年会費無料!セディナカードの特典・メリット・デメリットを徹底解説

株式会社セディナが発行しているカードにセディナカードがあります。

株式会社セディナは、オーエムシーカード(OMCカード)、セントラルファイナンス、クオークの3社が合弁して2009年4月に誕生したクレジット会社です。

Cedyna(セディナ)の社名は、Credit Excellence & Dynamicsの頭文字をとった造語になっています。

セディナカードは、18歳以上(高校生不可)から申込み可能なセディナカードで最もスタンダードな1枚です。年会費は無料です。

年会費無料に魅力を感じてセディナカードに入会するなら、セディナカードJiyu!da!も検討する価値があります。セディナカードJiyu!da!は、リボ払い専用カードですが、特典面でいえばセディナカードより充実しています。

株式会社セディナが発行しているカードにセディナカードJiyu!da!があります。 株式会社セディナは、オーエムシーカード(OMCカード...

セディナカードの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

セディナカードの基本情報

カード名 セディナカード
カードデザイン
発行会社 株式会社セディナ
年会費 無料
入会条件 18歳以上で電話連絡が可能な方
※高校生は不可
家族カード 無料
ETCカード
年会費無料
新規発行手数料1,000円(税抜)
国際ブランド Visa / MasterCard / JCB
電子マネー iD、QUICPay、Apple Pay
ポイント わくわくポイント
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
ポイント付与率 0.5~1.75%
※200円(税込)利用で1~3.5ポイント
※1ポイント1円相当
締め日/支払日 毎月末日 / 翌月27日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険 最高50万円

セディナカードの特徴

年会費

セディナカードの年会費は無料です。家族会員の年会費も無料です。

国際ブランドは、Visa、MasterCard、JCBの3種類から好きなものを選択できます。どの国際ブランドを選んでも年会費は無料です。

ファーストチャンスポイント

入会後3ヵ月間(加入月含め最大4ヵ月)は、わくわくポイントが通常獲得ポイントの3倍になります。還元率は1.5%です。通常であれば200円につき1ポイントですが、入会後3ヵ月間に限り200円につき3ポイント貯まります。

家族カードも対象ですが、入会後の追加申し込み分は対象外です。

わくわくポイントは、1ポイントあたり1円相当なので200円につき3円相当のポイントがたまるということです。

使えば使う程、お得にポイントが貯まります。

利用金額 通常
(還元率0.5%)
入会後3カ月間
(還元率1.5%)
200円 1ポイント 3ポイント
1,000円 5ポイント 15ポイント
10,000円 50ポイント 150ポイント
100,000円 500ポイント 1,500ポイント
1,000,000円 5,000ポイント 15,000ポイント
1,500,000円 7,500ポイント 22,500ポイント

ファーストチャンスポイント3倍、ポイントアップ1.5倍が同じ利用に適用される場合は、ポイント3.5倍となります。

ポイントアップ

ETCでポイントアップ

   

セディナカードのETCカードは年会費無料ですが、新規発行時に新規発行手数料1,000円(税抜)が必要です。カードデザインは、通常デザインかハローキティデザインの2種類から選択できます。

ETCカードを利用して獲得できるポイントは、通常獲得ポイントの1.5倍になります。還元率は0.75%です。通常であれば200円につき1ポイントですが、ETCの利用料は200円につき1.5ポイント貯まります。

海外でポイントアップ

海外でのショッピングの利用または海外ショッピングサイトでのカード決済で、わくわくポイントが通常の1.5倍たまります。還元率は0.75%です。

通常であれば200円につき1ポイントですが、海外でのショッピングの利用または海外ショッピングサイトでのカード決済は200円につき1.5ポイント貯まります。

セブン-イレブン・イトーヨーカドーでポイント3倍

全国のセブン-イレブン・イトーヨーカドーでの利用で、わくわくポイントがいつでも通常獲得ポイントの3倍たまります。還元率は1.5%です。

通常であれば200円につき1ポイントですが、全国のセブン-イレブン・イトーヨーカドーで買い物すれば200円につき3ポイント貯まります。

普段からイトーヨーカドーで買い物している人は食費の節約につながります。セブン-イレブンは店舗数が多く手軽に利用でき、少しずつポイントを積み上げていくことができます。

