ザ・ダイヤモンドホースシューの予約方法・座席・ショー・誕生日特典・感想まとめ【東京ディズニーランド】

コロナアラート

ザ・ダイヤモンドホースシュー

どうも甘パパです。

東京ディズニーランドのウエスタンスタイルの料理店「ザ・ダイヤモンドホースシュー」でディナーを楽しんできたので、実体験をもとに感想やおすすめメニュー、裏技を紹介したいと思います。

ザ・ダイヤモンドホースシューはキャストがテーブル席に案内して注文を聞いて料理を持ってきてくれるテーブルサービスのレストランです。プリマハム株式会社が提供しています。

料理は単品メニューの取扱いはなく、以下のセットのみ注文できます。

  • コンビネーションセット
  • ステーキセット
  • お子様セット

ディズニーランドのレストランの中では、比較的高価な部類に入ります。また、1人必ず1品は注文しなければいけません(ドリンクを除く)。

公式ホームページの予算には以下のように記載されています。

昼:2,200円~、夜:2,200円~

メニューはランチ・ディナー共通なので、料金自体はいつ行っても同じです。

プライオリティ・シーティング対応で予約可能

ザ・ダイヤモンドホースシューの雰囲気

東京ディズニーリゾート内レストラン(パークおよびディズニーホテル)では、プライオリティ・シーティング(略称:PS)というレストランの事前受付サービスがあります。レストラン版のファストパスみたいなものです。

公式サイトでは以下のように説明されています。

プライオリティ・シーティングとは、対象のレストランを利用する際、事前に利用希望時間を指定することができ、その時間にレストランにお越しいただくと、少ない待ち時間で優先的にお席にご案内するサービスです。

プライオリティ・シーティングを利用すれば、少ない待ち時間で優先的にレストランに案内してもらえますが、考えることはみんな同じなので、予約をとるのは基本的には難しいです。

プライオリティ・シーティングの対象レストランは以下の通りです。

東京ディズニーランド
イーストサイド・カフェイーストサイド・カフェ
センターストリート・コーヒーハウスセンターストリート・コーヒーハウス
れすとらん北齋の店舗外観れすとらん北齋
ブルーバイユー・レストランの外観ブルーバイユー・レストラン
ポリネシアンテラス・レストランポリネシアンテラス・レストラン
クリスタルパレス・レストランクリスタルパレス・レストラン
ザ・ダイヤモンドホースシューザ・ダイヤモンドホースシュー
ラ・タベルヌ・ド・ガストンラ・タベルヌ・ドガストン
東京ディズニーシー
マゼランズマゼランズ
東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」の外観リストランテ・ディ・カナレット
S.S.コロンビア・ダイニングルームS.S.コロンビア・ダイニングルーム
レストラン櫻の外観レストラン櫻
ホライズンベイ・レストランの入り口ホライズンベイ・レストラン
テディ・ルーズヴェルト・ラウンジテディ・ルーズヴェルト・ラウンジ
東京ディズニーランドホテル
シャーウッドガーデン・レストランシャーウッドガーデン・レストラン
カンナカンナ
ドリーマーズ・ラウンジの雰囲気ドリーマーズ・ラウンジ
※アフタヌーンティーセット、パスタセットはPS対応
ディズニーアンバサダーホテル
シェフ・ミッキー(CHEF MICKEY)の入口シェフ・ミッキー
エンパイア・グリル(EMPIRE GRILL)エンパイア・グリル
チックタック・ダイナーチックタック・ダイナー
※ブレッドセレクション、スペシャルブレッドはPS対応
ディズニーアンバサダーホテルのハイピリオン・ラウンジハイピリオン・ラウンジ
※期間限定ケーキセットのみPS対応
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
オチェーアノ(OCEANO)オチェーアノ
SILK ROAD GARDEN(シルクロードガーデン)の入り口シルクロードガーデン
ベッラヴィスタ・ラウンジベッラヴィスタ・ラウンジ

受付期間は以下の通りです。

パーク内レストラン

  • 利用希望日の1ヵ月前10:00~利用日前日20:59
  • 当日枠はオンラインにて毎日9:00(店頭は10:00)より受付開始

公式サイト プライオリティ・シーティング(レストランの事前受付)| 東京ディズニーランド
公式サイト プライオリティ・シーティング(レストランの事前受付)| 東京ディズニーシー

ディズニーホテル内レストラン

  • 利用日の2ヶ月前同日10:00~利用当日の来店時間60分前(※シェフ・ミッキーは、利用日の1ヶ月前同日10:00より受付開始)

