JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーション条件・メリット・デメリット・特典まとめ

シェアする

コロナアラート

JCB GOLD THE PREMIER(JCBゴールド ザ・プレミア)

JCBゴールドの上位カードに、準プラチナカード級の特典やサービスをうけられるJCBゴールド ザ・プレミアというカードがあります。

JCBゴールド ザ・プレミアは、招待制のカードです。インビテーション(招待)が届いた人しか取得できない貴重なカードです。インビテーションは、JCBゴールド保有者でかつ特定の条件を満たした利用者にのみ発行されます。

そのため、JCBゴールド ザ・プレミアを取得するには、JCBゴールドを保有してクレヒスを積み上げていく必要があります。

JCBゴールド ザ・プレミアを実際に取得した時の申込み手順などについては、以下の記事で解説しています。

どうも甘パパです。 JCBゴールド ザ・プレミアという、準プラチナカード級の特典やサービスをうけられる大変コスパに優れたカードがありま...

JCBゴールド ザ・プレミアのメリット・デメリット、使い方について解説します。

JCBゴールド ザ・プレミアの基本情報

カード名 JCBゴールド ザ・プレミア
カードデザインJCBゴールド ザ・プレミア
発行会社株式会社ジェーシービー
年会費16,500円(税込)
※年間100万以上の利用で10,000円
入会条件JCBが定める条件を満たした者
家族カード1人目は無料
2人目から1,100円(税込)
ETCカード
無料
国際ブランドJCB
電子マネーQUICPay、Apple Pay、Google Pay
ポイントOki Dokiポイント
ポイント有効期限ポイント獲得月から5年間
ポイント付与率0.5~0.85%
※1,000円(税込)利用で1~1.7ポイント
※1ポイント5円相当
締め日/支払日公式サイト参照
海外旅行傷害保険最高 1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高 5,000万円(自動付帯)
ショッピングガード保険最高500万円

JCBゴールド ザ・プレミアの特徴

JCBゴールド ザ・プレミアは、JCBオリジナルシリーズという種類のカードです。

JCBオリジナルシリーズ共通の特典・サービスをうけられる

JCBオリジナルシリーズのカードなら、以下のJCBオリジナルシリーズ共通の特典・サービスをうけられます。

  • 海外利用でOki Doki ポイント2倍
  • Oki Doki ランド経由でOki Doki ポイント最大20倍
  • ポイント優待店(JCB ORIGINAL SERIESパートナー)でポイント還元率アップ
  • JCBスターメンバーズ(年間利用金額に応じて還元率&抽選口数アップ
  • QUICPay・Apple Pay・Google Payが使える
  • 強固なセキュリティ
    • ICカード
    • 不正検知システム
    • 本人認証サービス「J/Secure™」
    • J/Secureワンタイムパスワード™
    • JCBでe安心
  • ETCカード(スルーカード)の発行手数料・年会費が無料
  • JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)を利用可能
  • JCBトラベルで特典をうけられる
  • JCBプラザ・JCBプラザ ラウンジを無料で利用可能

JCBオリジナルシリーズの共通特典・サービスについては以下の記事にまとめていますので詳細を確認したい方は参考にしてください。

JCBオリジナルシリーズ(JCB ORIGINAL SERIES)というJCBのプロパーカードがあります。ここでは、JCBオリジナルシリ...

GOLD Basic Service共通の特典・サービスをうけられる

JCBゴールド ザ・プレミアは、JCBプレミアムカードの一種です。

JCBプレミアムカードとは、以下のカードの総称です。

JCBプレミアムカード会員は、「GOLD Basic Service(ゴールドベーシックサービス)」というJCBプレミアムカード会員専用のサービスをうけられます。

GOLD Basic Serviceの共通特典・サービスは以下の通りです。

  • 会員専用デスク通話料無料
  • 会員情報誌「JCB THE PREMIUM」毎月無料で届く
  • JCBオリジナルカレンダー年1回無料プレゼント
  • 空港ラウンジ無料で利用可能
  • JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービスポイント5倍
  • 東京ディズニーリゾート®への旅 トラベル特典ポイント5倍
  • 手荷物無料宅配券サービス
  • JCBゴールド グルメ優待サービス料金が20%OFF
  • 京爛漫(京都の旅館、飲食店、名品店にて優待をうけられる
  • JCB チケットサービス良席保証・先行販売・特典付チケットを毎月案内
  • ゴルフエントリーサービス優待料金でプレー可能
  • JCBゴールド ゴルフイベント(JCB主催のゴルフコンペなどに参加可能)
  • JCBゴルファーズ倶楽部(憧れの名門コースを気軽にプレー)
  • JCB GOLD Service Club Offスタンダード会員が無料
  • 人間ドックサービス(全国の優良医療機関の人間ドックを優待料金で
  • ドクターダイレクト24(医師などの専門スタッフへの相談が無料
  • 健康チェックサービス(痰などの検体を郵送するだけで検査できる)
  • JCB暮らしのお金相談ダイヤル(お金について税理士などへの相談が無料
  • ゴールドフラワーサービス全品5%引き

