません。昼行便と夜行便のそれぞれの相場を見てみます。

ここでは例として、ゴールデンウィーク(GW)を含む5月を例に確認します。料金の比較表は以下のサイトを参考にさせていただいています。

参考 夜行バス比較ナビ

昼行便の最安値

まずは5月全体の最安値カレンダーを見ていきます。

昼行便の最安値は、GWを除く月~木曜の3,900円です。次に金曜日の4,100円、土日の4,300円、GWと続きます。

次はシート別の最安値を確認していきます。

シート別にみた場合でも、GWを除く月~木曜が最安値です。3列独立シートのみ月曜が割高になっていますが、その変わり金曜日は値上がりしていません。この例では、たまたまこういう結果になったと考えていいでしょう。

安い順に並べると次の通りで概ね間違いないでしょう。

  1. 月~木曜
  2. 金曜
  3. 土曜、日曜
  4. GW

夜行便の最安値

まずは5月全体の最安値カレンダーを見ていきます。

夜行便の最安値は、GWを除いた月~木曜の2,720円です(厳密には2,500円ですが、ここでは2,720円とします)。次に日曜の4,000円、土曜、金曜、GWと続きます。

月~木曜が安いのは昼行便と変わりませんが、GWを除くと一番高額なのは金曜日になっているところが特徴です。

次はシート別の最安値を確認していきます。

一部のシートでは曜日によって割高になっていますが、原則GWを除く月~木曜が最安値です。安い順に並べると次の通りで概ね間違いないでしょう。

  1. 月~木曜
  2. 日曜
  3. 土曜
  4. 金曜
  5. GW

まとめ

バス会社によってサービスも様々ですし、値段も様々です。もちろん値段が安いに越したことはないのですが、到着した当日に観光する場合は疲れにくいバスを選ぶのも一つの基準だと思います。

もう一つバス選びで大事なのが安全性です。過去に大きな事故が起こってから、各バス会社に対して厳しいチェックが実施されています。そのため安全性は事故前より向上しているはずです。しかし、まったく聞いたことないバス会社を利用する場合は、必ず自身で調べて予約すべきです。不安であれば、料金が割高になっても他社で予約するようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)