コジマ×ビックカメラカードの特典・メリット・デメリットを解説

コロナアラート

コジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)

コジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)というイオン銀行が発行しているカードがあります。コジマ・ビックカメラ・ソフマップでお得な特典をうけられるカードです。

さっそく、コジマ×ビックカメラカードの特典や特徴・メリット・デメリットについて解説したいと思います。

新規入会でコジマポイント1,000ptプレゼント

コジマ×ビックカメラカードの基本情報

カード名コジマ×ビックカメラカード
カードデザインコジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)
発行会社イオン銀行
業務受託:イオンクレジットサービス株式会社
年会費無料
入会条件18歳以上で電話連絡可能な方
※高校生不可(卒業年度の1月1日以降なら申込み可能)
家族カード
ETCカード無料
国際ブランドMastercard / JCB
ポイントWAON POINT
ポイント付与率0.5%
200円(税込)ごとに1ポイント
ポイント有効期限初回進呈月を起点に最大2年間
電子マネーWAON、イオンiD、Apple Pay
締め日/支払日毎月10日 / 翌月2日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

コジマ×ビックカメラカードの特徴

コジマ×ビックカメラカードは、クレジットカードに、電子マネー「WAON」の機能と「コジマポイントカード」の機能が付帯したカードです。1枚で3役の効果があります。

  • クレジットカード機能
  • 電子マネーWAON機能
  • コジマポイントカード機能

コジマ×ビックカメラカードに申込むと「コジマポイントカード」に同時入会になります。すでに「コジマポイントカード」を持っている場合でも新規の入会になります。

コジマ×ビックカメラカードを退会した場合には、付帯の「コジマポイントカード」は利用できなくなります。

「コジマポイントカード」を継続・ 退会する場合には、ビックカメラグループポイントサービスセンターへ相談してください。

コジマ×ビックカメラカードは、Mastercard または JCBブランドでの発行になります。

コジマ×ビックカメラカードは、イオンマークのカード(イオンマークのあるカード)なので、イオンマークのカード共通の特典・サービスをうけられます。

イオンマークのカード共通の特典・サービス

  • イオングループの対象店舗でいつでもポイント2倍
  • 0のつく日はイオンモール専門店でポイント5倍
  • 毎月5のつく日は「お客さま わくわくデー」でポイント2倍
  • 毎月10日は「AEON CARD Wポイントデー」でどこでもポイント2倍
  • 毎月10日は「ありが10デー」でイオングループの対象店舗でポイント5倍
  • 毎月15日は「G.G 感謝デー」で5%OFF(55歳以上限定)
  • 毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」で5%OFF
  • イオンカードポイントモール経由でポイントがお得にたまる
  • AEONCARD ポイントクラブ(優待加盟店)の利用でポイント最大3倍
  • Web明細(環境宣言)
  • ETCカードの発行手数料・年会費が無料
  • Apple Payが使える
  • JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)を利用可能
  • ショッピングセーフティ保険が付帯
  • クレジットカード盗難保障が付帯
  • 優待施設で割引などの特典をうけられる
  • 各種旅行サイトで割引などの特典をうけられる
  • 世界にあるイオンワールドデスクを利用できる
  • イオンシネマの映画料金がいつでも300円割引

イオンマークのカードの共通特典・サービスについては以下の記事にまとめていますので詳細を確認したい方は参考にしてください。イオンマークのカードと、イオンマークのないカードについても紹介しています。

イオンマークのついたクレジットカードには、共通の特典やサービスがあります。 ここでは、それらの特典やサービスについて解説します。 イ...

コジマ×ビックカメラカードでは、イオンマークのカード特典に加えて、以下のような独自の特典をうけられます。

  • コジマでのクレジットカード決済で現金払いと同率のポイントサービス
  • WAON POINTをコジマポイントに交換可能
新規入会でコジマポイント1,000ptプレゼント

コジマでのクレジットカード決済で現金払いと同率のポイントサービス

コジマで「コジマ×ビックカメラカード」を利用すると、現金払いと同率の「コジマポイント」がたまります。

さらにWAON POINTも200円(税込)ごとに1ポイントたまるのでポイントの二重取りが可能です。ビックカメラ・ソフマップでの利用も対象です。

「コジマポイント」と「WAON POINT」を整理すると以下の通りです。

  • コジマポイント:コジマでの買い物でたまる&使えるポイント
  • WAON POINT:イオンマークのカード利用でたまるポイント(JMBカード除く)

コジマポイントは購入商品によってポイントの還元率が異なりますが、通常クレジットカードで支払うと還元率が2%下がります。

具体的には以下のようなイメージです。

例)200,000円の冷蔵庫がポイント10%還元の場合

  • 現金払い:20,000円ポイント還元(10%)
  • クレジットカード:16,000円ポイント還元(8%)
  • コジマ×ビックカメラカード:20,000円ポイント還元(10%)

上記の通りコジマ×ビックカメラカードで支払えば、現金払いと同じ還元率が適用され、WAON POINTもたまるので一番お得な支払い方法になります。

Apple Pay・イオンiDでの支払いは、「現金払いと同率のポイントサービス」の対象外です。また一部対象外店舗・対象外商品があります。

WAON POINTをコジマポイントに交換可能

コジマ×ビックカメラカード会員限定で、「WAON POINT」を「コジマポイント」に交換できます。1,000ポイント以上500ポイント単位で交換できます。交換するWAON POINTは有効期限が短いものから優先して使用されます。

