おすすめの電子書籍ストアはここ!各社の特徴やデメリットを徹底比較

どうも甘パパです。

以前、宅配買取サービスを利用して本を断捨離しました。

どうも子供が生まれてから漫画本を泣く泣く処分した甘パパです。 漫画を読んでる時って小さな幸せを感じますよね。 お菓子を食べながら読む...
どうも漫画大好き甘パパです。 以前、本を断捨離したらとてもよかったよ!っていう話をしました。 私は宅配買取サービスを利用して本を...

断捨離したことによって多くのメリットを享受できたので、後悔は一切しておりません。

ただやっぱり本って読みたくなるんですよ。でもせっかく断捨離したのに…という気持ちがあり、なかなか本を購入できません。買ってしまうと処分するときに躊躇するのは、火を見るよりも明らかです。

そこで思い切って電子書籍を購入してみようと思っています。私が今まで使ったことがあるのはAmazon Kindleストアのみです。

どうせ使うなら1つのサイトで統一したいので、Amazon Kindleストア一本で行こうとも考えましたが、せっかくなので大手電子書籍ストアを中心に比較してみることにしました。

電子書籍とは

そもそも電子書籍とは何か?
簡単に説明すると電子版の書籍で、パソコンやスマホなどで読める本の総称。

電子書籍のメリット・デメリットは?

  • メリット
    • 本の置き場に困らない
    • 何冊でも持ち歩ける
    • 端末があれば、いつでもどこでも読める
    • 在庫切れがない
    • 劣化しないので常に新品の状態
    • 安く購入できる場合が多い
  • デメリット
    • 紙の本と違って買取不可
    • 電子書籍化されていない本がある
    • 紙の本より見やすさは劣る
    • 雑誌などの場合は付録がつかない
    • 端末の充電が切れたら見れなくなる

電子書籍を購入する場合は、以下の点にも注意してください。

電子書籍と紙の本で掲載内容が違う?

電子化にあたり、一部の作品では出版元の意向や著作権の問題により、挿絵やイラストがない場合や表現の修正が行われるなど、掲載内容が異なる場合があります。

また、雑誌の電子版において一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合があります。

表紙画像に掲載されている記事や付録が含まれていない場合や、電子版からは応募できない懸賞がありますので、何とぞご了承ください。

引用 honto

それではさっそく、おすすめの電子書籍ストアの特徴とデメリットを見ていきましょう!

eBookJapan


サイト eBookJapan

各端末の対応状況
Windows Mac iOS Android ブラウザ

eBookJapanの特徴

  • 運営元はヤフー株式会社グループの株式会社イーブックイニシアティブジャパン
  • 50万冊以上のラインナップで、コミックの品揃えは世界最大級
  • 運営歴も長く電子書籍の老舗的な存在で信頼できる
  • Yahoo!プレミアム会員は、eBookポイントをお得に還元してくれる
  • セット購入の場合は、ポイントが5倍の5%分をeBookポイントとして発行
  • 不定期にeBook図書券がもらえる
  • 割引キャンペーンやクーポンの配布は常に行われている
  • 決済方法が豊富
    • Yahoo!ウォレット決済
    • クレジットカード決済
    • 楽天銀行決済
    • 楽天Edy決済
    • @nifty決済
    • So-net決済
    • WebMoney決済
    • OCN決済
    • BitCash決済
    • auかんたん決済
    • ソフトバンクまとめて支払い決済
    • ドコモ ケータイ払い
    • JCB PREMO

eBookJapanの残念な点

  • 専門書や洋書は取り扱っていない

BookLive!(ブックライブ)

サイト BookLive!

各端末の対応状況
Windows Mac iOS Android ブラウザ
×

BookLive!の特徴

  • 運営元は凸版印刷の子会社である株式会社BookLive
  • 50万冊以上のラインナップで、実用書の種類も多い
  • Tポイントが貯まる、使える
  • まとめ買いするとTポイントをお得にポイントバックしてくれる
  • 割引キャンペーンやクーポンの配布は常に行われている
  • クーポンガチャを毎日1回まわせる。最初のガチャで出たクーポンが気に入らなかった場合は、Facebook、Twitter、LINEのどれかでシェアするともう1回ガチャを回すことができる。全作品50%OFFなど、超おトクなクーポンが当たる可能性あり
  • 決済方法が豊富
    • クレジットカード
    • spモード決済
    • au かんたん決済
    • ソフトバンクまとめて支払い
    • WebMoney
    • BitCash
    • モバイルSuica
    • 楽天Edy
    • Tポイント
    • BookLive! ポイント
    • BookLive!専用のプリペイドカード
    • 三省堂書店 店頭決済サービス

BookLive!の残念な点

  • ブックリーダーアプリのMac版が用意されていない(※ブラウザビューアでは読める)
  • 洋書は取り扱っていない

Amazon Kindleストア

サイト Amazon Kindleストア

各端末の対応状況
Windows Mac iOS Android ブラウザ

Amazon Kindleストアの特徴

  • 取り扱ってる書籍のラインナップが圧倒的に多い。洋書も読める
  • セルフ・パブリッシング(自己出版)の電子書籍が読める
  • 月額980円で本が読み放題になるKindle Unlimitedがある
  • 日替わりセールの対象になった書籍は安く購入することができる
  • 利用者が多いためレビューも豊富に掲載されている
  • 電子書籍リーダ「Kindle」を販売している