セブン-イレブンでの注意点
クレジットカード払いとQUICPayの利用分のみ3倍の対象です。
※※iD・Apple Payの利用分は対象外です。

イトーヨーカドーでの注意点
クレジットカード払いのみ3倍の対象です。
※iD・QUICPay・Apple Payの利用分は対象外です。

ショッピング保険

セディナカードでクレジット決済した商品に万一破損や盗難などの損害が発生した場合、購入日から180日間補償してくれます。補償対象者は、本会員と家族会員です。

補償対象商品は、1万円~50万円以下の商品に限ります。1万円未満の商品は補償対象外です。

年間補償限度額は会員1名につき最高50万円です。1事故につき3,000円の自己負担となり、自転車、めがね、美術品など一部適用外の商品もあります。

※故意、重大な過失、商品の欠陥、消耗、遺失、紛失、置き忘れ、電気的・機械的な事故、使用人の不正または詐欺、横領とみなされる場合などについては補償対象外になります。

カード紛失・盗難保険

カード紛失・盗難により被害を受けた場合、届け日から60日前までさかのぼって損害を全額(又は一部)を補償してくれます。補償対象者は、本会員と家族会員です。

ネットセキュリティサービス

インターネットで第三者に不正使用され、身に覚えのない請求が届いた場合、届け日から60日前までさかのぼって損害を全額(又は一部)を補償してくれます。補償対象者は、本会員と家族会員です。

補償をうける場合は、ID・パスワードおよびクレジットカードの管理が十分に行われていたことが条件になります。

セディナiD

セディナカードでは、セディナiDを利用できます。セディナiDは、NTTドコモのケータイクレジット「iD」を利用できるサービスです。

「iD」は「マークのある加盟店」の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけで支払いが完了する簡単で便利な決済サービスです。

「iD」は、ポストペイ(後払い)方式の電子マネーです。他にも有名なポストペイ方式の電子マネーとしてJCBの「QUICPay(クイックペイ)」があります。ポストペイ方式の便利なところは、事前チャージ不要で利用できることです。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯めることができます。

セディナQUICPay

セディナQUICPayを利用できます。セディナQUICPayは、電子マネーの「QUICPay」を利用できるサービスです。

QUICPayは、JCBが開発した電子決済サービスで、ポストペイ(後払い)方式の電子マネーです。ジェーシービーの登録商標になっています。「または マークのある加盟店」の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけで簡単に決済できます。

ポストペイ方式はプリペイド(前払い)方式と違い、事前チャージ不要で利用できるので便利です。自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯められます。

QUICPayには、カード型やモバイル型、搭載型、コイン型、キーホールダー型など様々な種類が用意されています。

セディナQUICPayでは、カード型もしくはモバイル型から選べます。

Apple Pay

セディナカードでは、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、対象のiPhone、Apple Watchに、対応するクレジットカードを設定することで、安心・安全・スピーディーに支払いができるサービスです。

Apple Payは、事前チャージ不要で利用できます。「マークのある加盟店」で、レジの担当者にiDで支払うことを伝えて、Touch IDに指を載せたまま(Face IDを利用する場合は、Face ID認証後)対象のiPhoneをリーダーにかざすだけで簡単に決済できます。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯められます。

Apple Payを利用するには、「Wallet」アプリを起動して手順に従ってカードを追加するだけです。

JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)

セディナカードでは、JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)を利用できます。

JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)とは、手持ちのカードに”プラス”して利用できる、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレスサービスです。

年会費は1,000円(税抜)です。サービス入会から2ヵ月間はお試し期間です。お試し期間中に退会すれば年会費は発生しません。

以下のようなメリットがあります。

  1. 利用代金はクレジットカードで自動決済、クレジットのポイントも貯まります
  2. スマートフォン等からカンタン予約、発車時刻の4分前までOK
  3. 空席情報を確認しながら、希望の座席をリクエストできます
  4. 予約の変更は何度でも手数料が無料(予約の取り消しは手数料が必要)
  5. 365日お得な会員価格
  6. きっぷの受取不要!プラスEXカードを改札機にタッチするだけで乗車できます

実際にどのぐらい安くなるのか「東京・品川 ⇔ 新大阪間」の料金で確認してみます。

東京・品川 ⇔ 新大阪 普通車指定席 グリーン車
おとな こども おとな こども
のぞみ 通常料金 14,450円 7,220円 19,230円 12,260円
EX予約サービス 13,370円
(▲1,080円)
EX早特21 11,000円
(▲3,450円)
EXグリーン早特 14,400円
(▲4,830円)
EXのぞみファミリー早特 12,340円
(▲2,110円)
 6,160円
(▲1,060円)
14,400円
(▲4,830円)
8,220円
(▲4,040円)
こだま 通常料金 14,140円 7,060円 18,920円 12,100円
EXこだまグリーン早特 11,200円
(▲7,720円)
EXこだまファミリー早特 9,900円
(▲4,240円)
4,950円
(▲2,110円)
 10,900円
(▲8,020円)
5,950円
(▲6,150円)

