JCB EITの特典・保険・ポイント・カードデザイン・リボ払い手数料を徹底解説!

シェアする

リンクユニット(adsense)

JCB EIT(エイト)は、年会費無料のリボ払い専用のカードです。

リボ払いと聞くと少し抵抗があるかもしれませんが、実質1回払いの設定にすることもできます。1回払いだと手数料が不要なので、通常のカードと同じように利用できます。

JCB EITのEITは、8つの価値があるカードということで、8の英単語である「EIghT」からきています。

JCB EITの8つの価値

  1. 年会費が永年無料
  2. Oki Dokiポイントが2倍
  3. 最高2,000万円まで補償する、海外旅行傷害保険(自動付帯)
  4. 年間最高100万円まで補償する、ショッピングガード保険(国内・海外)
  5. 初回手数料無料のJCBショッピングリボ払い
  6. インターネットショッピングも安心な、「JCBでe安心」制度
  7. 見せるのがうれしい、スタイリッシュなカードデザイン
  8. WEB明細サービス「MyJチェック」自動登録で、個人情報をしっかりガード

JCBは、自社のカードを利用してくれる人を大切にしてくれるので、将来JCBゴールドカードなどの上位カードを持ちたいと考えているなら、信用情報に残っているJCBの「クレジットカード利用履歴(以降クレヒス)」は大きな信頼を生みます。

JCB EITでは「Oki Dokiポイント」が貯まります。Oki Dokiポイントの「Oki Doki」は、「OK!」「大丈夫、よろこんで!」の語源である「Okey Dokey(オーキードーキー)<古語>」の口語です。親しみやすい名称で「ドキドキするようなサービスで楽しくお応えしたい」という考えから命名されました。

JCBは、日本を発祥とする唯一の国際ブランドです。世界の5大クレジットカードブランドのひとつでもあります。世界シェアは、Visa、MasterCard、Union Pay(銀聯)、Amexに次いで5位です。

日本国内ではトップクラスの加盟店網を持っています。個人経営などによる小規模な商店や単価の高い寿司屋などの料理店では、JCBしか取り扱っていない加盟店も数多く存在しています。

国内で利用する場合は、抜群に使い勝手の良いクレジットカードです。

JCB EITのメリット・デメリット、使い方について解説します。

JCB EITの基本情報

カード名 JCB EIT(ジェーシービー エイト)
カードデザイン
発行会社 株式会社ジェーシービー
年会費 永年無料
入会条件 18歳以上で
本人または配偶者に安定継続収入のある方
または
18歳以上の学生(高校生不可)
家族カード 永年無料
ETCカード
永年無料
国際ブランド JCB
電子マネー QUICPay、Apple Pay
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
ポイント付与率 1.0~1.1%
※1,000円(税込)利用で2~2.2ポイント
※1ポイント5円相当
締め日/支払日 毎月15日 / 翌月10日
※金融機関休業日の場合は翌営業日
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
国内旅行傷害保険
ショッピングガード保険
(国内・海外)
最高100万円

JCB EITの特徴

支払い方法

JCB EITのショッピング利用代金支払い方法は、ショッピングリボ払いのみです。1回払いやボーナス払いなどの他の支払い方法は指定できません。ただし、JCBが提供する有料付帯サービスの年間サービス料や電子マネーチャージなどは1回払いになります。

ショッピングリボ払いは、毎月の支払金額を自分で決められるため、急な出費があった時でも支払金額をコントロールできます。一方で手数料がかかるというデメリットがあります。

ショッピングリボ払いのイメージ

JCB EITのショッピングリボ払いは、初回手数料無料なので上記のショッピングリボ払いのイメージでは、「2/10 お支払い」の手数料は無料になります。つまり、2/10に1回払いすれば手数料を不要にできます。

手数料を不要にするには、毎月の返済額=利用限度額と設定します。そうすれば、実質1回払いになります。

具体的な金額変更方法などは、以下の記事にまとめています。

JCBには、「支払い名人」という支払い方法があります。 支払い名人に登録すれば、国内・海外問わず、ショッピング1回払い利用分が自動的に...

