リストランテ・ディ・カナレットの感想・予約方法・おすすめメニューまとめ【東京ディズニーシー】

シェアする

リンクユニット(adsense)
コロナアラート
GO TO トラベルキャンペーン

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」の外観

どうも甘パパです。

東京ディズニーシーのイタリアンレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」でディナーを楽しんできたので、実体験をもとに感想やおすすめメニューを紹介したいと思います。

リストランテ・ディ・カナレットは、東京ディズニーシーの中でも、価格帯は若干高めのレストランです。

公式ホームページの予算には以下のように記載されています。

昼:2,000~5,000円、夜:2,000~5,000円

実際は1人あたり3,000円あれば、満足度の高い食事を楽しめます。その理由は、「コース料金がおおよそ3,000円程度」だからです。ただ時期によって変動があり4,000円ぐらいのコースが提供されている場合もあります。

ワインやビールなどのアルコールも一緒に楽しむなら1人あたり4,000円~5,000円以上は用意しておきたいところです。

レストランの名前はヴェネツィアの風景を描いた画家カナレットにちなんだものです。店内の待合室には、カナレットの肖像画が飾られています。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」の待合室

肖像画をみると画家というよりも音楽家っぽい印象を受けます。

プライオリティ・シーティング対応で予約可能

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のテーブル

東京ディズニーリゾート内レストラン(パークおよびディズニーホテル)では、プライオリティ・シーティングというレストランの事前受付サービスがあります。レストラン版のファストパスみたいなものです。

公式サイトでは以下のように説明されています。

プライオリティ・シーティングとは、対象のレストランを利用する際、事前に利用希望時間を指定することができ、その時間にレストランにお越しいただくと、少ない待ち時間で優先的にお席にご案内するサービスです。

プライオリティ・シーティングを利用すれば、少ない待ち時間で優先的にレストランに案内してもらえますが、考えることはみんな同じなので、予約をとるのは基本的には難しいです。

プライオリティ・シーティングの対象レストランは以下の通りです。

東京ディズニーランド
イーストサイド・カフェ
センターストリート・コーヒーハウス
れすとらん北齋
ブルーバイユー・レストラン
ポリネシアンテラス・レストラン
クリスタルパレス・レストラン
ザ・ダイヤモンドホースシュー
ラ・タベルヌ・ド・ガストン
ビッグポップ
東京ディズニーシー
マゼランズ
リストランテ・ディ・カナレット
S.S.コロンビア・ダイニングルーム
レストラン櫻
ホライズンベイ・レストラン
テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ
東京ディズニーランドホテル
シャーウッドガーデン・レストラン
カンナ
ドリーマーズ・ラウンジ
ディズニーアンバサダーホテル
シェフ・ミッキー
エンパイア・グリル
チックタック・ダイナー
ハイピリオン・ラウンジ
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
オチェーアノ
シルクロードガーデン
ベッラヴィスタ・ラウンジ

受付期間は以下の通りです。

  • 利用希望日の1ヵ月前10:00~利用日前日20:59
  • 当日枠はオンラインにて毎日9:00(店頭は10:00)より受付開始

公式サイト プライオリティ・シーティング(レストランの事前受付)| 東京ディズニーランド
公式サイト プライオリティ・シーティング(レストランの事前受付)| 東京ディズニーシー

当日予約について

リストランテ・ディ・カナレットでは、当日予約も可能です。別途「当日枠」が設けられています。そのため前日までに予約が取れなかった場合でも、チャンスは残されています。

当日の申込み方法は、オンラインと店頭があり、オンラインの方が受付時間が早く、並ぶ必要もないので便利です。

  • オンライン:毎日9:00より
  • 店頭:毎日10:00より

店頭で申し込む場合は、直接対象のレストランの店頭に行けばOKです。

公式サイト プライオリティ・シーティング(レストランの事前受付)