全て1,000円以上の割引です。つまり東京・品川 ⇔ 新大阪間を年に1回以上乗車するのであれば年会費分を回収することができます。2回以上乗車すれば確実にお得になります。

ウキウキトラベル賞

毎月のカードショッピング利用合計金額1万円(税込)を1口として、毎月抽選で合計150名様に海外旅行(50名様)・国内宿泊(50組100名様)が当たります。

抽選に参加する場合は、毎月応募する必要があります。応募期間は毎月1日~翌月5日です。毎月1日から末日までのカード利用分が応募の対象になります。

1回の応募で利用金額に基づいて自動的に応募口数が加算されます。例えば、ショッピングで15万円(税込)利用した場合は15口になります。

当選の発表は、利用月の翌々月下旬に「株式会社日本旅行オーエムシートラベル」より当選者に当選案内書が通知されます。

三井住友銀行ならATM手数料が無料

三井住友銀行が提供するサービスに「SMBCポイントパック」があります。

SMBCポイントパックは、「口座(残高別金利型普通預金)」と「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」の契約者にポイントの付与や手数料の割引を提供するサービスです。

SMBCポイントパックを契約の上、所定の条件を満たすと、ATM時間外手数料・ATM利用手数料が無料になります。所定の条件は、以下の通りです。

No 各種手数料無料の条件 判定タイミング
1 満15歳~満24歳の利用者は、取引条件に関わらず各種手数料無料
2 給与受取または年金の受取 当月
3 クレジットカードの利用代金の引き落とし
(クレジットカード会社は三井住友カードまたはセディナに限ります。)
4 30万円以上の預かり資産残高(円預金・外資預金・投資信託等) 当月末
5 Web通帳の契約
6 SMBCデビットの契約

セディナカード会員であれば、No3の方法を利用できます。個人的にはWeb通帳の契約なんかも簡単なのでおすすめです。

セディナトラベルデスク

セディナトラベルデスクは、セディナカード会員専用のパッケージツアー割引サービスです。株式会社シティツアーズがサービスを提供しています。

海外・国内のパッケージツアーの基本旅行代金が会員割引価格(3~8%OFF)で予約できます。

トクトク!ステージ

セディナカードには、「トクトク!ステージ」という制度があります。

毎年1月~12月のカードショッピング請求金額に応じ、翌年1年間のわくわくポイント獲得倍率がアップするサービスです。利用金額ではなく請求金額なので注意してください。

ポイントアップ率(還元率)は次のようになります。

年間(1月~12月)の
請求金額
ポイントアップ率(還元率)
一般カード
セディナカードゴールド
プラチナカード
ゴールドカード
50万円未満 1.0倍(0.50%)
50万円以上100万円未満 1.1倍(0.55%) 1.2倍(0.60%)
100万円以上200万円未満 1.15倍(0.575%) 1.3倍(0.65%)
200万円以上 1.3倍(0.65%) 1.6倍(0.80%)

翌年のステージは、毎年12月のカードご利用代金明細書や会員専用インターネットサービス「OMC Plus」で確認できます。

セディナカードでは、ポイント還元率が最大0.65%までアップします。

セディナポイントモール

セディナポイントモールは、「セディナポイントモール」を経由するだけで、ポイントが通常の2~20倍たまるサービスです。セディナカードであれば、表示倍率にさらに+1倍されるのでポイントが最大21倍たまります。