選べるカードデザイン

JCB EITでは、「ストライプ」「ブラック」「ステッチ」「チェック」「ドット」「ロゴ」の全6種類から好きなカードデザインを選べます。

「ストライプ」「ブラック」「ステッチ」の3種類には、QUICPay機能が付いています。カード一体型です。

「チェック」「ドット」「ロゴ」の3種類には、QUICPay機能は付いていません。カード一体型ではないものの、モバイル型のQUICPayなどを別途利用できます。

どれも魅力的なカードデザインですが、残念ながら複数のデザインのJCB EITに申し込むことはできません。1人1デザインまでです。家族会員のカードデザインは、本会員と同じです。

一度申込んだデザインは、変更することはできないので後悔がないように慎重に選ぶ必要があります。

Oki Dokiポイントが2倍

JCB EITで買い物するとOki Dokiポイントが2倍たまります。還元率は1.0%です。

通常であれば、1,000円で1ポイント(5円相当)なのが1,000円で2ポイント(10円相当)たまります。利用金額によっては、数万円以上お得になります。

利用金額 通常
※還元率0.5%
2倍
※還元率1.0%
1,000円 1ポイント
※5円相当
2ポイント
※10円相当
1万円 10ポイント
※50円相当
20ポイント
※100円相当
10万円 100ポイント
※500円相当
200ポイント
※1,000円相当
30万円 300ポイント
※1,500円相当
600ポイント
※3,000円相当
50万円 500ポイント
※2,500円相当
1,000ポイント
※5,000円相当
100万円 1,000ポイント
※5,000円相当
2,000ポイント
※10,000円相当
300万円 3,000ポイント
※15,000円相当
6,000ポイント
※30,000円相当

海外旅行傷害保険

実は、JCB EITの海外旅行傷害保険が目的で、JCB EITを所有している人が多くいます。

それは年会費が無料でありながらJCB EITの海外旅行傷害保険が自動付帯だからです。引受保険会社は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(幹事)、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社の3社です。

自動付帯は、カードを持っているだけで自動的に保険が適用される最強の保険です。補償対象者は、本会員と家族会員です。

つまり、普段使うカードは海外旅行傷害保険を気にせずポイント還元率が高いカードを使って、海外旅行に行くときだけJCB EITを持っていけば万が一何かあった時に補償の対象になります。

海外の医療費は、日本より高額なので海外旅行に行く場合は、海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを1枚持って行くだけで安心感が全然違います。

補償期間は、1旅行につき最長3ヵ月間まで補償してくれるので、長期間の旅行でも安心です。

電話サポートも充実していて、旅先で万が一アクシデントに遭った場合、JCBプラザコールセンター(海外)を利用できます。24時間365日、日本語でサポートしてくれるため、海外の見知らぬ地では、強力なサポートになります。

<海外旅行傷害保険の詳細>

担保項目 保険金額
(本会員・家族会員)
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
20万円
救援者費用 100万円

ショッピングガード保険

JCB EITには、ショッピングガード保険が付帯しています。

補償対象者は、本会員と家族会員です。

JCB EITでクレジット決済した商品に万一破損や盗難などの損害が発生した場合、購入日から90日間補償してくれます。年間補償限度額は会員1名につき最高100万円です。

補償金額は、領収書に記載された物品の購入金額(修理が可能な場合は修理金額)から自己負担額を控除した金額になります。

自己負担額は、海外であれば10,000円、国内であれば3,000円です。

セキュリティ

ICカード

ICカードは、IC(Integrated Circuit=集積回路)チップが埋め込まれたカードです。高度な暗号化技術によりセキュリティ機能が強化されており、偽造が困難なうえ、不正利用も未然に防止ししてくれます。

ICカード対応端末機設置加盟店では、ショッピングの際に必要だったサインが不要になり、暗証番号を入力することで本人確認ができます。さらに安全に、さらにスムーズにカードを利用できます。