予約なしの場合の待ち時間・混雑状況

我が家では予約せずに行きました。ディナーの時間帯に行ったのですが結構並んでいました。キャストの人に待ち時間を聞くと60分(1時間)といわれました。

その際、店内かテラスのどちらか選択できます。どちらでもOKと伝えれば最短で案内してもらえます。テラス席は、冬は寒く夏は暑いですが、目の前の運河をヴェネツィアン・ゴンドラが行き来するのを見ることができます。

普通に考えると食事するために1時間待つとか、ありえないのですが、パーク内で過ごしていると待ち時間60分ぐらいであれば大した事ないように思えてしまいます。そのため列は、どんどん長くなっていきます。

この時点で、ディズニーの魔法にかかっています(笑)

※実際、席に案内されるまで60分もかかりませんでした。厳密に時刻を見ていたわけではありませんが、体感的には30分程度でした。リストランテ・ディ・カナレットの座席数は約220席と多いので、タイミングの問題もありますが回転率は高めです。

リストランテ・ディ・カナレットのおすすめメニュー

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のメニューの表紙

公式サイトではリストランテ・ディ・カナレットの特徴を以下のように紹介しています。

まるで貴族の邸宅のようなイタリアンレストラン

運河沿いにある趣のあるレストランで、窯焼きピッツァやパスタをワインやビールとともにお楽しみください。

文字通り判断すれば、ピッツァとパスタがおすすめです。それに加えてワインとビールを一緒に注文すれば理想的です。基本的にアルコールはディズニーランドでは飲むことができない、ディズニーシーの特権とも言えるので、ぜひ合わせて注文したいところです。

もう少し具体的なメニュー名を言うと公式サイトでは以下のメニューをおすすめ料理として紹介しています。

  • スペシャルセット
  • ピッツァ・マルゲリータ
  • ミッレリーゲ、ベジタブルのトマトソース
  • スパゲッティ・カルボナーラ(キノコ入り)
  • イカ墨のタリオリーニ、イカとムール貝とルッコラのトマトソース

リストランテ・ディ・カナレットではメニューに写真がありません。そのため料理をイメージしづらいというデメリットがあります。でも安心してください。公式ホームページを見れば画像付きでメニューが掲載されています。これは意外に知られていません。

以下はパスタのメニューです。葉っぱのマークがついているメニューは、ベジタリアンでも食べられるメニューをあらわしています。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のパスタメニュー

ピッツァのメニューです。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のピザメニュー

ビール・ワインのメニューです。別途専用のメニューも用意されており、実際にはもっと多くの種類のワインが取り揃えられています。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のビールとワインのメニュー

ただしスペシャルセットは写真があるので、料理内容が不安な人は、スペシャルセットを注文するのが一番安心です。スペシャルセットの内容は、時期・季節によって変わります。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のスペシャルセットメニュー

お子様メニューもあり

リストランテ・ディ・カナレットでは、子供向けにお子様メニューもあります。セット名は「バンビーノセット」です。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のバンビーノセット

メニューには、「12才以下の子供におすすめのセット」と書かれています。我が家も注文しようと思ったのですが、息子はポップコーンを大量に食べてお腹いっぱいだったので、注文しませんでした。

バンビーノセットの内容は以下の通りです。

  • ミネストローネ
  • シュリンプ入りトマトソースのスパゲッティーニ、ソーセージ、ハッシュドポテト、ブロッコリー、カボチャ、ヤングコーン、ニンジン
  • フルーツゼリーまたはプリン
  • ソフトドリンクのチョイス(オレンジジュース、アップルジュース、ミルクから選択)

リストランテ・ディ・カナレットを実際に利用した感想

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」の雰囲気

我が家が注文したのは、以下の通りです。

  • スペシャルセット2名分
    • パスタ(妻):スパゲッテーニ、ソフトシェルシュリンプのトマトソース
    • パスタ(私):ミッレリーゲ、ベジタブルのトマトソース
  • ピッツァ・マルゲリータ
  • ビール(ナストロアズーロ)