ポイント換算表

WAON POINTコジマポイント
1,000 ポイント →1,000 ポイント
1,500 ポイント →1,500 ポイント
2,000 ポイント →2,000 ポイント
2,500 ポイント →2,500 ポイント
3,000 ポイント →3,000 ポイント
3,500 ポイント →3,500 ポイント
4,000 ポイント →4,000 ポイント
4,500 ポイント →4,500 ポイント
5,000 ポイント →5,000 ポイント

※以降、500ポイント単位で交換が可能です。

※コジマポイントへの移行は、応募から3日程度かかります。

WAON POINTの交換にはイオンスクエアメンバーの登録が必要となります。

イオンiD

コジマ×ビックカメラカードでは、イオンiDを利用できます。イオンiDは、NTTドコモのケータイクレジット「iD」を利用できるサービスです。

「iD」は「マークのある加盟店」の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけで支払いが完了する簡単で便利な決済サービスです。

「iD」は、ポストペイ(後払い)方式の電子マネーです。他にも有名なポストペイ方式の電子マネーとしてJCBの「QUICPay(クイックペイ)」があります。ポストペイ方式の便利なところは、事前チャージ不要で利用できることです。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯めることができます。

イオンiDを利用するには、iDアプリにアクセスコードを登録する必要があります。アクセスコードは、イオンクレジットサービスが運営する「暮らしのマネーサイト」から申し込めます。アクセスコードの発行には、所定の審査があるため発行が見送られる場合もあります。

アクセスコードが発行されたら、iDアプリに登録します。iDアプリに正しく登録されると、以下のようにイオンカードが表示されます。

イオンiDの設定完了画面

この画面が表示されれば、イオンiDをその日から利用できます。

コジマ×ビックカメラカードのデメリット

ポイント還元率が0.5%

コジマ×ビックカメラカードのポイント還元率は0.5%と一般的です。

還元率という点だけでいえば、以下のような年会費無料でポイント還元率が1.0%以上のカードと比較すると少し見劣りしてしまいます。

カードポイント還元率
リクルートカード
リクルートカード(RECRUIT Card)
1.2%
楽天カード
楽天カード
1.0%
Yahoo!JAPANカード
Yahoo! JAPANカード
1.0%
dカード
dカード
1.0%
オリコカード ザ ポイント
Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
1.0%
JCB CARD W
JCB CARD W
1.0%
JCB CARD W plus L
JCB CARD W plus L
1.0%

ただし、コジマ×ビックカメラカードは、イオングループの対象店舗なら、いつでもポイントが2倍になりますし、毎月10日であればどこでもポイントが2倍になります。そのため使い方によっては、常に還元率を1.0%以上にすることも可能です。

また、コジマ(ビックカメラ・ソフマップ含む)では、現金払いと同率のポイントサービスになるので、還元率にすると2%以上お得に買い物できます。コジマだけで考えると他のクレジットカードよりも圧倒的にお得です。

旅行傷害保険が付帯していない

コジマ×ビックカメラカードには、国内外の旅行傷害保険が付帯していません。

そもそもコジマ×ビックカメラカードは、アメックスやダイナースのようなT&Eカード(トラベル&エンタテインメントカード)ではないので旅行傷害保険は特に必要ないと思います。仮に旅行傷害保険を付帯することで年会費が有料になる方がデメリットです。

ライバルのセブン&アイグループのセブンカード・プラスも国内外の旅行傷害保険は付帯していません。

旅行傷害保険の付帯したカードを選ぶのであれば、空港ラウンジなども利用できるゴールドカード以上をおすすめします。

家族カードがない

コジマ×ビックカメラカードには、家族カードがありません。

家族分のカードを発行する場合は、家族それぞれがカードに申し込む必要があります。

イオンゴールドカードのインビテーションはこない

イオンゴールドカードセレクトイオンゴールドカード

イオンカードには、インビテーション(招待状)が届いた人のみ取得することができるイオンゴールドカードがあります。

コジマ×ビックカメラカードは、インビテーション対象外のカードなので、イオンゴールドカードのインビテーションが届くことはありません。

インビテーションが届く対象カードは、以下の2種類です。

ミッキーマウス デザインとトイ・ストーリー デザインもインビテーションの対象です。ただし、ミニオンズはインビテーションの対象外です。

イオンゴールドカードのインビテーションが届く条件については、実際に届いた時の条件・申込み手順なども含めて以下の記事で解説しています。

イオンゴールドカードセレクトを取得したので色々まとめました。 取得手順は申込むだけなので簡単です。ただし国際ブランドがVISAの場合は...

イオンゴールドカードの特典は、以下の通りです。

  • 全国のイオンラウンジを利用できる
  • 空港ラウンジサービス
  • 国内外の旅行傷害保険が無料付帯
  • ショッピングセーフティ保険の補償額が年間50万円から年間300万円にアップ
  • (イオンカードセレクトのみ)イオン銀行Myステージのイオン銀行スコアが毎月40点加算

まとめ

コジマ×ビックカメラカードの大きなメリットは以下の3つです。

  • コジマでのクレジットカード決済で現金払いと同率のポイントサービス
  • WAON POINTをコジマポイントに交換可能

コジマ×ビックカメラカードは、クレジットカードに電子マネーWAONとコジマポイントカードの機能が付帯した三位一体のカードです。現金払いと同率のポイントが付与されるのが最大のメリットです。

家電は高額なので、還元率が2%違うだけでも還元されるポイント数が大きく違ってきます。コジマで普段から買い物している人にとっては、強くおすすめできる1枚です。

新規入会でコジマポイント1,000ptプレゼント
オンラインでカード申込み完結!書類の郵送・お届け印不要!
関連コンテンツ

フォローする