不正検知システム

JCBでは、24時間365日、不正検知システムを用いて、第三者による不審な利用がないかチェックしています。不審な利用を検知した場合、カードの機能を一時的に停止したり、電話やメールにて、カードの利用内容について確認の連絡をしてくれます。

本人認証サービス「J/Secure™」

「J/Secure(ジェイセキュア)」とは、「J/Secure」加盟店でインターネットショッピングをする際、通常の取引情報に加え、パスワードを入力し、本人認証を行うサービスのことです。

第三者が本人の「MyJCBパスワード」もしくは「J/Secureワンタイムパスワード」を知らない限り、カードが不正使用されることはないため安全です。

J/Secureワンタイムパスワード™

JCBカードでは、無料の専用スマートフォンアプリを使ってワンタイムパスワードを利用できます。J/Secure参加加盟店でインターネットショッピングをする際、これまで必要であったMyJCBパスワードに代えて利用できます。

ワンタイムパスワードは、一度きりの使い捨てパスワード(ワンタイムパスワード)を発行してくれるため、ID・パスワードの漏洩や使い回しに起因する「なりすまし被害」を防止でき、高い安全性を確保できます。

JCBでe安心

JCBカードでは、インターネットショッピングで利用になった覚えのない請求があっても状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消してくれる「JCBでe安心」という制度があります。

請求の取り消し対象業種は、「インターネットショッピング」、「電話・プロバイダー料金」、「電話・FAXによる通信販売」の3つです。

上記3つの対象業種から万が一利用になった覚えのない請求があった場合、すぐにカード裏面に記載のカード発行会社に連絡し、調査を実施してもらいます。調査の結果、第三者による不正使用と認められた場合は、請求が取り消されます。

ただし、JCBが郵送またはインターネットで「カードご利用代金明細」を通知後、JCB所定の書類を60日以内に提出しない場合は、「JCBでe安心」制度は適用されません。

QUICPay

JCB EITでは、QUICPayを利用できます。

QUICPayは、JCBが開発した電子決済サービスで、ポストペイ(後払い)方式の電子マネーです。ジェーシービーの登録商標になっています。「または マークのある加盟店」の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけで簡単に決済できます。

ポストペイ方式はプリペイド(前払い)方式と違い、事前チャージ不要で利用できるので便利です。自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯められます。

QUICPayには、カード型やモバイル型、搭載型、コイン型、キーホールダー型など様々な種類が用意されています。

カード一体型を発行できるのは、ストライプ・ブラック・ステッチの3種類のみです。

Apple Pay

JCB EITでは、Apple Payを利用できます。

Apple Payとは、対象のiPhone、Apple Watchに、対応するクレジットカードを設定することで、安心・安全・スピーディーに支払いができるサービスです。

Apple Payは、事前チャージ不要で利用できます。「または マークのある加盟店」で、レジの担当者に「QUICPay(クイックペイ)」で支払うことを伝えて、Touch IDに指を載せたまま(Face IDを利用する場合は、Face ID認証後)対象のiPhoneをリーダーにかざすだけで簡単に決済できます。

自動販売機や少額決済にも利用できるので、無駄なくポイントを貯められます。

Apple Payを利用するには、「Wallet」アプリを起動して手順に従ってカードを追加するだけです。

JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)

JCB EITでは、JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)を利用できます。

JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)とは、手持ちのカードに”プラス”して利用できる、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレスサービスです。

年会費は1,000円(税抜)です。サービス入会から2ヵ月間はお試し期間です。お試し期間中に退会すれば年会費は発生しません。

以下のようなメリットがあります。

  1. 利用代金はクレジットカードで自動決済、クレジットのポイントも貯まります
  2. スマートフォン等からカンタン予約、発車時刻の4分前までOK
  3. 空席情報を確認しながら、希望の座席をリクエストできます
  4. 予約の変更は何度でも手数料が無料(予約の取り消しは手数料が必要)
  5. 365日お得な会員価格
  6. きっぷの受取不要!プラスEXカードを改札機にタッチするだけで乗車できます