一番最初にビールを持ってきてくれました。ワインと迷いましたがビールを選択して正解でした。ビールは、キリン一番搾り生ビールと「ナストロアズーロ」の2種類があります。せっかくなのでイタリアのビール「ナストロアズーロ」を注文するのがおすすめです。ナストロアズーロは、イタリアのビール酒造会社ペローニ社の主力商品です。

イタリアのビールということもありイタリア料理に合います。苦みも少なく飲みやすく最高です。「ナストロアズーロ」はイタリア語で「青いリボン」の意味で、度数5.1%のプレミアムラガーです。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のナストロアズーロ

次にスペシャルセットの前菜「コールドミートと鮪のマリネ」が運ばれてきました。見た目が美しいだけでなく、味も絶品でした。バジルソースと鮪が物凄く合います!

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のコールドミートと鮪のマリネ

続いてパスタが運ばれてきました。私はシュリンプをそこまで好きではないので、「ミッレリーゲ、ベジタブルのトマトソース」に変更してもらいました。

妻が注文した本日のパスタ「スパゲッテーニ、ソフトシェルシュリンプのトマトソース」は、ソフトシェルシュリンプが特徴です。このソフトシェルシュリンプは、なんと殻ごと食べられます。妻も殻ごと食べられる&味が美味しいの二重で驚いていました。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のスパゲッテーニ、ソフトシェルシュリンプのトマトソース

私が注文した「ミッレリーゲ、ベジタブルのトマトソース」は、パスタというよりもマカロニみたいでした。ベジタリアンでも食べられるマークがあったメニューです。野菜が豊富で一つ一つの素材のうまみを感じることができて激ウマでした。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のミッレリーゲ、ベジタブルのトマトソース

そしてピッツァ・マルゲリータが届きました。ピッツァはスペシャルセットについてなかったので別途注文しました。リストランテ・ディ・カナレットに来たらピッツァは必須です。フルーティな味で評判通りの美味しさでした。迷ったら「ピッツァ・マルゲリータ」を選択してください。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のピッツァ・マルゲリータ

最後はスペシャルセットのデザートでフィニッシュです。デザートは「ピスタチオムースケーキとマスカルポーネアイスクリーム」でした。ちょうど利用した日が、東京ディズニーリゾート35周年ということもあり、35のチョコレートが印象的でした。激ウマ過ぎて多分私一人で10セットは食べられます(笑)

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のピスタチオムースケーキとマスカルポーネアイスクリーム

コーヒーはスペシャルセットには付いていないので、別途注文しました。

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」のコーヒー

以上が、食べたメニューです。満足度はMAXです。

まとめ

東京ディズニーシーのレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」の伝票ホルダー

繰り返しになりますが、リストランテ・ディ・カナレットについて公式では以下のように述べられています。

まるで貴族の邸宅のようなイタリアンレストラン

運河沿いにある趣のあるレストランで、窯焼きピッツァやパスタをワインやビールとともにお楽しみください。

おすすめは以下の3つです。

  • 窯焼きピッツァ
  • パスタ
  • ワインまたはビール

どうせ行くなら全部食べてください。二人で行くなら半分ずつシェアするのもありだと思います。個人的に絶対食べてほしいのは、「ピッツァ・マルゲリータ」です。次いでパスタです。そしてできるならワインやビールもあわせて楽しむべきです。

時期によりスペシャルセットやコースの料金が変わりますが、上記で紹介したピッツァとパスタ、ワインまたはビールを注文するなら8,000円相当は必要かと思います。

リストランテ・ディ・カナレットのレシート

またディズニーファンなら「リストランテ・ディ・カナレット・オリジナルソフトドリンク、コレクタブルグラス付き」も欲しくなるかもしれません。このメニューを注文すれば、コレクタブルグラスを持ち帰ることができます。

以上を踏まえると、予算はペアで1万円程度と考えておいた方が良いかと思います。

リストランテ・ディ・カナレットは、雰囲気・料理・サービスがすべて最高クラスなので、ぜひ体感してきてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
リンクユニット(adsense)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)