セディナカードとセディナカードクラシックの違いを比較!

シェアする

リンクユニット(adsense)
セディナカードセディナカードクラシック

株式会社セディナが発行しているカードにセディナカードとセディナカードクラシックがあります。

セディナカードとセディナカードクラシックは株式会社セディナが発行しているカードの中では、スタンダードな1枚に位置するカードです。

この記事では「セディナカード」と「セディナカードクラシック」の違いを解説します。

セディナカードとセディナカードクラシックの違い・比較

セディナカードとセディナカードクラシックの違いは、以下の比較表の通りです。黄色の項目がセディナカードとセディナカードクラシックで違う部分です。

カード名セディナカードセディナカードクラシック
デザインセディナカードセディナカードクラシック
発行会社株式会社セディナ
年会費無料1,000円(税抜)
入会条件18歳以上で電話連絡が可能な方
※高校生は不可
家族カード無料300円(税抜)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,000円(税抜)
国際ブランドVisa / Mastercard / JCB
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
ポイントわくわくポイント
ポイント有効期限ポイント獲得月から2年間
ポイント付与率0.5~0.65%
※200円(税込)利用で1~1.3ポイント
※1ポイント1円相当

0.5~0.65%
※200円(税込)利用で1~1.3ポイント
※1ポイント1円相当
締め日/支払日毎月末日 / 翌月27日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
海外旅行傷害保険最高
1,000万円
国内旅行傷害保険最高
1,000万円
ショッピング保険最高
50万円
最高
50万円
ファーストチャンスポイント(入会後3ヵ月間はポイント3倍)
ETCカード利用でポイント1.5倍
海外での利用でポイント1.5倍
セブン-イレブンでポイント3倍
イオン・ダイエーなどでポイント3倍
藤田観光グループの対象施設でポイント5倍
宇佐美グループSSでポイント3倍
JR東海エクスプレス予約サービス
三井住友銀行ATM手数料無料
セディナトラベルデスク
トクトク!ステージ最大0.65%最大0.65%
セディナポイントUPモールポイント最大20倍ポイント最大20倍
セディナキャッシュバックモール

主な違いを書き出すと以下の通りになります。

セディナカード限定のサービス・特典

  • ファーストチャンスポイント(入会後3ヵ月間はポイント3倍)
  • ETCカード利用でポイント1.5倍
  • 海外での利用でポイント1.5倍

セディナカードクラシック限定のサービス・特典

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • イオン・ダイエーなどでポイント3倍
  • 藤田観光グループの対象施設でポイント5倍
  • 宇佐美グループSSでポイント3倍

セディナカード限定のサービス・特典

ファーストチャンスポイント

セディナカードは、ファーストチャンスポイント特典をうけられます。セディナカードクラシックにはない特典です。

ファーストチャンスポイント特典は、入会後3ヵ月間(加入月含め最大4ヵ月)は、わくわくポイントが通常獲得ポイントの3倍(還元率は1.5%)になる特典です。通常であれば200円につき1ポイントですが、入会後3ヵ月間に限り200円につき3ポイント貯まります。

家族カードも対象ですが、入会後の追加申し込み分は対象外です。

わくわくポイントは、1ポイントあたり1円相当なので200円につき3円相当のポイントがたまるということです。

使えば使う程、お得にポイントが貯まります。

利用金額通常
(還元率0.5%)
入会後3カ月間
(還元率1.5%)
200円1ポイント3ポイント
1,000円5ポイント15ポイント
10,000円50ポイント150ポイント
100,000円500ポイント1,500ポイント
1,000,000円5,000ポイント15,000ポイント
1,500,000円7,500ポイント22,500ポイント

ファーストチャンスポイント3倍、ポイントアップ1.5倍が同じ利用に適用される場合は、ポイント3.5倍となります。

ETCカード利用でポイント1.5倍

   

セディナカードの場合、ETCカードを利用して獲得できるポイントが通常獲得ポイントの1.5倍になります。還元率は0.75%です。通常であれば200円につき1ポイントですが、ETCの利用料は200円につき1.5ポイント貯まります。

セディナカードクラシックの場合は、還元率0.5%です。

海外での利用でポイント1.5倍

セディナカードの場合、海外でのショッピングの利用または海外ショッピングサイトでのカード決済で、わくわくポイントが通常の1.5倍たまります。還元率は0.75%です。

通常であれば200円につき1ポイントですが、海外でのショッピングの利用または海外ショッピングサイトでのカード決済は200円につき1.5ポイント貯まります。

セディナカードクラシックの場合は、還元率0.5%です。

セディナカードクラシック限定のサービス・特典

海外旅行傷害保険

セディナカードクラシックには海外旅行傷害保険が利用付帯しています。セディナカードには付帯していない機能です。

利用付帯は、カードを利用することによってはじめて保険が適用される保険です(例:事前に旅行代金を対象カードで支払うなど)。

海外の医療費は、日本より高額なので海外旅行に行く場合は、海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを1枚持って行くだけで安心感が全然違います。