実際にどのぐらい安くなるのか「東京・品川 ⇔ 新大阪間」の料金で確認してみます。

東京・品川 ⇔ 新大阪 普通車指定席 グリーン車
おとな こども おとな こども
のぞみ 通常料金 14,450円 7,220円 19,230円 12,260円
EX予約サービス 13,370円
(▲1,080円)
EX早特21 11,000円
(▲3,450円)
EXグリーン早特 14,400円
(▲4,830円)
EXのぞみファミリー早特 12,340円
(▲2,110円)
 6,160円
(▲1,060円)
14,400円
(▲4,830円)
8,220円
(▲4,040円)
こだま 通常料金 14,140円 7,060円 18,920円 12,100円
EXこだまグリーン早特 11,200円
(▲7,720円)
EXこだまファミリー早特 9,900円
(▲4,240円)
4,950円
(▲2,110円)
 10,900円
(▲8,020円)
5,950円
(▲6,150円)

全て1,000円以上の割引です。つまり東京・品川 ⇔ 新大阪間を年に1回以上乗車するのであれば年会費分を回収することができます。2回以上乗車すれば確実にお得になります。

JCBプラザ

JCBプラザは、JTBグローバルアシスタンスへの委託により、世界51ヵ所で営業している海外サービス窓口です。JCB加盟店の予約や観光に関する問い合わせをJCBプラザ・スタッフが日本語で対応してくれます。

JCB会員はもちろん、同伴者もJCBプラザのサービスを利用できます。JCBのマークの入ったカードであれば原則利用可能ですが、JCBプリペイドなど、本サービスの対象とならないカードがあります。

JCBプラザでは、次のようなサービスをうけられます。

  • 案内:JCB加盟店情報、観光情報
  • 予約:ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケットなど
  • 緊急サービス:JCBカードの紛失・盗難時のサポート
  • Wi-Fi 無料サービス

<JCBプラザ設置都市一覧>

都市
アメリカ ロサンゼルス、ホノルル、グアム、ラスベガス、
サンフランシスコ、サイパン、ニューヨーク、シカゴ、
オーランド
カナダ バンクーバー、トロント
ブラジル サンパウロ
ペルー リマ
メキシコ カンクン
中国 香港、上海、北京、大連
韓国 ソウル、釜山
台湾 台北
シンガポール シンガポール
タイ バンコク
インドネシア バリ、ジャカルタ
ベトナム ホーチミンシティ
フィリピン マニラ、セブ
マレーシア クアラルンプール
カンボジア シェムリアップ
オーストラリア シドニー、ケアンズ、パース、ゴールドコースト
ニュージーランド オークランド、クイーンズタウン
フィジー フィジー
フランス パリ
イギリス ロンドン
イタリア ローマ、ミラノ
スイス ジュネーブ
スペイン マドリード、バルセロナ
ドイツ フランクフルト
オーストリア ウィーン
デンマーク コペンハーゲン
オランダ アムステルダム
ハンガリー ブダペスト
トルコ イスタンブール
ギリシャ アテネ
エジプト カイロ

JCBプラザ ラウンジ

JCBプラザ ラウンジは、世界の主要都市9ヵ所に設置されているJCB会員専用のラウンジです。JCBプラザのサービスに加え、以下のサービスをうけられます。

  • インターネット、プリントアウト無料サービス
  • 日本語新聞、雑誌の閲覧
  • 現地ガイドブック、情報誌の閲覧
  • ドリンクサービス
  • マッサージ機
  • レンタル傘サービス
  • お荷物の当日中一時預かりサービス*1
    *1 貴重品や金券など一部、お預かりできないものもあります。

<JCBプラザ ラウンジ設置都市一覧>

都市
アメリカ ロサンゼルス、ホノルル、グアム
韓国 ソウル
台湾 台北
中国 香港
シンガポール シンガポール
タイ バンコク
フランス パリ

JCBスターメンバーズ

JCBカードには、「JCBスターメンバーズ」という制度があります。集計期間中(前年12月16日~当年12月15日)の利用合計金額によって、メンバーランクが決定し、メンバーランクに応じた特典が受けらます。登録は不要です。

