ナンバカードはナンバホームセンターで特典満載!デメリットも解説

コロナアラート

ナンバカード

ナンバカードというイオン銀行が発行しているカードがあります。岡山・兵庫・鳥取・島根に店舗展開しているナンバホームセンターでお得な特典をうけられるカードです。

さっそく、ナンバカードの特典や特徴・メリット・デメリットについて解説します。

ナンバカードの基本情報

カード名ナンバカード
カードデザインナンバカード
発行会社イオン銀行
業務受託:イオンクレジットサービス株式会社
年会費無料
入会条件18歳以上で電話連絡可能な方
※高校生不可(卒業年度の1月1日以降なら申込み可能)
家族カード無料
※3枚まで発行可能
ETCカード無料
国際ブランドVisa / Mastercard / JCB
ポイントWAON POINT
ポイント付与率0.5%
200円(税込)ごとに1ポイント
ポイント有効期限初回進呈月を起点に最大2年間
電子マネーApple Pay
締め日/支払日毎月10日 / 翌月2日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

ナンバカードの特徴

ナンバカードは、イオンマークのカード(イオンマークのあるカード)なので、イオンマークのカード共通の特典・サービスをうけられます。

イオンマークのカード共通の特典・サービス

  • イオングループの対象店舗でいつでもポイント2倍
  • 0のつく日はイオンモール専門店でポイント5倍
  • 毎月5のつく日は「お客さま わくわくデー」でポイント2倍
  • 毎月10日は「AEON CARD Wポイントデー」でどこでもポイント2倍
  • 毎月10日は「ありが10デー」でイオングループの対象店舗でポイント5倍
  • 毎月15日は「G.G 感謝デー」で5%OFF(55歳以上限定)
  • 毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」で5%OFF
  • イオンカードポイントモール経由でポイントがお得にたまる
  • AEONCARD ポイントクラブ(優待加盟店)の利用でポイント最大3倍
  • Web明細(環境宣言)
  • ETCカードの発行手数料・年会費が無料
  • Apple Payが使える
  • JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)を利用可能
  • ショッピングセーフティ保険が付帯
  • クレジットカード盗難保障が付帯
  • 優待施設で割引などの特典をうけられる
  • 各種旅行サイトで割引などの特典をうけられる
  • 世界にあるイオンワールドデスクを利用できる
  • イオンシネマの映画料金がいつでも300円割引

イオンマークのカードの共通特典・サービスについては以下の記事にまとめていますので詳細を確認したい方は参考にしてください。イオンマークのカードと、イオンマークのないカードについても紹介しています。

イオンマークのついたクレジットカードには、共通の特典やサービスがあります。 ここでは、それらの特典やサービスについて解説します。 イ...

ナンバカードでは、イオンマークのカード特典に加えて、以下のような独自の特典をうけられます。

  • カード送付時に送付時に500円の割引券をプレゼント

カード送付時に送付時に500円の割引券をプレゼント

ナンバーカード送付時に、ナンバ店舗で利用できる500円のお買い物特別割引券がプレゼントされます。

お買い物特別割引券は、ナンバカードでの支払い5,000円以上の際に、1回の精算につき1枚利用できます。

ナンバカードのデメリット

ポイント還元率が0.5%

ナンバカードのポイント還元率は0.5%と一般的です。

還元率という点だけでいえば、以下のような年会費無料でポイント還元率が1.0%以上のカードと比較すると少し見劣りしてしまいます。

カードポイント還元率
リクルートカード
リクルートカード(RECRUIT Card)
1.2%
楽天カード
楽天カード
1.0%
Yahoo!JAPANカード
Yahoo! JAPANカード
1.0%
dカード
dカード
1.0%
オリコカード ザ ポイント
Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
1.0%
JCB CARD W
JCB CARD W
1.0%
JCB CARD W plus L
JCB CARD W plus L
1.0%

ただし、ナンバカードは、イオングループの対象店舗なら、いつでもポイントが2倍になりますし、毎月10日であればどこでもポイントが2倍になります。そのため使い方によっては、常に還元率を1.0%以上にすることも可能です。

旅行傷害保険が付帯していない

ナンバカードには、国内外の旅行傷害保険が付帯していません。

そもそもナンバカードは、アメックスやダイナースのようなT&Eカード(トラベル&エンタテインメントカード)ではないので旅行傷害保険は特に必要ないと思います。仮に旅行傷害保険を付帯することで年会費が有料になる方がデメリットです。

ライバルのセブン&アイグループのセブンカード・プラスも国内外の旅行傷害保険は付帯していません。

旅行傷害保険の付帯したカードを選ぶのであれば、空港ラウンジなども利用できるゴールドカード以上をおすすめします。

WAON・イオンiDを利用できない

ナンバカードは、「WAON」と「イオンiD」を利用できません。

普段から電子マネーを利用している人は、注意しておかなければいけません。特にAndroidユーザーは代替手段がないので、電子マネーは利用できないと思っておいた方が良いです。

ただし、iPhoneユーザーはApple Payを利用できますので、デメリットにはなりません。

イオンゴールドカードのインビテーションはこない

イオンゴールドカードセレクトイオンゴールドカード

イオンカードには、インビテーション(招待状)が届いた人のみ取得することができるイオンゴールドカードがあります。

ナンバカードは、インビテーション対象外のカードなので、イオンゴールドカードのインビテーションが届くことはありません。

インビテーションが届く対象カードは、以下の2種類です。

ミッキーマウス デザインとトイ・ストーリー デザインもインビテーションの対象です。ただし、ミニオンズはインビテーションの対象外です。

イオンゴールドカードのインビテーションが届く条件については、実際に届いた時の条件・申込み手順なども含めて以下の記事で解説しています。

イオンゴールドカードセレクトを取得したので色々まとめました。 取得手順は申込むだけなので簡単です。ただし国際ブランドがVISAの場合は...

イオンゴールドカードの特典は、以下の通りです。

  • 全国のイオンラウンジを利用できる
  • 空港ラウンジサービス
  • 国内外の旅行傷害保険が無料付帯
  • ショッピングセーフティ保険の補償額が年間50万円から年間300万円にアップ
  • (イオンカードセレクトのみ)イオン銀行Myステージのイオン銀行スコアが毎月40点加算

まとめ

ナンバカードの大きなメリットは以下の通りです。

  • カード送付時に送付時に500円の割引券をプレゼント

ナンバカードは、他のイオンマークのカードと比較すると少し特典内容が見劣りしてしまうかもしれませんが、カードデザインは唯一無二のオリジナルでかわいいです。

イオンマークのカードは、複数枚持つことができるので普段からナンバホームセンターを利用する人は、500円の割引券もプレゼントされるのでサブカードとしておすすめです。

関連コンテンツ

フォローする