Amazon Kindleストアの残念な点

  • 他の電子書籍ストアと比べるとクーポンの配布や割引キャンペーン頻度が少ない
  • 決済方法は他のストアと比べると少ない
    • クレジットカード
    • クーポン
    • Amazonギフト券
    • Amazonショッピングカード
    • Amazonポイントクレジットカード

楽天kobo

サイト 楽天kobo

各端末の対応状況
Windows Mac iOS Android ブラウザ
×

楽天koboの特徴

  • 運営元は楽天株式会社
  • 楽天スーパーポイントが貯まる、使える
  • 扱っている書籍のジャンルはAmazon Kindleに次いで多い。洋書も読める
  • セルフ・パブリッシング(自己出版)の電子書籍が読める
  • お得なキャンペーンを毎日行っている
  • 毎週月曜は全品対象のポイントアップキャンペーン開催
  • 電子書籍リーダ「Kobo」を販売している

楽天koboの残念な点

  • ブラウザビューア―がないので、ブックリーダーアプリのインストールが必須
  • 決済方法は他のストアと比べると少ない
    • クレジットカード
    • クーポン
    • 楽天スーパーポイント
    • 楽天キャッシュ

DMM.com 電子書籍

サイト DMM.com 電子書籍

各端末の対応状況
Windows Mac iOS Android ブラウザ

DMM.com 電子書籍の特徴

  • 運営元は株式会社DMM.com
  • DMMポイントが貯まる、使える
  • 扱っている書籍のジャンルも最低限揃ってる
  • 割引キャンペーンやポイント還元のイベントが常に行われている
  • アダルトの品揃えは最大級でDMMでしか見れない本も多い
  • 決済方法が豊富
    • ドコモケータイ払い
    • auかんたん決済/au WALLET
    • ソフトバンクまとめて支払い
    • WebMoney
    • ビットキャッシュ
    • コンビニ店頭支払い
    • 銀行振込
    • Edy
    • Suica
    • 楽天ID決済
    • PayPal
    • ビットコイン
    • DMMポイントコード

DMM.com 電子書籍の残念な点

  • 洋書は取り扱っていない

honto(ホント)


サイト honto

各端末の対応状況
Windows Mac iOS Android ブラウザ

hontoの特徴

  • 運営元は大日本印刷・NTTドコモ・丸善CHIホールディングスの共同出資会社である株式会社トゥ・ディファクト
  • 電子書籍だけでなく紙の本も購入できる。書店、通販、電子書籍のハイブリット総合書店
  • 共通hontoポイントが貯まる、使える
  • 扱っている書籍のジャンルが多い
  • 割引キャンペーンやクーポンの配布が定期的に行われている
  • 読割50を使える。読割50とはhonto本の通販ストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙の本を購入すると、同一の電子書籍が50%OFFで購入できるサービス。
  • 決済方法が豊富
    • クレジットカード
    • spモード決済
    • auかんたん決済
    • ソフトバンクまとめて支払い
    • WebMoney
    • BitCash
    • リクルートかんたん支払い

hontoの残念な点

  • 洋書は取り扱っていない

まとめ

Amazon Kindleストアが圧勝するかと思いましたが案外そうでもなかったですね。

Amazon Kindleストア ラインナップや扱うジャンルが他のストアより圧倒的に多いですが値段を考えると微妙です。しかし980円で本が読み放題になるKindle Unlimitedがあるのは魅力的です。
eBookJapan 漫画だけで考えると品揃え世界最大級なのでおすすめ。大幅な割引キャンペーンも常に開催されています。Yahoo!プレミアム会員だとさらにお得なポイント還元も受けれます。また、本・CD・DVD・電子書籍を総合的に扱ったハイブリット書店「BOOKFAN by eBookJapan」も展開。
BookLive! 毎日クーポンガチャを回せるので楽しいしお得です。また汎用性の高いTポイントが貯まるのは魅力的です。和書の割引キャンペーンも定期的に開催されています。
楽天kobo 独自の電子書籍リーダを発売してたり、自己出版の本が読めたり、洋書もよめたり…もはやAmazon Kindleストアに近づいてきてるといっても過言ではありません。割引キャンペーンやクーポンの配布も常に実施しており、楽天スーパーポイントも貯まるため、将来的にはAmazon Kindleストアを超える可能性もあるかもしれません。
DMM.com 電子書籍 アダルト漫画や写真集を優先的に楽しみたい人におすすめです。品揃え最大級でDMMでしか見れない本も多いです。もちろん一般的な漫画や実用書のラインナップも充実しており、ポイント還元も常に行っています。
honto 「書店、通販、電子書籍のハイブリット総合書店」というのが最先端っぽくてカッコいいですね。ハイブリットですよ?ハイブリット!特に対象の紙の本を購入すると、同一の電子書籍が50%OFFで購入できる「読割50」なんて他にはないサービスでいいですね。

いかがでしたでしょうか。

電子書籍ストアはたくさんあるので迷うと思いますが、安くて自分が読みたい本があればラインナップなんて気にしなくていいでしょう。あとは各ストアのサンプル漫画でブックリーダーの使いやすさを確認すればOKです。

ぜひ自分に合う電子書籍ストアを見つけてください。

それでは~