JCB EITでは、前年12月16日~当年12月15日の集計期間中の利用合計金額によって次のようにランク分けされます。

集計期間中の
利用合計金額(税込)

メンバーランク名称

100万円以上 スターα(アルファ)
50万円以上 スターβ(ベータ)
30万円以上 対象外

主な特典は「Oki Dokiボーナスアップ(ポイント還元率アップ)」と「キャンペーンチャンスアップ(抽選口数アップ)」です。

ポイント還元率と抽選口数は、メンバーランクによって次のようになります。

 メンバーランク
名称
ポイントアップ率 抽選口数
スターα 20%UP(1.10%) 4倍
スターβ 10%UP(1.05%) 2倍
還元率1.0% 1倍

以下の記事では、JCBスターメンバーズについてさらに詳細に解説しています。

JCBカードには、JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)という制度があります。 集計期間中(前年12月16日~当年12月...

Oki Doki ランド

JCBカードには、お得にポイントを貯められる「Oki Doki ランド」というサービスがあります。「Oki Doki ランド」を経由するだけで、ポイントが通常の2~20倍貯まります。

利用方法も簡単です。会員向けサービス「MyJCB」にログイン後、「Oki Doki ランド」を経由して、クレジットカードで決済するだけです。

以下のようなサイトがあります(一例です)。

ジャンル ショップ名 ポイント 還元率
ショッピングモール  Amazon.co.jp 2倍 1.0%
Yahoo!ショッピング 2倍 1.0%
楽天市場 2~10倍 1.0~5.0%
総合通販 ベルメゾンネット 2倍 1.0%
イトーヨーカドーネットスーパー 2倍 1.0%
イトーヨーカドーネット通販 2倍 1.0%
おうちでイオン イオンショップ 2倍 1.0%
セブンネットショッピング 2倍 1.0%
ニッセンオンライン 3倍 1.5%
ディノスオンラインショップ 2倍 1.0%
カタログ通販ベルーナ 8倍 4.0%
セシールオンラインショップ 3倍 1.5%
ファッション adidas ONLINE SHOP 2倍 1.0%
アンダーアーマー 2倍 1.0%
靴の総合通販ABC-MART.net 3倍 1.5%
オンワード・クローゼット 4倍 2.0%
GAP Japan Official Online Store 2倍 1.0%
グッチ公式オンラインショップ 2倍 1.0%
コーチ公式オンラインストア 2倍 1.0%
ZOZOTOWN(ゾゾタウン) 2倍 1.0%
ジーユーオンラインストア 2倍 1.0%
ライトオンオンラインショップ 2倍 1.0%
ユニクロオンラインストア 2倍 1.0%
家電・パソコン Apple公式サイト 2倍 1.0%
Joshin 2倍 1.0%
Microsoft Store 2倍 1.0%
nojima online 2倍 1.0%
ビックカメラ.com 3倍 1.5%
ヤマダウェブコム 2倍 1.0%
マウスコンピューター 6倍 3.0%
レノボ・ショッピング 4倍 2.0%
ドコモオンラインショップ 12ポイント 60円相当
旅行 JTBトラベル 国内宿泊 3倍 1.5%
JTBトラベル 海外ツアー 2倍 1.0%
一休.com 2倍 1.0%
じゃらんnet 4倍 2.0%
HIS 2倍 1.0%
ホテルズドットコム 2倍 1.0%
楽天トラベル 2倍 1.0%
エクスペディアのホテル 3倍 1.5%