GOLD Basic Serviceは、JCBゴールド以上が利用できる共通特典ということもあり「空港ラウンジ」や「会員専用デスク」など一般的なゴールドカードの特典は網羅されています。

GOLD Basic Serviceの共通特典・サービスについては以下の記事にまとめていますので詳細を確認したい方は参考にしてください。利用可能な空港ラウンジについても解説しています。

JCBには、「GOLD Basic Service(ゴールドベーシックサービス)」というJCBプレミアムカード会員専用のサービスがありま...

上記の「JCBオリジナルシリーズ」または「GOLD Basic Service」の共通特典・サービス以外で、JCBゴールド ザ・プレミア独自または充実している機能・優待特典・サービスは主に以下の項目になります。

  • カードフェイス(カードデザイン)
  • 年会費
  • 付帯保険
    • 海外旅行傷害保険
    • 国内旅行傷害保険
    • 国内・海外航空機遅延保険
    • ショッピングガード保険
  • プライオリティ・パス
  • JCB Lounge 京都
  • ゴールド ザ・プレミアデスク
  • グルメルジュ powered by TABLE REQUEST
  • JCBプレミアムステイプラン
  • ポイント有効期限は5年間

JCBゴールド ザ・プレミアのカードフェイス

JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミアは、日本らしい「和」を感じさせるデザインが特徴です。JCBの公式ホームページでは、カードデザインについて以下のように書かれています。

「JCB ORIGINALシリーズ」カードのデザインコンセプトについて

著名なデザイナーである服部 一成(はっとり かずなり)氏を起用し、日本発唯一の国際クレジットカードブランドとして、日本から世界に広がるJCBのネットワークを表現したデザインを採用しました。地紋には「JCB」をベースにした、日本の「和」を感じさせる文様を採用し、中央の象徴的な円形シンボルマークには、「ネットワークの信頼性」、「しっかり結ばれたお客様との縁」という意味を込め、日本の伝統的な「家紋」を組紐風にしてデザインしました。

地紋は日本庭園の枯山水(かれさんすい)を感じさせる和的な文様です。

中央に置かれたアイコンは「J」「C」「B」を組紐のように組み合わせてシンボル化されています。この象徴的なシンボルには、「ネットワークの信頼性」、「しっかり結ばれたお客様との縁」という2つの意味が込められています。

JCBゴールド ザ・プレミアの券面は、JCBゴールドと比べると中央のシンボルがより強調され、ベースがブラックになっています。

JCBゴールドJCBゴールド ザ・プレミア
JCBゴールドJCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミアの年会費

JCBゴールド ザ・プレミアの年会費は、16,500円(税込)です。

JCBゴールド ザ・プレミアは、あくまでJCBゴールドがベースのカードです。JCBゴールドにサービスが追加されたのがJCBゴールド ザ・プレミアです。

年会費の考え方も、JCBゴールドの年会費にサービス年会費を加算したイメージになります。年会費の内訳は次の通りです。

  • JCBゴールドのカード年会費:11,000円(税込)
  • JCBゴールド ザ・プレミアのサービス年会費:5,500円(税込)

年会費は条件を満たせば割引可能です。年間100万円(税込)以上のショッピング利用サービス年会費5,500円(税込)が無料になります。

年間とは、前々年の12月16日~前年の12月15日までを指します。

JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーション(招待)条件

JCBゴールド ザ・プレミア サービスのご案内

JCBゴールド ザ・プレミアの招待条件は、JCBが公式に公開しています。

以下の条件を満たせば、インビテーションが届きます。

  1. JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドのショッピング利用合計金額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上であること。
  2. 本会員が会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」に受信可能なEメールアドレスを登録していること(毎年1月末日まで)。

インビテーションは、毎年2月下旬ごろに本会員あてに、Eメールで届きます。

100万円以上を達成するための注意点

集計期間が12月16日~翌年12月15日に設定されていますが、この期間に利用すれば必ずしも集計対象になるとは限りません。集計期間内に利用したとしても利用加盟店からの売上票が集計期間終了後に到着した場合は、翌年度の集計となります。

年会費、ショッピングリボ払い・分割払い・スキップ払い手数料、キャッシングサービス利用分・手数料、電子マネーチャージ利用分など一部の利用分は集計の対象となりません。

その他の注意点

郵送時の送付先を海外住所に登録している場合は招待対象となりません。

毎年1月末日時点で「MyJCB」のIDがID・パスワードを複数回誤るなどの理由により利用できない場合には招待のEメールが配信されません。

どうも甘パパです。 JCBゴールド ザ・プレミアという、準プラチナカード級の特典やサービスをうけられる大変コスパに優れたカードがありま...