公式サイト ディズニーホテルのレストラン&ラウンジの予約について

ザ・ダイヤモンドホースシューのおすすめメニュー

公式サイトでは、ザ・ダイヤモンドホースシューの特徴を以下のように紹介しています。

2階建ての優雅なサルーン

女主人、スルー・フット・スーが経営する、カウボーイや開拓者たちに大人気のレストラン。西部一のシェフが腕をふるう、豪華でボリュームたっぷりな特別メニューをぜひお楽しみください。

ウエスタンスタイルの料理のお店で、ステーキがおすすめメニューになります。

大人向けコースは以下の2つです。

  • コンビネーションセット
  • ステーキセット

いずれもメインはステーキで、見た目も価格もほとんど変わりません。これらの違いは、オマール海老とステーキの量です。コンビネーションセットにはオマール海老がついていて、ステーキセットに比べると肉が薄めに切られています。

また、以下のドリンクもおすすめです。

  • ザ・ダイヤモンドホースシューのオリジナルドリンク「フロンティアパンチ」
  • パーク限定「ファンタ ゴールデンサイダー」

特にフロンティアパンチは、ザ・ダイヤモンドホースシューでしか飲めないのでおすすめです(ファンタ ゴールデンサイダーは、他の店舗でも取り扱っています)。

お子様メニューもあり

ザ・ダイヤモンドホースシューのお子様セット

ザ・ダイヤモンドホースシューでは、子供向けにお子様メニューもあります。

お子様メニューは「お子様セット」のみです。メニューには、「8才まで」と書かれています。セットの内容は以下の通りです。

  • アップルジュース
  • 豆乳コーンスープ
  • ローストビーフ
  • 帆立貝のソテー
  • オマール海老
  • ケチャップおにぎり
  • マッシュポテト
  • ブロッコリー
  • チュロスプリン

お子様セットには低アレルゲン仕様のメニューも用意されています。

ザ・ダイヤモンドホースシューを実際に利用した感想

我が家が注文したのは、以下のコース料理です。

  • コンビネーションセット
  • ステーキセット
  • お子様セット

最初に出てきたのは、ザ・ダイヤモンドホースシューのオリジナルドリンク「フロンティアパンチ」です(セットメニューを注文すると必ず付いてきます)。

フロンティアパンチは、オレンジジュースとクランベリージュースをミックスしたジュースで、オレンジと赤紫の2色が美しいドリンクです。

ザ・ダイヤモンドホースシューのフロンティアパンチ

次に前菜の「シェフサラダ」が運ばれてきました。シェフサラダには、「生ハム、シュリンプ、キャロット・ラペ、モッツァレッラ、エッグサラダ、ミックスナッツ、オルツォ、ビーツ、パルミット」が入っています。

ザ・ダイヤモンドホースシューのシェフサラダ

前菜の次に運ばれてきたパンは、「馬の蹄(ひづめ)」の形をしています。

ザ・ダイヤモンドホースシューのパン

次にメイン料理の「ブラッケンド・ステーキ」が運ばれてきました。コンビネーションセットの方は「ブラッケンド・ステーキ&オマール海老」です。どちらもボリュームがあります。

ザ・ダイヤモンドホースシューのステーキセット(ブラッケンド・ステーキ) ザ・ダイヤモンドホースシューのコンビネーションセット(ブラッケンド・ステーキ、グレイヴィーソースとオマール海老のバターポーチ)

最後は、デザートの「チュロスプリン、フルーツ添え」を食べてフィニッシュです。

ザ・ダイヤモンドホースシューのチュロスプリン、フルーツ添え

ザ・ダイヤモンドホースシューの誕生日特典

ザ・ダイヤモンドホースシューには、誕生日特典があります。

バースデーシールを付けていると以下のような特典をうけられる場合があります。

  • 火の付いたロウソク
  • HAPPY BIRTHDAYと書かれたホワイトチョコ
  • 別皿にミッキー型にしぼった生クリーム
  • バースデーシール
  • メッセージカード
誕生日特典は公式にアナウンスされてるものではないのでパークの状況や時期、混雑状況によっては行っていない可能性もあります。

ザ・ダイヤモンドホースシューのお得な裏技

子供と行けばランチョンマットがもらえる

子供限定のランチョンマット

子供と行くとでランチョンマットがもらえます。もらえるのは子供だけです。

ランチョンマットといっても紙なので、長くは使えませんがキャラクターが浮き上がる仕組みになっています。

35周年の時は、35周年のランチョンマットでした。

まとめ

ザ・ダイヤモンドホースシューのファンタ ゴールデンサイダー

ザ・ダイヤモンドホースシューは、ランチとディナーのメニュー・料金が基本的に同じです。1人1品の注文が必須なので、最安のステーキセットでも1人5,000円、ペアで1万円は用意しておく必要があります。

価格は高いですが、味もボリュームも食べごたえのある料理なので、しっかりがっつり食べたい人には特におすすめのレストランです。

関連コンテンツ

フォローする