ほとんどの場合、いずれかのサイトがキャンペーンで倍率アップしているため、運が良ければ上記の還元率より、さらにお得になります。

ポイントの交換先が豊富

貯まった「Oki Dokiポイント」は、マイレージなど他社のポイントプログラムに移行したり、家電・グルメ・ギフトカードなどの景品と交換できます。

また、ディズニー好きにはうれしいディズニー関連の商品も数多く取り扱っています。

東京ディズニーリゾート®

JCBは、東京ディズニーランド®と東京ディズニーシー®のオフィシャルスポンサーです。その影響もあり、ポイントの交換先には、東京ディズニーリゾート®に関連する商品が豊富に用意されています。

商品 交換ポイント数
東京ディズニーリゾート®・パークチケット(1枚) 1,500ポイント
東京ディズニーリゾート®・パークチケット(2枚) 3,000ポイント
東京ディズニーランド® ホテル ペア食事券 3,500ポイント
東京ディズニーリゾート®・パークチケット(3枚) 4,500ポイント
ディズニーアンバサダー® ホテル ペア食事券 5,000ポイント
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ® ペア食事券 7,000ポイント
東京ディズニーセレブレーションホテル®
“ウィッシュ” スタンダードルーム宿泊利用券
15,000ポイント
東京ディズニーセレブレーションホテル®
“ディスカバー” スタンダードルーム宿泊利用券
15,000ポイント
ディズニーアンバサダー®ホテル
スタンダードフロア スーペリアルーム宿泊利用券
16,500ポイント
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ®
ヴェネツィア・サイド スーペリアルーム宿泊利用券
18,000ポイント
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ®
トスカーナ・サイド カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム宿泊利用券
19,000ポイント
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ®
ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム(ピアッツァビュー)宿泊利用券
19,500ポイント
東京ディズニーランド®ホテル
コンシェルジュ・スーペリアアルコーヴルーム(パークグランドビュー)宿泊利用券
23,500ポイント
ディズニーアンバサダー®ホテル
ミッキーズ・ペントハウス・スイート宿泊利用券
71,000ポイント

キャッシュバック

キャッシュバックは、500ポイント以上1ポイント単位で交換できる「3円キャッシュバック」と1,000ポイント以上1,000ポイント単位で交換できる「4.5円キャッシュバック」の2つから選択できます。

2017年12月19日に、1ポイント以上1ポイント単位で交換できる「3円キャッシュバック」のみに変更されました。4.5円キャッシュバックは選択できなくなりました。

交換先 移行レート 還元率
3円キャッシュバック 1ポイント=3円 0.30%
4.5円キャッシュバック 1ポイント=4.5円 0.45%

ギフトカード

結論からいうと、ポイントをギフトカードに交換するのは、あまり賢い選択ではありません。ほぼ全てのギフトカードにおいて還元率が0.5%未満です。

仮にギフトカードに交換することを考えているのであれば、ポイントの有効期限と相談しながら不定期ながらも高い頻度で実施されているキャンペーンなどを利用して還元率が0.5%以上になった時に、交換することをおすすめします。

JCBギフトカード(全国共通商品券)

額面金額 交換ポイント数 還元率
5,000円分 1,050ポイント 0.4762%
10,000円分 2,050ポイント 0.4878%
15,000円分 3,050ポイント 0.4918%
20,000円分 4,050ポイント 0.4938%
25,000円分 5,050ポイント 0.4950%
30,000円分 6,050ポイント 0.4959%
35,000円分 7,050ポイント 0.4965%
40,000円分 8,050ポイント 0.4969%
45,000円分 9,050ポイント 0.4972%
50,000円分 10,050ポイント 0.4975%

nanacoカード

チャージ金額 交換ポイント数 nanacoカードの発行手数料
含まない還元率 含んだ還元率
2,000ポイント付 550ポイント 0.3636% 0.4182%
5,100ポイント付* 1,050ポイント 0.4857% 0.5143%
10,000ポイント付 2,050ポイント 0.4878% 0.5024%
20,000ポイント付 4,050ポイント 0.4938% 0.5012%
40,000ポイント付 8,050ポイント 0.4969% 0.5006%

* QUICPay付nanacoカードも選択可能

スターバックス カード

額面金額 交換ポイント数 還元率
2,000円分 650ポイント 0.307%
5,000円分 1,400ポイント 0.357%
10,000円分 2,600ポイント 0.384%