補償期間は、1旅行につき最長3ヵ月(90日)間まで補償してくれるので、長期間の旅行でも安心です。

電話サポートも充実していて、旅先で万が一アクシデントに遭った場合、三井住友海上の緊急アシスタンスサービスを利用できます。24時間365日、日本語でサポートしてくれるため、海外の見知らぬ地では、強力なサポートになります。

<海外旅行傷害保険の詳細>

担保項目保険金額
本会員・家族会員
傷害死亡・後遺障害1,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額)100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)100万円
賠償責任(1事故の限度額)1,000万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
10万円
救援者費用(1年間の限度額)100万円

国内旅行傷害保険

セディナカードクラシックには国内旅行傷害保険が利用付帯しています。セディナカードには付帯していない機能です。

国内旅行傷害保険では、公共交通機関を利用中の傷害事故、宿泊施設に宿泊中の火災・破裂・爆発による傷害事故、宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中の傷害事故について補償してくれます。

ただし、事故日を含めて7日以内に治療が終了した場合は、入院保険金、通院保険金は支払われません。

<国内旅行傷害保険の詳細>

担保項目保険金額
本会員・家族会員
傷害死亡・後遺障害1,000万円
入院保険金日額
<フランチャイズ7日>
3,000円
通院保険金日額
<フランチャイズ7日>
2,000円
フランチャイズとは
加盟店などで利用されるフランチャイズとは、まったく別物の保険用語です。
意味としては、免責に非常に似ています。フランチャイズ7日となっている場合は、7日目までは一切補償されないという意味です。事故発生の日から8日目以降であれば、入院・通院の状態にある場合、保険金が支払われます。

イオン・ダイエーでポイント3倍

OMCマークのついたカードで、全国のダイエー、イオン各店舗でのカードショッピングで、わくわくポイントがいつでも通常獲得ポイントの3倍たまります。還元率は1.5%です。200円につき3ポイント貯まります。

普段からイオンやダイエーで買い物している人は、ポイントがザクザク貯まります。

iD・QUICPay・Apple Payの利用分は対象外です。

対象店舗は以下の通りです。

対象店舗
ダイエーグルメシティフーディアム
イオンマックスバリュイオンスーパーセンター
ボンベルタ成田ホームワイド光洋
マルナカ山陽マルナカピーコックストア
サンデージョイザ・ビッグ

藤田観光グループの対象施設でポイント5倍

全国の藤田観光グループの対象施設で、宿泊、入場料、レストランの支払いにカードを利用すると、わくわくポイントが5倍たまります。QUICPayでの支払いは、対象外です。

また一部施設及び、婚礼、宴会、テナント店舗でのカード利用は対象外です。

宇佐美グループSSでポイント3倍進呈

全国の宇佐美グループSSでカードを利用すると、わくわくポイントが3倍たまります。QUICPayでの支払いは、対象外です。

結局どっちがおすすめ?

セディナカードは年会費無料ですが、セディナカードクラシックは1,000円(税抜)です。各カードの特典は以下の通りです。

セディナカード限定のサービス・特典

  • ファーストチャンスポイント(入会後3ヵ月間はポイント3倍)
  • ETCカード利用でポイント1.5倍
  • 海外での利用でポイント1.5倍

セディナカードクラシック限定のサービス・特典

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • イオン・ダイエーなどでポイント3倍
  • 藤田観光グループの対象施設でポイント5倍
  • 宇佐美グループSSでポイント3倍

年会費が発生する分、セディナカードクラシックの方が特典が充実しています。

セディナカードクラシックなら、毎月1日と第1日曜日は、わくわくポイント2倍デーが開催されるのでポイントもお得に貯まります。また、イオン・ダイエーなどでもポイントが3倍になります。

ただし、普段からイオンを利用しているのであれば、イオンカードがの方が多くの恩恵をうけられます。おすすめの券種は、イオンカードセレクトです。イオンカードとイオンカードセレクトの違いについては、以下の記事で詳細に解説しています。

イオンカードは、イオンを利用したことがある人なら一度は耳にしたことがあるカードだと思います。 イオンカード...

まとめ

セディナカードとセディナカードクラシックは株式会社セディナが発行しているカードの中でスタンダードな1枚に位置するカードです。スタンダードなカードといっても、それぞれ付帯機能・特典も違います。

どちらのカードも賢く使えば節約につながるのでおすすめです。

本サイトの表記内容は2020年2月現在の内容になります。正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認ください。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 新澤勲 より:

    カードの種類で「DCMダイキ」はマイボカードですが.「オークワ」のカードは何カード
    ですか?

    • 甘パパ より:

      新澤勲 様
      オークワのカードは「オーカードプラス」になります。
      回答になっていますでしょうか?

      今後とも当サイトをよろしくお願いします。