JCBゴールド ザ・プレミアの付帯保険

海外旅行傷害保険

JCBゴールド ザ・プレミアの海外旅行傷害保険は自動付帯です。自動付帯は、カードを持っているだけで自動的に保険が適用される最強の保険です。

自動付帯と・利用付帯の違いは以下の通りです。

  • 自動付帯:カードを持っているだけで自動的に適用される保険
  • 利用付帯:カードを利用した場合に限り適用される保険

JCBゴールド ザ・プレミアの海外旅行傷害保険には「家族特約」も付帯しています。家族特約は、生計を共にする家族で満19歳未満の子を対象に最高1,000万円まで補償してくれる特約です。

海外の医療費は、日本より高額なので海外旅行に行く場合は、海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを1枚持って行くだけで安心感が全然違います。

補償期間は、1旅行につき最長3ヵ月間まで補償してくれるので、長期間の旅行でも安心です。

電話サポートも充実していて、旅先で万が一アクシデントに遭った場合、JCBプラザコールセンター(海外)を利用できます。24時間365日、日本語でサポートしてくれるため、海外の見知らぬ地では、強力なサポートになります。

<海外旅行傷害保険の詳細>

担保項目保険金額
本会員・家族会員家族特約
傷害死亡・後遺障害合計最高1億円1,000万円
自動付帯5,000万円1,000万円
利用付帯5,000万円
傷害治療費用300万円200万円
疾病治療費用300万円200万円
賠償責任1億円2,000万円
携行品損害
※自己負担:1事故3,000円
50万円50万円
救援者費用400万円200万円

国内旅行傷害保険

JCBゴールド ザ・プレミアの国内旅行傷害保険は、自動付帯です。

「家族特約」は付帯していません。

国内旅行傷害保険では、以下の1~3の場合に限り補償されます。

  1. 公共交通機関を利用中の傷害事故
  2. 宿泊施設に宿泊中の火災・破裂・爆発による傷害事故
  3. 宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中の傷害事故

事故日を含めて7日以内に治療が終了した場合は、入院保険金、通院保険金、手術保険金は支払われません。

<国内旅行傷害保険の詳細>

担保項目保険金額
(本会員・家族会員)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金5,000円 × (10倍~40倍)

国内・海外航空機遅延保険

JCBゴールド ザ・プレミアには、国内・海外航空機遅延保険が付帯してます。

国内・海外航空機遅延保険は、航空便の遅延や欠航、手荷物の配達遅延・紛失などで負担した一定の費用を補償してくれます。補償対象者は、カード本会員と家族会員です。

「家族特約」は付帯していません。

<国内・海外航空機遅延保険の補償内容>

担保項目保険金額
(本会員・家族会員)
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用など保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円

ショッピングガード保険

JCBゴールド ザ・プレミアには、ショッピングガード保険が付帯しています。

補償対象者は、本会員と家族会員です。

JCBプラチナで決済した商品に万一破損や盗難などの損害が発生した場合、国内外を問わず購入日から90日間補償してくれます。

  • 年間補償限度額:会員1名につき最高500万円

補償金額は、領収書に記載された物品の購入金額(修理が可能な場合は修理金額)から自己負担額3,000円を控除した金額になります。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスは、プライオリティ・パス社が提供する世界約130の国や地域、約500の都市で約1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。

プライオリティ・パス自体は、特定のクレジットカードなどを持っていなくても年会費さえ支払えば誰でも発行できます。ただし公式ホームページからプライオリティパスを申し込むと年会費の高さに圧倒されます。

プライオリティ・パスの会員プラン一覧

プライオリティ・プランの会員プラン

プラン年会費内容(利用料金)同伴者の利用料金
スタンダード99ドル利用するたびに32ドル必要32ドル
スタンダード・プラス299ドル10回まで無料で利用可能
10回を超えると利用するたびに32ドル必要
プレステージ429ドル無制限に利用可能

最低のスタンダードプランでも99ドルです。ただし、キャンペーンを定期的に実施しているので、実際にはもう少し安く入会できる可能性があります。キャンペーン情報ならびにプライオリティ・パスの詳細については以下の公式サイトから確認してください。