その他ギフトカード

商品名 額面金額 交換ポイント数 還元率
iTunes Card 1,500円分 500ポイント 0.30%
MOS CARD 2,000円分 650ポイント 0.307%
マックカード 2,000円分 650ポイント 0.307%
全国共通お食事券ジェフグルメカード 2,000円分 650ポイント 0.307%
コメカ(コメダ珈琲店プリペイドカード) 2,000円分 650ポイント 0.307%
すかいらーくご優待券 2,000円分 650ポイント 0.307%
KFC CARD 2,000円分 650ポイント 0.307%
JCBプレモカード
(カラフルグリッド・ブラックグリッド)
3,000円分 670ポイント 0.447%
ハーゲンダッツ
アイスクリームミニカップギフト券(4枚)
3,000円相当 700ポイント 0.389%
ユニクロギフトカード 3,000円分 950ポイント 0.315%

マイレージ・ポイント移行

「Oki Dokiポイント」は、マイレージなど他社のポイントプログラムに移行できます。200ポイントから交換できます(JALマイレージ、ANAマイレージ、デルタ航空 スカイマイル、ANA SKY コインは500ポイントから交換できます)。

種類 交換先 移行レート 還元率
マイレージ JALマイレージバンク 1P=3マイル 0.3%~
ANAマイレージクラブ 1P=3マイル 0.3%~
デルタ航空 スカイマイル 1P=3マイル 0.3%~
電子マネー WAONポイント 1P=4ポイント 0.4%
nanacoポイント 1P=5ポイント 0.5%
電子マネー「楽天Edy」 1P=3円分 0.3%
カエトクカード 1P=4円分 0.4%
スターバックス カード 1P=4円分 0.4%
通販 ベルメゾン・ポイント 1P=5ポイント 0.5%
セシールスマイルポイント 1P=5ポイント 0.5%
楽天スーパーポイント 1P=4ポイント 0.4%
携帯 dポイントクラブ ポイント 1P=4ポイント 0.4%
CLUB au WALLET ポイント 1P=4ポイント 0.4%
家電 ビックポイント 1P=5ポイント 0.5%
ビックネットポイント 1P=5ポイント 0.5%
ジョーシンポイント 1P=5ポイント 0.5%
ポイント
サービス
らくらく自動移行コース*1 1P=5ポイント 0.5%
好きなときコース*1 1P=4.5ポイント 0.45%
未登録*1 1P=4ポイント 0.4%
その他 ANA SKY コイン 1P=3コイン 0.3%
JTBトラベルポイント 1P=5ポイント 0.5%
JCBプレモカード
Oki Dokiチャージ
1P=5円分 0.5%
JCBトラベル
旅行代金ポイント充当プラン
1P=5円分 0.5%

*1 JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブの加入状況

nanacoポイントやJCBプレモカードへのOki Dokiチャージへの交換は還元率0.5%で、現金同様の使い方ができるのでおすすめです。

マイルをためている場合は、各種マイルへ移行した方がお得になる場合があります。マイルは交換先によって価値が大きく変動しますが、1マイルあたりの平均的な価値は約2円です。

JCB EITのデメリット

国内旅行傷害保険が付帯していない

JCB EITには、国内旅行傷害保険が付帯していません。しかし、国内旅行傷害保険は年会費無料のカードには付帯していない場合が多いです。

そのため年会費が無料のJCB EITに国内旅行傷害保険が付帯していないのは一般的だともいえます。どうしても国内旅行傷害保険を付帯したいのであれば以下のカードを検討するといいでしょう。

まとめ

JCB EITは、リボ払い専用カードですが上手に利用すれば手数料不要でお得な特典をうけられます。年会費が無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯しているので、無料で持てる海外旅行傷害保険と割り切って保有する価値もあります。

もちろん、ポイントも常に2倍たまるので普段使いにも最適です。

公式サイト JCB EIT

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)