利用方法も簡単です。会員向けサービス「OMC Plus」にログイン後、「セディナポイントモール」を経由して、クレジットカードで決済するだけです。

以下のようなサイトがあります(一例です)。

ジャンル ショップ名 ポイント 還元率
ショッピングモール  Amazon.co.jp 2倍+1倍 1.5%
Yahoo!ショッピング 3倍+1倍 1.5%
楽天市場 2倍+1倍 1.5%
総合通販       ベルメゾンネット 2倍+1倍 1.5%
イトーヨーカドーネットスーパー 3倍+1倍 2.0%
イトーヨーカドーネット通販 3倍+1倍 2.0%
おうちでイオン イオンショップ 3倍+1倍 2.0%
セブンネットショッピング 4倍+1倍 2.5%
ディノスオンラインショップ 2倍+1倍 1.5%
カタログ通販ベルーナ 3倍+1倍 2.0%
セシールオンラインショップ 3倍+1倍 2.0%
ファッション adidas ONLINE SHOP 4倍+1倍 2.5%
アンダーアーマー 6倍+1倍 3.5%
靴の総合通販ABC-MART.net 3倍+1倍 2.0%
オンワード・クローゼット 3倍+1倍 2.0%
GAP Japan Official Online Store 4倍+1倍 2.5%
ZOZOTOWN(ゾゾタウン) 2倍+1倍 1.5%
ジーユーオンラインストア 2倍+1倍 1.5%
ユニクロオンラインストア 2倍+1倍 1.5%
家電・パソコン Apple公式サイト 2倍+1倍 1.5%
Joshin 2倍+1倍 1.5%
Microsoft Store 2倍+1倍 2.5%
nojima online 2倍+1倍 1.5%
ビックカメラ.com 2倍+1倍 1.5%
ヤマダウェブコム 2倍+1倍 1.5%
マウスコンピューター 3倍+1倍 2.0%
レノボ・ショッピング 3倍+1倍 2.0%
旅行     JTBトラベル 国内旅行 3倍+1倍 2.0%
JTBトラベル 海外ツアー 3倍+1倍 2.0%
一休.com 2倍+1倍 1.5%
じゃらんnet 3倍+1倍 2.0%
HIS 2倍+1倍 1.5%
ホテルズドットコム 5倍+1倍 3.0%
楽天トラベル 2倍+1倍 1.5%
エクスペディアのホテル 6倍+1倍 3.5%

ほとんどの場合、いずれかのサイトがキャンペーンで倍率アップしているため、運が良ければ上記の還元率より、さらにお得になります。

セディナキャッシュバックモール

セディナキャッシュバックモールは、株式会社セディナが発行するカードの利用で、毎月抽選で現金が当たるサービスです。「わくわくポイント」はもちろん、ショップの独自ポイントも貯まります。

期間中に、セディナキャッシュバックモール経由にて合計10,000円(税抜・送料除く)以上を利用した会員が対象になります。対象期間は、毎月1日~末日です。

条件を満たした会員の中から抽選で、10名に現金10,000円が当たります。

当選結果は、抽選対象期間から4ヶ月後に郵送にて通知されます。通知月の下旬に「引き落とし口座」へ振込まれます。

セディナキャッシュバックモールには、数多くのショップが参加しており、以下のような人気ショップも一通り揃っています。

  • Amazon.co.jp
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ホテル・旅館の宿泊予約【一休.com】
  • ベルメゾンネット
  • じゃらんnet
  • DHCオンラインショップ
  • 一休.comレストラン
  • オンワード・クローゼット
  • GROUPON(グルーポン)
  • 楽天トラベル
  • ドクターシーラボ
  • ZOZOTOWN(ゾゾタウン)
  • グンゼストア
  • オンワード・マルシェ

ポイントの交換先が豊富

貯まった「わくわくポイント」は、マイレージなど他社のポイントプログラムに移行したり、家電・グルメ・ギフトカード・ハローキティーグッズなどの景品と交換できます。

また、プレミアムセレクションといって、ポイントを使って豪華賞品の抽選に応募することもできます。

キャッシュバック

キャッシュバックは、1,000ポイント以上1,000ポイント単位で交換できます。

引落し口座によってキャッシュバック率が違います。「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」以外の金融機関を引落し口座を指定している場合は損です。

キャッシュバックは、現金でもらえるメリットはあるものの還元率が低いのでポイントの交換先としては、あまりおすすめしません。

引落し口座 移行レート 還元率
三井住友銀行 1,000ポイント=800円 0.40%
ジャパンネット銀行
上記以外の金融機関 1,000ポイント=700円 0.35%

商品券

nanacoカードとAmazonギフト券の交換手数料は無料ですが、それ以外の商品券と交換する場合は、別途交換手数料500ポイントが必要です。

500ポイント貯めるには、10万円利用しなければいけません。10万円も利用して貯めた貴重な500ポイントを交換手数料に消費するのは、もったいないです。

そのため、nanacoカードとAmazonギフト券に交換する価値はありますが、それ以外の商品券と交換する場合は、還元率が落ちてしまうのでおすすめできません。

ただし例外的に、プラチナカードおよびゴールドカード(セディナカードゴールドを除く)の場合は、全商品券への交換手数料が無料なので、どの商品券と交換しても損はありません。