年会費は為替の影響で多少前後します。以下に70~150円の範囲(5円単位)で年会費を日本円表記にしてみましたので参考にしてください。

米ドル/円プラン
スタンダードスタンダード・プラスプレステージ
150円14,850円44,850円64,350円
145円14,355円43,355円62,205円
140円13,860円41,860円60,060円
135円13,365円40,365円57,915円
130円12,870円38,870円55,770円
125円12,375円37,375円53,625円
120円11,880円35,880円51,480円
115円11,385円34,385円49,335円
110円10,890円32,890円47,190円
105円10,395円31,395円45,045円
100円9,900円29,900円42,900円
95円9,405円28,405円40,755円
90円8,910円26,910円38,610円
85円8,415円25,415円36,465円
80円7,920円23,920円34,320円
75円7,425円22,425円32,175円
70円6,930円20,930円30,030円

JCBが発行してくれるプライオリティ・パスは利用回数の制限がないので、プランでいえば「プレステージ」同様です。海外に頻繁に行く人は、プライオリティ・パスの利用だけで年会費を回収できてしまいます。

お得なプライオリティ・パスですが、JCBの負担が大きいことが容易に想像できます。そのため、本会員のみ発行可能です。家族会員は発行してもらえません。同伴者は、およそ3,200円程度(32ドル)の料金を支払えば一緒に利用できます。

JCB Lounge 京都(同伴者1名無料)

JCB Lounge 京都(JCBラウンジ京都)

JCBゴールド ザ・プレミア会員(本会員、家族会員)は、京都駅ビル内の「JCB Lounge 京都」を無料で利用できます。会員1名につき、同伴者も1名まで利用できます。

一般的なラウンジ同様、フリードリンク、新聞・雑誌の閲覧などのサービスをうけられます。また手荷物も預かってもらえるので、観光するのにも便利です。

営業時間は、10:00~18:00(年中無休)です。

JCB Lounge 京都については、以下の記事で詳細に解説しています。

JCBラウンジ京都(JCB Lounge 京都)というJCBの上級カード保有者が利用できるラウンジがあります。 JCBラウンジ京都では...

ゴールド ザ・プレミアデスク

JCBゴールド ザ・プレミア会員は、会員専用のゴールド ザ・プレミアデスクを利用できます。

カードに関する全般的な問い合わせに対応してくれる「インフォメーションダイヤル」と、ゴルフ場、JCBプレミアムステイプランの予約に対応してくれる「リザベーションダイヤル」を利用できます。

営業時間はどちらも9:00~20:00(年中無休 ※年末年始を除く)です。

JCBプレミアムステイプラン

JCBゴールド ザ・プレミア会員は、全国の上質なホテルと旅館に宿泊できる「JCBプレミアムステイプラン」を利用できます。

ホテルは、JCBならではのお値打ち価格で宿泊できる「スペシャルプライスプラン」。旅館はお客様満足度の高い旅館が数多く揃っています。

会員限定特典がついた施設もあり、ビジネスやプライベートでの滞在に利用できます。

JCBプラチナのポイント有効期限は5年間

JCBゴールド ザ・プレミアのポイント有効期限は、ポイント獲得月から5年間です。JCBゴールドの有効期限よりも2年間延長されているので、ポイント失効のリスクを大幅に減らせます。

  • JCB一般カード:ポイント獲得月から2年間
  • JCBゴールド:ポイント獲得月から3年間
  • JCBゴールド ザ・プレミア:ポイント獲得月から5年間

JCBゴールド ザ・プレミアのデメリット

年会費が必要

JCBゴールド ザ・プレミアの年会費は16,500円(税込)です。初年度から必要です。決して安い金額ではないので、金額に見合ったサービスを利用しなければ損です。

JCBゴールドの特典で満足しているなら、あえてJCBゴールド ザ・プレミアを発行する必要はないかもしれませんが、JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションが届いたということは、2年連続で年間100万円以上を利用したということです。

今後も年間100万円以上利用するのであれば、サービス年会費5,500円(税込)が免除されるので実質JCBゴールドと同じ年会費で保有できます。

JCBゴールド ザ・プレミアは、JCBゴールドにはない「JCB Lounge 京都」の利用やプライオリティパスの無料発行、ダイニング30など準プラチナカード級の特典を利用できます。

100万円以上利用するのであれば、デメリットはないので発行をおすすめします。

まとめ

JCB GOLD THE PREMIER(JCBゴールド ザ・プレミア)の円形シンボルマーク

JCBゴールド ザ・プレミアは、ステータスはもちろん、各種ベネフィットも充実しています。日本唯一の国際ブランドなので、安心感もあります。

また利用状況によっては、JCBカードの最高峰「JCBザ・クラス」のインビテーション(招待状)が届く可能性もあります。

JCBザ・クラスのインビテーション条件については以下の記事で解説しています。

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)というクレジットカードがあります。 JCBザ・クラスは、JCBの最上位ステータスを誇るカ...

年会費もお得なので、目指す価値のある1枚です。

公式サイト JCBゴールド

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)