商品券 最小
交換単位
交換
手数料
還元率
交換手数料
含まない 含む
1,000ポイント以上(1,000ポイント単位)で交換
VJAギフトカード 1,000円分~ 500
ポイント
0.50% 0.33%
JTBナイスギフト 1,000円分~
日本旅行ギフト旅行券 1,000円分~
ジェフグルメカード 1,000円分~
図書カードNEXT 1,000円分~
ダイエーグループ商品券 1,000円分~
5,000ポイントで交換
nanacoカード 5,000円分 無料  0.50%
5,000ポイント以上(5,000ポイント単位)で交換
JCBギフトカード 5,000円分~ 500
ポイント
0.50% 0.45%
5,000ポイント以上(1,000ポイント単位)で交換   
Amazonギフト券(OMC Plus限定) 5,000円分~ 無料  0.50%

※プラチナカードおよびゴールドカード(セディナカードゴールドを除く)の場合は無料です。

マイレージ・ポイント移行

「わくわくポイント」は、マイレージなど他社のポイントプログラムに移行できます。1,000ポイント以上(500ポイント単位)で交換できます。

種類 交換先 移行レート 還元率
マイレージ JALマイレージバンク 1P=0.5マイル 0.25%~
電子マネー nanacoポイント 1P=1ポイント 0.50%
ドトールポイント 1P=1ポイント 0.50%
携帯  dポイントクラブ ポイント 1P=1ポイント 0.50%
WALLET ポイント 1P=1ポイント 0.50%
Gポイント プラチナカード、ゴールドカード
(セディナカードゴールドを除く)
1P=1Gポイント 0.50%
一般カード、セディナカードゴールド
1回の交換ポイント数が5,000ポイント以上
1P=1Gポイント 0.50%
一般カード、セディナカードゴールド
1回の交換ポイント数が5,000ポイント未満
1P=0.8Gポイント 0.40%

マイルは交換先によって価値が大きく変動しますが、1マイルあたりの価値はおおよそ2円程度です。

セディナカードのデメリット

ポイント還元率が0.5%

ポイント還元率が0.5%と一般的です。決して低すぎるということではないのですが、他のカードと比較すると、楽天カードYahoo!JAPANカードであればポイント還元率1.0%、リクルートカードなら、ポイント還元率1.2%なので、少し見劣りしてしまいます。

ちなみにトクトク!ステージ制度によって年間200万円以上利用すれば、ポイント還元率は0.65%になります。

旅行傷害保険が付帯していない

旅行傷害保険は、いざという時に役立つ保険です。最近では、年会費無料のカードにも付帯しているものもあります。

最低でも海外旅行傷害保険は付帯してほしい所です。海外ではちょっとした怪我や病気であっても想像のはるか上の金額を請求される場合があります。

国内旅行傷害保険は、どちらかというと年会費無料のカードには付帯していないのが一般的です。もちろん年会費無料でも付帯しているカードもあります。

年会費が1905円(税抜)かかりますが、上位カードの「セディナカードゴールド」には旅行傷害保険も付帯しています。

株式会社セディナが発行しているカードにセディナカードゴールドがあります。 株式会社セディナは、オーエムシーカード(OMCカード)、セン...

もう少し年会費を安くしたければ、年会費1,000円のセディナカードクラシックも検討しても良いかもしれません。こちらにも旅行傷害保険が付帯しています。

株式会社セディナが発行しているカードにセディナカードクラシックがあります。 株式会社セディナは、オーエムシーカード(OMCカード)、セ...

まとめ

セディナカードの主な特徴をまとめると次の通りです。

  • 年会費無料
  • 入会後3ヵ月間(加入月含め最大4ヵ月)は、ポイント3倍(還元率1.5%)
  • ETCの利用料は、ポイント1.5倍(還元率0.75%)
  • 海外での利用は、ポイント1.5倍(還元率0.75%)
  • セブン-イレブン・イトーヨーカドーでの利用でポイント3倍(還元率1.5%)

年会費無料は、やはり大きなメリットです。利用しなかったとしても無駄なコストが発生しません。また高速に乗る人は、ETCのポイントアップがメリットになります。

普段からセブン-イレブン・イトーヨーカドーで買い物してる人は、クレジット払いするだけで毎日お得です。

セディナカードは、初めてカードにもおすすめの1枚です。

公式サイト セディナカード

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)